トップページ給与計算の自動化と効率化を実現する「マネーフォワードクラウド給与」のメリットと機能

最終更新日

20210221

給与計算の自動化と効率化を実現する「マネーフォワードクラウド給与」のメリットと機能

#HRテック

企業における給与計算は、勤怠データを集計して給与計算ソフトに取り込み、従業員情報を入力しなければなりません。ところがタイムカードや出勤簿、Excelによる勤怠管理では集計や取り込みに手間と時間がかかってしまいます。また、勤怠を労務・人材管理ソフトに入力して管理している場合は、給与計算ソフトにも入力する必要があり二度手間です。

そこでこの記事では、給与計算を自動化し、他のシステムとも連携することでバックオフィス業務の負担を軽減する給与管理システム「マネーフォワード クラウド給与」のメリットと機能をご紹介します。

マネーフォワード クラウド給与とは

マネーフォワード クラウド給与は、クラウド型の給与管理システムです。ブラウザから給与計算やWeb給与明細の発行などを行うことができ、年末調整や社会保険関連の書類発行にも対応しています。

このうち給与計算では、扶養対象者や社会保険料の徴収月数などの各種自動判定・自動計算のほか、従業員ごとの進捗管理機能を備え、自動計算におけるリカバリー機能によってミスを限りなくゼロに近づけることが可能です。

また、毎年改定される社会保険料率には、自動アップデートで対応します。このため、労務担当者が保険料率が正しいか都度確認する必要もありません。

そしてさらに、勤怠管理や労務管理など他のシステムとも自動で連携することにより、それぞれのシステムに勤怠データや従業員情報を重複して入力する負担から労務担当者を解放します。

5つの項目を設定するだけで給与計算が可能

マネーフォワード クラウド給与における設定項目は、従業員と事業所それぞれで次の5つに絞り込まれています。これにより、初心者でも迷わずに給与計算が可能です。

事業所設定

  • 事業所名や住所などの事業所情報
  • 締日・支給日
  • 健康保険/厚生年金保険の管掌設定
  • 労災保険料率用業種設定
  • 雇用保険料率用業種設定

従業員設定

  • 本人の氏名と誕生日
  • 入社年月日
  • 給与支給形態(月給制・日給制・時給制)
  • 基本給などの支給額の情報
  • 住民税などの控除額の情報

3つの導入メリット

マネーフォワードクラウド給与ではさまざまな機能によりバックオフィス業務の時間短縮を支援することで、バックオフィス業務に大きな変化ををもたらします。

メリット1:工数・コストの大幅削減

マネーフォワードクラウド給与は、保険料率や税率が自動でアップデート可能で、税理士や社労士などの専門家とも簡単にデータ共有ができるため、労務担当者の工数を大幅に削減することができます。

またWeb給与明細機能を活用すれば、紙代や印刷代を削減できるほか、明細を配布する必要もありません。

メリット2:充実のサポート体制

マネーフォワードクラウド給与なら、カスタマーサポートセンターのスタッフにより初期設定から日々の運用までサポート対応も可能です。

また、マネーフォワードクラウド給与に精通した税理士や社労士の紹介も無料で行っているので安心です。

メリット3:正確な給与計算

正確な給与計算も、マネーフォワードクラウドの大きなメリットです。複雑な社会保険料や所得税の計算はマネーフォワードクラウドによって全自動で行われるため、給与計算に不慣れでも心配ありません。

9つの便利機能

ここまでのように、マネーフォワードクラウドの大きな特徴は正確な給与計算と簡単な操作です。そこでこれらの機能をより詳しくみていくと、9つに分類することができます。

自動計算

自動計算は複雑な保険料税金計算のロジックを自動化するもので、マネーフォワードクラウドの核となる機能です。すべてはマネーフォワードクラウドが判断し、労務担当者が迷うことはありません。また「簡単リカバリー機能」により修正も容易に行うことができます。

自動アップデート

自動アップデートは、料率・法令改正時のアップデートを自動で行う機能です。管轄の都道府県を指定することで保険料率を自動で取り込むことができ、支給日に応じた料率が自動で採用されるため、料率変更のタイミングを迷うこともありません。

