ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックテレビCMに革命を起こすテレビマーケティングプラットフォーム「テレシー」の特徴と仕組み

最終更新日

20210318

テレビCMに革命を起こすテレビマーケティングプラットフォーム「テレシー」の特徴と仕組み

#アドテック

近年テレビCMを販売する放送局では、オンラインでの販売を開始するなど、既存の方法にとらわれない新たな取引形態を増加させたことにより、オンライン上で明確なビジネス目標を持つITベンチャー企業の間でも需要が高まっています。

そこでこの記事では、テレビマーケティングプラットフォーム「テレシー」の特徴や仕組みをご紹介します。

運用型テレビCM「テレシー」とは

テレシーは、CPM/CPA/CPIといった指標で把握することで効果もしっかりと確認しながらPDCAを回すことができる、次世代型テレビマーケティングプラットフォームです。

テレシーではデジタルマーケティングにおいて20年以上の実績とノウハウを持つVOYAGE GROUPと、国内シェアNo.1のテレビCMバイイング実績ならびに知見を持つ電通の共同事業によって、これまでの常識を覆す運用型テレビマーケティングの実現が期待できます。

通常テレビCMの制作では、放送枠の選定から購入、レポーティングに至るまでに、代理店、経営陣、株主といったさまざまなステークホルダーが関わります。このためテレビCMは一大プロジェクトとなり、大手広告代理店やクリエイターを介さないかぎり出稿が難しいものでした。

またテレビCMを一度でも検討したことのある企業では「費用が高い」、「敷居が高い」、「効果が追えない」「多様化する広告手段のなかでPDCAが回せない」といったイメージを持っているケースも少なくありません。

こうした課題を解決するため、テレシーはWeb広告に投下される予算の一部でもテレビCMの利用できるように開発されたプラットフォームです。

テレビCMが持つ価値

テレビCMの展開は近年伸長が続くネット広告にはない価値を広告主にもたらします。

新たなターゲットの獲得

テレビCMでは、新たなターゲットへのアプローチと獲得が期待できます。ネット広告にはターゲットへ確実に届けることができる強みがありますが、テレビCMなら興味喚起や話題性により新たな潜在顧客の獲得が可能です。

短期間で大量獲得

テレビCMの特徴は、大規模かつ集中的にリーチできることです。このためターゲット配信であるネット広告ではキャンペーンなどを行い、長期間を要する目標数値の達成も短期間で達成できます。

ネット広告の効果も最大化

テレビCMを放映することは、ネット広告における効果にも影響を及ぼします。実際にテレビCMを放映した企業では、相乗効果によってネット広告のCTRも向上しています。

データ規制

現在、ネット広告ではデータ規制によりターゲティング型広告配信を行うことが難しくなってきています。このためテレビCMの価値が改めて確認されています。

副次的効果

テレビCMは多くの人が目にすることから、広告主となる企業に所属する従業員のモチベーションアップや採用活動にも貢献します。これはテレビCMならではの副次的効果です。

テレシーができること

広告手段が多様化し、テレビCMはネット広告との境目があいまいになったことにより、最適な選択が一層求められています。

そんな中テレシーには、テレビマーケティングプラットフォームとしてできることが少なくありません。

100万円から出稿可能

これまでテレビCMは巨額の投資が必要と考えられがちでしたが、テレシーなら最低100万円からテレビCMの出稿が可能です。予算に合わせて制作から出稿まで対応し、ターゲットや出稿エリア毎に細かくシミュレーションすることで最適なプランを導き出します。

効果を可視化

テレシーが用いるCPM/CPA/CPIなどは、ネット広告で用いられる指標です。これにより、従来追いにくかったテレビCMの効果もわかりやすく可視化します。このため、費用対効果を確認しながら運用することが可能です。

ワンストップのサポート

テレシーではプランニングから、CM制作、出稿、効果測定までをワンストップでサポートします。これにより、テレビCMがはじめての顧客でも、ニーズに合わせた狙い通りのマーケティング効果が期待できます。

共同サービス

テレシーならVOYAGE GROUPが持つデジタルマーケティングの考え方と、電通が持つ豊富なCM放映枠、さらにはテレビCMのノウハウにより、デジタルマーケティングの考え方をベースとしたテレビCMを出稿することができます。

テレシーの仕組み

テレシーは、テレビCMの効果を確認しながらPDCAを回すことができる次世代型のテレビマーケティングプラットフォームです。

Plan

まず出稿前のプランニングシミュレーションでは、過去の出稿データを活用し、精度の高いシミュレーションができます。掲載期間や男女5歳刻みのターゲット、出稿エリアごとの予算などを指定し、複数の結果を比較して発注することも可能です。

また、GRPだけではなくデジタル指標であるIMP/CPM/CPCも事前に可視化することができます。

Do

クリエイティブの制作から発注、考査、送稿にいたるまではテレビCM出稿に必要な要素をワンプラットフォームですべて実現し、一気通貫で管理までが可能です。

さらにさまざまなニーズに対応するため、エントリープラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つの制作プランが用意されています。

このうち、エントリープランはアニメーション・動画・静止画素材の入稿による編集・制作が可能です。またスタンダードプランではキャスティングやスタジオ撮影による制作が行えます。そしてプレミアムプランではタレントのキャスティングからロケーション撮影を活用した制作も可能です。

Check

テレビCMは、最短で翌日には視聴実績がダッシュボードで確認できます。これによりCM放映の実績視聴率は無料でダッシュボードを反映しながらCPMやターゲットリーチをシミュレーションと比較し、実績の確認が行えます。

Action

CMの放映終了後には、広告効果をCPI/CPA単位で可視化することで次回の施策につなげることができます。

テレシーアナリティクス

テレシーアナリティクスはテレシーのオプションで、テレビCMの効果を最大化するテレビCM効果分析ツールです。広告主のKPIにあわせてテレビCMの効果を可視化し、エリア・時間帯・番組別・クリエイティブごとの効果を分析することでPDCAを回します。

WEB/APPコンバージョン計測ツールと連携

テレシーアナリティクスは、WEB/APPコンバージョン計測ツールと連携することができます。これによりCPA/CPI といった指標をダッシュボードで閲覧可能です。

さまざまな軸でCPA/CPIを可視化

分析の軸は、エリア・放送局・時間帯・番組・クリエイティブと多様です。あらゆる軸で効果分析を行うことによりこれまでは追えなかったテレビCMの費用対効果の可視化を実現します。

テレシーアナリティクスの費用

テレシーアナリティクスの費用は、月額50万円です。これには計測ツール連携サポート、配信データ分析、次回施策に向けた改善提案などが含まれます。

テレシーについてのまとめ

・テレシーはCPM/CPA/CPIなどの指標を把握しPDCAを回すことができる、次世代型テレビマーケティングプラットフォームです。

・テレビCMにはネット広告にはない価値があります。

・テレシーはテレビマーケティングプラットフォームとしてさまざまな効果をもたらします。

・テレシーならテレビCMの効果を確認しながらPDCAを回すことができます。

・テレシーアナリティクスはテレシーのテレビCM効果分析ツールです。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事