ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:HRテック目標管理システム「HRMOS評価」の機能と特徴について

目標管理システム「HRMOS評価」の機能と特徴について

#HRテック

この記事では、目標管理システム「HRMOS評価」について解説します。

現在日本企業の多くは、少子高齢化による人手不足をはじめ、働き方改革関連法の施行による時間外労働の上限規制や有給休暇取得の義務化などにより、生産性の高い働き方へのシフトチェンジが急務となっています。またこのような状況では、企業が生産性を高め成長していくために、外部及び内部環境の変化に柔軟に対応しなければなりません。

このため、先進企業において導入が進んでいるのが、評価に関わる人の負担を軽減しながら様々なフィードバックを実現する目標管理システムです。

そこでこの記事では、目標管理システムのひとつ、「HRMOS評価」について、その機能や特徴などをご紹介します。

目的管理システム「HRMOS評価」とは

HRMOS評価は、転職サイトなどを運営するビズリーチ社が提供する目標管理システムです。同社のHRMOSシリーズのひとつHRMOS COREの拡張機能として、「すべての働く人」が活躍できる環境づくりをサポートしてくれます。

MBO、コンピテンシー評価などのあらゆる評価方法にも対応しており、柔軟にカスタマイズも可能。役割や役職に応じて評価シートを細かく設計することができます。

「自社の評価制度の運用がうまく回っていない」、「評価に活用したい従業員情報がバラバラ」、「目標・評価の管理に多大な工数がかかっている」などの課題解決に最適なシステムと言えるでしょう。

HAMOS評価の導入効果

これまで日本企業における人事制度の特徴は、年功序列や終身雇用の流れを踏襲したものでした。こうした制度のもとでは、人材の評価が属人的に行われてしまい、社員の納得度の高い評価が行われづらいという課題を抱えていました。

そこでHAMOS評価では、全社員のスキル、評価データ、目標の変更履歴、コミュニケーション履歴を全て蓄積し、あらゆるデータを見える化。これにより納得度の高い評価制度を確立することが期待できます。

HRMOS評価の導入によって、評価・考課に必要なデータが一元化されることで、人事評価の正確性もスピードもどちらも向上させることが可能です。

HAMOS評価でできること

自社の評価制度の運用がうまく回らない、評価に活用する従業員情報が一元管理できない、目標設定・評価の管理に多大な工数がかかるなど、多くの企業では人事評価にさまざまな課題を抱えています。これらを解決するためにHRMOS評価には、目標管理システムとして次のような機能が備えられています。

目標管理

HRMOS評価では、目標シートの作成および照会、個人目標の設定、目標履歴の管理が可能です。

管理項目や公開範囲は自由にカスタマイズしながら、個と組織、双方の目標を効率的に管理することができます。

評価管理

評価管理では、目標に対する評価にとどまらず、高業績者の行動特性を評価するコンピテンシー(高いレベルの業務成果を生み出す人の行動特性)評価をはじめ、柔軟なスコア評価、本人・上長による多面評価といったさまざまな評価を統合することができます。

また評価の記録に必要な評価シートも作成でき、評価結果はCSV出力が可能です。

共通機能

共通機能は、HRMOS評価の能動的な活用を促すいわばセルフマネジメント機能です。

これにより、リマインダーやIPアドレス制限、CORE連携、履歴管理など、HRMOS評価の導入効果を最大化することができます。

HRMOS評価が選ばれる理由

目標管理システムは、人事評価プロセスを効率的に運用できる仕組みを備えていることが重要です。HRMOS評価には、人事が経営者や事業責任者に対するビジネス上のパートナーとなるべく、戦略人事を実行できる基盤システムとして選ばれる理由があります。

評価制度の運用サポート

HRMOS評価は、コンピテンシー評価のほか、MBO(Management by Objectives:目標管理制度)OKR(Objectives and Key Results:達成すべき目標と主要な成果)といった、さまざまな評価方法に対応しています。

このため高いカスタマイズ性を誇り、役割や役職に応じた評価シートの細かな設計が可能です。これにより、チームの目標設定や評価プロセスをサポートするアクティビティー機能、1on1(ワン・オン・ワン)などのフィードバックを実現しています。

なかでも1on1は、上司や部下、同僚同士が対話するもので、従業員やチームの成長につながる取り組みとして浸透が進んでいる運用手法です。従来の評価サイクルは半年から1年が一般的でしたが、機会を増やす取り組みとして1on1を導入する企業が増加しています。

このように1on1は能力開発のためのアクションの管理などが日常的に記録できるようになるだけでなく、フィードバックを日常的な業務にすることで従業員一人ひとりが変化する環境に対応し、成長する機会を増やすこともできます。

あらゆる評価データを一元化

HRMOS評価では、過去から現在までの人事評価データのほか、目標の変更履歴やコミュニケーション履歴を全て蓄積をすべて蓄積することができます。

また、評価以外のスキル、給与といったさまざまなデータは「HRMOS CORE」とのAPI連携により一元化が可能です。これにより評価を含む人事データの集約・分析のスピードアップに貢献します。

評価に関わる負担を軽減

HRMOS評価なら、全従業員の入力情報を一括で把握することができ、未入力者には自動的にリマインドも可能です。

また組織改編や人事異動のタイミングでは、評価者を1クリックで更新でき、評価者による評価スコアを自動的に集約・集計することもできます。こうした繰り返し行われる作業の自動化は、評価におけるオペレーション業務を効率化と、生産性の向上を実現します。

導入後のサポートも充実

HRMOS評価は導入後のサポートも充実しています。

このため、目標管理システムの導入経験がない場合でも安定した運用が可能です。

導入・運用支援プログラムの作成

HRMOS評価の導入後は、最適な導入・運用計画が作成されます。

また専任担当者が導入企業に並走し、適切なサポートが提供されます。

ヘルプサイトの設置

HRMOS評価では、機能や操作を確認するためのヘルプサイトが設置されています。

操作や機能不明点はヘルプサイトで確認することができます。

問い合わせ窓口への相談

万が一トラブルが発生した場合には、サポートデスクに直接相談することも可能です。

HRMOS評価についてのまとめ

・HRMOS評価は転職サイトなどを運営するビズリーチ社が提供する目標管理システムです。

・HAMOS評価では評価制度を形骸化させない、コミュニケーションサイクルを構築します。

・HAMOS評価では、目標管理、評価管理が可能で、セルフマネジメント機能である共通機能によって導入効果を最大化することができます。

・HRMOS評価が選ばれているのは、評価制度の運用サポートが可能なほか、あらゆる評価データの一元化や、評価に関わる負担を軽減できるからです。

・HRMOS評価は導入・運用支援プログラムの作成、ヘルプサイトの設置、問い合わせ窓口への相談などにより、導入後のサポートも充実しています。

同じカテゴリーの記事

おすすめ記事