トップページタクシーサイネージ GROWTHとは?そのサービスの特徴と機能の紹介

最終更新日

20200708

タクシーサイネージ GROWTHとは?そのサービスの特徴と機能の紹介

#アドテック

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

この記事ではタクシーサイネージGROWTHについて解説します。企業が行う広告の中でもデジタル広告は、日々重要性が増しているのが現状です。

様々なデジタル広告の中でも、ビジネスパーソン向けに急速に市場を拡大しているタクシーサイネージは、多くの広告主が注目しています。

タクシーサイネージGROWTHは、東京都内10,500台、月間700万人のビジネスパーソンに効果的にアプローチできるタクシーサイネージです。

ここでは、タクシーサイネージサービスGROWTHの特徴や機能、利用方法を紹介していきます。

タクシーサイネージサービスGROWTHとは

タクシーサイネージサービスGROWTHとは、東京都内約10,500台のタクシーサイネージを利用した、サイネージ広告サービスです。

東京都内タクシー利用者の約40%をカバーし、月間約700万人に向けたリーチが可能となります。10.1インチの大画面でタクシー利用者の興味を引く、ビジネスパーソン向けコンテンツも独自で配信しており、視聴意欲が自然と高まることで高い広告効果が期待できます。

また、車体ラッピングやサンプリングのオプションも用意されているので、あわせてさらに高い訴求効果を見込むことが可能です。

そもそもタクシーサイネージとは

タクシーサイネージとは、タクシーの後部座席に乗客に向けて設置される電子広告のことです。広告は、商品やサービス、イベント情報など多岐にわたんってるます。

タクシーサイネージの広告は、静止画や音声付動画を配信することが可能です。広告内容は、時間や火曜日など乗車するターゲットに応じて変更することが可能で、リアルタイムでデータを更新し広告を配信することもあります。

また、端末に電子決済の機能がついていることや、広告と連動してサンプリングなど行うサービスもあり、商品やサービスの高い訴求効果が見込めるプロモーション方法として注目されているのがタクシーサイネージです。

GROWTHの特徴

GROWTHは、ワンランク上のタクシーサイネージを展開できる特徴が多くあります。ここでは、特に特徴的なGROWTHの強みを紹介します。

都内で約11,000台のシェア

GROWTHは東京都内大手タクシー会社を中心とした、約11,000台のタクシーに導入されています。運行している区域は、ビジネスパーソンが集中する港区・千代田区・中央区を中心に運行されているのが特徴です。

また、ビジネスパーソンが多く集まる、オフィスビルや施設付近、空港や病院に専用タクシー乗り場を所有しています。オフィスビルでは「汐留メディアタワー」「赤坂パークビル」などにあり、ホテルや商業施設では「ロイヤルパークホテル」「日本橋髙島屋SC本館」などです。他にも「羽田空港」「順天堂医院」「JR東京総合病院」など、多くの場所にGROWTH所有の専用タクシー乗り場があります。

約11,000台のシェアとあわせて、さらに利用客が増える状況が作り上げられておりGROWTH搭載タクシーは、効果的なプロモーションが可能ということです。

都内タクシー利用者カバー率40%

GROWTHは東京都内でタクシーを主に利用するユーザーの約40%のカバー率を誇ります。決定権を持つビジネスパーソンも多く含まれているので、ターゲットを絞った商品やサービスの高い訴求が可能です。

月間リーチ数750万人

GROWTHは、月間で約750万人のリーチ数があり、より多くのターゲットに対してのプロモーションが可能です。

また、その中でも約30%が月に11回以上利用するタクシーのヘビーユーザーであり、繰り返しの刷り込み効果も期待できます。

ビジネスパーソンに強い

GROWTHを設置しているタクシーの主な運行域のユーザーは決定権を持つビジネスパーソンが多く、ビジネス商材に特化したプロモーションが可能になっています。

GROWTH設置済みタクシーの乗客約80%は、30代以上の自営業や経営者、社内で決定権をもつビジネス層です。

平均の乗車時間は約18分となっており、ビジネスパーソンやハイエンド層に向けた興味のあるコンテンツ配信も充実していて、自然とサイネージに集中する環境になっているので、商品やサービスの高い訴求効果も期待できます。

