トップページGoogleショッピング広告とは?ショッピング広告導入のポイントなど解説

最終更新日

20210126

Googleショッピング広告とは?ショッピング広告導入のポイントなど解説

#アドテック

この記事では、Googleショッピング広告について解説します。

大手ECサイトの躍進やモバイルデバイスの普及により、インターネットを利用した購買は現在では一般的になっています。そのため、マーケティングにおいて成果を出すためにwebを活用するのは不可欠といえます。

webを使った広告手法には様々な種類がありますが、成果に向けたECサイト向けの手法としてあるのがGoogleショッピング広告です。

ここでは、Googleショッピング広告についての内容とメリット・デメリット、導入・運用に向けたポイントを紹介していきます。

Googleショッピング広告とは

Googleショッピング広告とは、Googleが提供する検索連動型広告の一つです。ユーザーが検索したキーワードに連動し、画面上部に、画像・テキストで広告を表示します。また、web検索の結果だけではなくショッピングタブでの検索結果にも反映されます。表示された広告をユーザーがクリック・タップした場合に、ランディングページにそのままジャンプし購買を促す仕組みです。PCやスマートフォンなどに表示され、商品画像の他、商品名や価格、ショップ名が一緒に表示されます。

Googleショッピング広告の画面占有率は、モバイルデバイスがPCに比べて高くなっているというのが特徴です。ショッピングタブ内では、購買意欲が高いユーザーが閲覧するのでCV率が高くなり、商材が同じフォーマットで画面に並び広告に見えにくいのでユーザーイメージが悪くなりにくいという特徴もあります。

Googleショッピング広告の主な機能

Googleショッピング広告は、商品単位で訴求するので、CTR・CVR共に効率的なプロモーションが可能です。

Googleの指定形式でデータファイルを作成しなければいけないため、導入時の行程は多いですが他のキャンペーンやプロモーションのようにキーワード設定をする必要がありません。検索時のユーザー行動にあわせて購買意欲が高そうな商材をGoogleが判断して表示することや、ランディングページの情報を広告配信面にそのまま表示させることもできます。

広告単価の入札や広告の掲載・非掲載、商材内容の変更等は、登録したデータファイルを更新して運用していく仕組みです。

Googleショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告は、自身のECサイトを成果に導く多くのメリットがあります。ここでは、主な内容を項目別に解説していきます。

広告感が少ない

Googleショッピング広告は、検索キーワードに応じた商材を表示し、一見オーガニック検索結果と同じように表示されるため広告感が少ないというのがメリットです。

ユーザーがキーワード検索し最初に表示されるページでは、検索結果のwebページと一緒に表示されるため、広告と意識されにくく、意識されたとしてもあまり気にならないのでストレスを感じません。また、表示される商材は購買意欲が高そうなキーワード検索を行うユーザーに対して表示するので、広告が持つネガティブな側面を感じにくいという特徴があります。

クリックの質の向上

前記した通りGoogleショッピング広告は、CTR率が高いという特徴があります。その上、検索時点でユーザーの購買意欲が高い可能性があるので、クリックの質が高く、CVR率も高くなります。

クリックやタップといったアクションを起こしたユーザーは、そもそも商材に魅力を感じているのでリンクされたランディングページに移ってもその商材を詳しく知ろうというマインドがあるということです。その分、クリックの質は良く、購買につながることや潜在顧客へつながる可能性があります。

クリック単価が低い

Googleショッピング広告の広告単価はPPC(Pay Per Click)方式です。単価自体は入札ですが、何度表示されても広告費は発生せず、クリックまたはタップされてから広告費が発生します。

また、テキスト広告と比較すると競合が少ないため、商材によっては大幅に入札単価が安くなる傾向があります。価格も表示されているため、ユーザーがアクションを起こした場合には、CVRにつながりやすいので費用対効果も高いプロモーション方法です。これらを加味すると、画像などによる認知で潜在顧客にもつながり、最終的にはクリック単価も安くなるというメリットがあります。

広告の占有面積が広い

Googleショッピング広告は検索結果の上部に画像・テキストで表示され画面占有面積が広いのが特徴でありメリットです。

特にモバイルデバイスの画面上では、最初の状態では画面の約2/3にもなるので非常に高い占有面積になります。ユーザーがキーワードを入力し、検索結果が表示されすぐに目にするため、広告として高い効果が期待できます。

画像を使用できる

Googleショッピング広告は、テキスト広告とは違い画像を使えるという大きなメリットがあります。

ユーザーのイメージに直接訴えることが可能になるので、CTR・CVR共に期待できます。また、テキスト広告よりも上部に表示され占有面積も広いので、印象に残りやすいのが特徴です。

Googleショッピング広告のデメリット

Googleショッピング広告は、Googleに送信したデータフィードを元に自動表示させる仕組みです。そのため、キーワードを狙った戦略や施策を打てないというデメリットがあります。

より成果をあげるためにはデータを分析して効果の高いキーワードに高く入札することや、除外キーワードを設定しなければいけません。しかし、成果に結びつけるための運用には経験やスキルが必要になり、トレンドなどでも変わってくるのが実情です。内容や商材によっては結果がでるまでに時間がかかる場合もあり、どの部分を重点的に運用していくのかは初心者では見極めが難しくなります。

Googleショッピング広告に限らず、web広告運用全般に言えることですが、競合の動向を探ることや戦略を立てることなど、細かい設定が成果のためには必要です。特にGoogleショッピング広告は、ユーザーがアクションを起こし、競合商材のランディングページで即決されることも想定されます。他の広告手法と比べて成果も出やすいですが、逆に運用次第では成果が出にくくなるのがGoogleショッピング広告です。

他のデメリットとして、導入に手間や時間が掛かることがあげられます。Googleショッピング広告をスタートさせるには、商品情報やショップ情報をGoogleの指定する形式で「Merchant Center」に送信する作業が必要です。指定した形式や、テキスト情報・画像情報の設定は決められているので、Merchant Centerに送るためのさまざまなデータを新たに作成しなければいけないことになります。導入後は、多くのメリットがあり効果も期待できるGoogleショッピング広告ですが、導入までのハードルが高い広告手法といえます。

Googleショッピング広告実施のポイント

Googleショッピング広告は、導入までのハードルをクリアすれば、その後の運用は高い効果が見込める手段です。そのため、導入までの準備段階をいかに細かく決めておくかが、Googleショッピング広告実施のポイントとなります。

前記した通り、Merchant Centerに送るためのさまざまなデータを新たに作成しなければいけませんが、そのための目標値や内容を細かく正確に用意しておくことが重要です。導入後の運用調整も最初のデータが非常に重要になってくるということになります。

まとめ

・Googleショッピング広告とは、Googleが提供する検索連動型広告の一つです。

・Googleショッピング広告は、PC・モバイルデバイス共に画面占有面積が広くCTR率・CVR率が高いという特徴があります。

・Googleショッピング広告は、「広告感が少ない」「クリックの質が高い」「クリック単価が低い」「広告の占有面積が広い」「広告の占有面積が広い」「画像を使用できる」というメリットがあります。

・Googleショッピング広告は、導入時に時間と手間がかかるというのがデメリットです。

・Googleショッピング広告は、導入前に様々な要素を準備して開始するのがポイントです

同じカテゴリーの記事