ビジネスメディアのミツカルファンクラブ運営プラットフォーム『MODD』、ファン向けデジタルコンテンツ管理・配信機能「コンテンツコネクト」をリリース

ファンクラブ運営プラットフォーム『MODD』、ファン向けデジタルコンテンツ管理・配信機能「コンテンツコネクト」をリリース

#営業・マーケティング

最終更新日

20220517

株式会社クロスワープは、同社が提供するエンターテインメント業界向けSaaS型EC・ファンクラブ運営プラットフォーム『MODD(エム・オー・ディ・ディ)』において、新機能「コンテンツコネクト」をリリースしたことを発表した。

『MODD』は、エンターテインメント業界向けSaaS型EC・ファンクラブ運営プラットフォーム。クラウドコンピューティング分野の高い技術力と長年に渡るエンターテインメント業界での経験で培ったノウハウをもとに、日本を代表するアーティスト・グループや、多くの有力エンターテインメント関連企業のビジネスをサポートしている。

近年、メディアの多様化によりコンテンツに対するライトなファン層が増加している一方で、自らの意思をもってコンテンツとつながりを持つコアなファン層は減少する傾向にある。それによりファンクラブが提供するサービスの役割も変化し、ファンとのエンゲージメント醸成がとても重要になっている。

今回追加された機能「コンテンツコネクト」は、ファンクラブ会員毎にデジタルコンテンツの配信と管理を可能とするもの。ロイヤリティーユーザーへ向けた特別な特典の配信をはじめ、これまで会員毎に個別配送が必要だった配送物のペーパーレス化といったコスト削減を目的とした施策としても活用可能。

クロスワープは今後、動画コンテンツやファンクラブ会員を対象とした有料コンテンツ販売への対応も予定しており、バースデームービーやファンクラブ限定ライブ配信など、多岐にわたるファンとの関わり方を提案できるよう拡充を進めていくとしている。
 

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事