車体ラッピングやサンプリングにも対応

GROWTHは、広告配信とあわせて連動した車体ラッピングや配信する広告にあわせたサンプリングにも対応しています。

配車アプリ「S.RIDE」を利用している乗客に、広告主の世界観を表現したラッピング特別車両が配車される仕組みもあります。

また、乗客だけではなく、フルラッピングされた車両が街中を走ることにより、多くのターゲット認知が可能です。

その他にGROWTHは広告配信とセットで乗客に対するサンプリングも可能になっています。

サンプルは降車時や会計時に乗務員より直接、手渡しされるようになっており、サンプルを体験してもらうことでさらに購買意欲を高めることが可能です。

GROWTHの機能

音声付き広告動画

GROWTHは、タクシーの後部座席という狭いプライベートスペースに、静止画だけではなく音声付き広告動画を流すことができます

動きや音声のある広告は、詳しい説明のいる商材を乗客にわかりやすく伝えることが可能で、印象に残りやすい広告を届けることができます。

広告配信タイミングは、タクシーが発車した後、料金メーターと連動して、運行開始と同時に一本目の広告が流れます。

その後は、GROWTHのコンテンツと広告が交互に流れる仕組みになっており、乗客を常に注目させる仕組みになっています。

10,1インチの大画面

GROWTHのサイネージデバイスは、10.1インチの大画面で、綺麗な映像を流すことが可能です。

1280×720のHD高精細画質で、動画や静止画を乗客に配信することが可能になっています。

配車アプリと連携

GROWTHは東京都内でシェア率が高い、ソニーが提供するタクシー配車アプリ「S.RIDE」と連携しています。

多くのビジネスパーソンがタクシーを利用する時に、配車アプリを利用していますが、GROWTH搭載タクシーとS.RIDEが連携する事により、優先的に配車される仕組みです。

この連携により効率的な乗客へのプロモーションが可能になっています。

GROWTHでの広告配信までの流れ

GROWTHの広告配信までの流れは、非常にシンプルです。
ここでは簡単な流れを紹介します。

空き枠に申し込み

広告の配信を決めたら、GROWTHのサイトで広告枠に空き枠があるか確認します。

配信予定日まで8営業日の間隔が必要です。申し込みは、メールにて連絡が必要になります。初めて利用する場合は広告主審査も必要になるので、事前に問い合わせをして担当者との打ち合わせが必要です。

空き枠の仮押さえ

広告配信の申し込みをすると、1~2営業日以内に空き枠の仮押さえ受領の連絡がメールにて入ります。

ここで、改めて「広告主名」「商材名」「広告メニュー名」「掲載開始日及び終了日」「誘導URL」の確認が行われます。

仮押さえ後の連絡メールアドレスはそれぞれアドレスが違うので注意が必要です。

クリエイティブの考査(出し戻し)

仮押さえ後3営業日以内に、広告素材のクリエイティブ考査が行われます。

GROWTHの広告掲載は可否基準が細かく決められており、掲載基準に沿った広告なのかをチェックされます。

また、広告のファイルフォーマットや動画の長さなども基準があるので予め確認が必要です。

他の注意点としてJASRACなど著作権管理団体の処理は、広告主側で行わなければいけないので、広告素材の権利関係には十分な配慮が必要になります。

入稿

ここまでの処理が終わると広告が入稿されます。

改めて広告素材やエンドキャップ、商品・サービスの詳細画像の確認がされ入稿に移ります。

配信のスタート

配信日に申し込みの配信スケジュールに応じて広告の配信がスタートされます。

まとめ

・GROWTHとは、東京都内約10,500台のタクシーサイネージを利用した、サイネージ広告サービスです。

・GROWTHは、ビジネスパーソン向けの訴求に強いサービスです。

・GROWTHは、車体ラッピングやサンプリングにも対応しています。

・GROWTHはソニーが提供する配車アプリ「S.RIDE」と連動しています。

・GROWTHは申し込みから広告配信までスピーディーです。

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

同じカテゴリーの記事