Web給与明細

給与明細の印刷・配布にかかる時間や負担を軽減するのは、標準搭載のWeb給与明細の機能です。Web上で完結することで印刷代や紙代を削減します。Web給与明細には、従業員ごとの専用画面が用意されるので明細の渡し間違えがなく、配布までの保管も不要です。また、Web給与明細はPC・スマートフォンどちらにも対応しています。

他社システム連携

バックオフィス業務全体の負担軽減には、他のシステムとの連携も欠かせません。マネーフォワードクラウドでは他社のシステムであっても連携が可能で、連携サービス数は17にのぼります。

クラウド勤怠連携

クラウド勤怠連携は、マネーフォワードクラウドの勤怠管理システム「マネーフォワード クラウド勤怠」で集計したデータをワンクリックでマネーフォワードクラウド給与に連携する機能です。これにより、勤怠集計から給与計算までを一気通貫に完了します。

クラウド会計連携

クラウド会計連携では、マネーフォワードクラウドのクラウド会計システム「マネーフォワードクラウド会計」と連携します。給与の仕訳は、ボタンひとつで完了し、会社負担分の社会保険料も自動で仕訳が起票されます。また、給与の計算結果もクラウド上で連携できるので、月次データの受渡しも不要です。

マイナンバー管理

マイナンバー管理は、マネーフォワードクラウドのマイナンバー管理システム「マネーフォワードクラウドマイナンバー」と連携する機能です。源泉徴収票や給与支払報告書へのマイナンバーの印字を行います。企業や会計事務所による回収・保管の負担が軽減されます。

給与振込申請機能

給与振込申請機能は、マネーフォワードクラウド給与から従業員の口座に直接給与を振り込める機能です。給与帳票が不要になるほか、毎月銀行窓口に出向く必要もなくなるため、給与振込がスムーズになります。

年末調整機能

年末調整機能では、年末調整をオンライン上で完結し、ペーパーレス化を実現します。入力は従業員がPCやスマートフォンなどからオンラインで行い、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を作成することが可能です。これにより、申告書類から給与計算ソフトに情報を入力しなおす負担も発生しません。また、従業員が各種申告書を入力する際には、同時に生命保険料などの証明書を添付することも可能です。

マネーフォワード クラウド給与の法人向けの料金プラン

マネーフォワード クラウド給与の料金プランは、他シリーズ製品も合わせて利用することができます。用意されているのは給与計算の機能だけでなく、請求書、経費、会計、勤怠など、企業のバックオフィスをひとつにまとめ、給与計算を効率化するマネーフォワード クラウド給与とも連携可能なプランです。

スモールビジネス

小規模の法人でお得に利用したい方向けのプランです。

  • 月額3,980円
  • 年額35,760円(1か月あたり2,980円)

ビジネス

複雑な会計業務や請求書発行の多い法人向けのプランです。

  • 月額5,980円
  • 年額59,760円(1か月あたり4,980円)

各プランは上記に加え、各サービスの従量課金、各種オプション料金を加算した金額がそれぞれの利用料金となります。またマネーフォワード クラウド給与に関しては、従量課金分について5名分まで基本料金に含まれ、すべての機能を利用することが可能です。

まずは無料トライアルを

新規登録後1ヶ月間は、有料プランと同等の機能を無料トライアルできます。マネーフォワード クラウド給与の導入を検討する際には、まず無料トライアルを試してみるとよいでしょう。

マネーフォワード クラウド給与についてのまとめ

・マネーフォワード クラウド給与は、クラウド型の給与管理システムです。・マネーフォワード クラウド給与では、事業所および従業員それぞれの5つの項目を設定するだけで給与計算が可能です。

・マネーフォワード クラウド給与導入のメリットは、コストの大幅削減、充実のサポート体制、正確な給与計算の3つです。

・マネーフォワード クラウドには正確な給与計算と簡単な操作を実現するため、自動計算、自動アップデート、Web給与明細、他社システム連携、クラウド勤怠連携、クラウド会計連携、マイナンバー管理、給与振込申請機能、年末調整機能といった9つの便利機能が備えられています。

・マネーフォワード クラウド給与の料金は、他シリーズ製品も合わせて利用できる6つのプランと単体プラン、そして無料トライアルも用意されています。

同じカテゴリーの記事