トップページインフルエンサーマーケティングとは 活用の仕方とその他広告との違い

最終更新日

20200622

インフルエンサーマーケティングとは 活用の仕方とその他広告との違い

#アドテック

インフルエンサーマーケティング「BitStar Ads」

この記事ではインフルエンサーマーケティングについて解説します。

インフルエンサーマーケティングはブログやSNSなどでファンやフォロワーへの影響力のあるインフルエンサーに企業の製品やサービスのPRを依頼するものです。

インフルエンサーは従来、芸能人などメディアに露出が多い著名人を指していましたが、現在では多数のフォロワーを持つ匿名の個人も増加しています。

また、彼らの活躍の場も、写真や動画をメインとしたSNSなど、テキストベースのブログに止まりません。

そこでインフルエンサーによるインフルエンサーマーケティングがどんなものなのかをはじめとして、他の広告との違い、注目されている背景やその特徴についてもご紹介します。

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーが持つファンやフォロワーを企業のマーケティングに活用するマーケティング手法のひとつです。

従来型のマーケティングは企業が直接消費者に対してメッセージを発信するものでしたが、インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーが企業の製品やサービスをPRします。

これにより、ファンやフォロワーにそれらを認知させ、彼らの購買行動にも影響を与えることができます。

具体的にはインフルエンサーが企業の商品やサービスを実際に利用し、そのプロセスをブログやSNSに投稿するといった手法が一般的です。

近年では活用の仕方次第で従来型の広告よりも有効とされ、ブログやSNSを駆使して活躍するインフルエンサーを起用して、売上を伸ばす企業が増加しています。

インフルエンサーマーケティングの特徴

新たな広告宣伝の手法として注目を集めるインフルエンサーマーケティングには、メリットともにデメリットも存在します。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングはSNSのフォロワーがシェアすることによって情報が拡散されるため、より多くの消費者に認知が広まりやすい手法です。

さらに、SNSそのものも、口コミによって情報が拡散されやすい仕組みといえます。

このため、インフルエンサーに販促業務を依頼した場合、従来の広告よりも自然にブランドの認知度を高め、その企業への信頼度を高めることも可能です。

一方でインフルエンサーはフォロワーにとって自身からかけ離れた存在ではないと捉えられることから、彼らが生活の中で自然に利用している製品やサービスは自分にとっても身近に感じられ、興味を持つきっかけとなります。

また、近年、インターネット広告は信頼度の低さからスマホアプリによってブロックされ、掲載しても無視されてしまうことが少なくありませんが、フォロワーに支持されているインフルエンサーによる情報であればユーザーからの興味も得やすく、従来の広告の課題を解決するために非常に有効です。

インフルエンサーマーケティングのデメリット

インフルエンサーマーケティングは、消費者から興味を得やすいものの、ステルスマーケティングであると認識されがちな側面も持っています。

ステルスマーケティングとは、消費者に対して広告であることを認知させないようにブログやSNSに投稿する行為で、「ステマ」や「サクラ」「ヤラセ」とも呼ばれます。

また、現在は「景品表示法」の施行により禁止されていますが、かつては企業が一部の消費者へ報酬を支払い、商品やサービスに関するよい口コミの投稿を促し、他の消費者への印象を操作しようとする行為が横行した時期もありました。

このため、インフルエンサーマーケティングがステルスマーケティングと消費者に認知された場合、その商品やサービスはインターネット上で「炎上」の可能性をはらみます。

一方で、ステルスマーケティングとみなされるのを懸念し、インフルエンサーによる投稿回数や露出回数が減ってしまうと、広告効果自体が低下する可能性も否定できません。

そこでインフルエンサーマーケティングでは、広告の内容や更新頻度などを明確にし、インフルエンサーに対して投稿の際にはハッシュタグを付けるよう依頼するなど、対策を講じる必要があります。

インフルエンサーマーケティングと従来の広告との違い

インフルエンサーマーケティングが従来の広告と最も異なるのは、直接的に企業が消費者へマーケティング施策を行うのではなく、インフルエンサーが商品やサービスについての情報発信をすることで間接的にプロモーションを行う点です。

このため、インフルエンサーの選定さえ適切であれば質の高い口コミがフォロワーを通して一気に拡散されることにより、商品やサービスのコンセプトが合致する消費者へのアプローチが容易になり、ブランド力の向上や認知度の拡大を図ることができます。

一方、他の広告はどれも製品やサービスを提供する企業自らが情報発信をするもので、将来顧客となるであろう潜在層へアプローチするための施策であり、次のようなものが挙げられます。

マス(マスメディア)広告との違い

従来型の広告として最もイメージしやすいのがマス広告です。商品やサービスを広く認知させることを目的として、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌といったメディアを通じて広告宣伝を行います。

セールスプロモーション(SP)広告との違い

セールスプロモーション広告は、商品やサービスが購買至ることを想定し行う広告宣伝です。主に駅や電車、タクシーなどの車内でみられるものや、チラシ・DM・看板・イベント・キャンペーンなどもこれにあたります。

日本では「販売促進」とも呼ばれ、購買意欲を向上させるためにより直接的に消費者にアプローチする広告です。

関連:セールスプロモーションとは 重要なポイントや種類・事例などを紹介

リスティング広告との違い

スマホやパソコンなどで、検索エンジンを利用している際に配信されるのがリスティング広告です。検索エンジンは通常、検索したキーワードと関連性の高い結果が上位に表示されますが、リスティング広告はこれらよりもさらに上位に表示されます。

また、過去に閲覧サイトに表示されていた広告が他のサイトでも表示されることがあり、これもリスティング広告のひとつです。

関連:リスティング広告とは メリット・デメリットやSEOとの関係性などを解説

アフィリエイト広告との違い

アフィリエイト広告は広告をクリックすることで広告費が発生する成果報酬型の広告です。

このため消費者が購入に至ったかどうかに関わらず広告費が発生するリスティング広告とは異なり、商品購入や会員登録といった具体的な行動を行った時点で広告費が発生します。

関連:アフィリエイト広告とは 仕組みや特徴とメリット・デメリットを解説

インフルエンサーマーケティングが注目されている背景

ここまでのように広告には様々な種類がありますが、インフルエンサーマーケティングがこられの従来型の広告よりも注目されている背景には、そもそも消費者の購買行動が変化したことが影響しています。

その要因となったのはスマートフォンの普及で、消費者は場所を選ばずにいつ、どこからでもインターネットにアクセスが可能になりました。

これにより、インターネットの普及率が上昇するとともにSNSの利用者も急増したのです。すると、SNSは友人や知人同士の利用にとどまらず、自身の好きな有名人やアーティストをフォローすることで彼らが発信する情報にも興味を持つようになりました。

これにより、従来、自身が興味を持った情報をのみ探しにいくことが主流だった消費者の購買行動は、近年では与えられた情報に興味を持ち、これを受け取ってから購買行動を起こす流れに変化しつつあります。

このため、インフルエンサーを活用するインフルエンサーマーケティングは、こうした消費者の購買行動が変化に対応し、自社の製品やサービスを紹介する上での新たな手法といえるのです。

インフルエンサーマーケティングについてのまとめ

  • インフルエンサーマーケティングはインフルエンサーに企業の製品やサービスのPRを依頼するものです。
  • インフルエンサーマーケティングと従来の広告との違いは、インフルエンサーが情報発信することで直接的ではなく、間接的にプロモーションにつながる点です。
  • インフルエンサーマーケティングが注目されている背景にはSNSの利用者の急増があります。
  • インフルエンサーマーケティングは情報が拡散されやすい一方で、ステルスマーケティングにつながる危険性もあります。

同じカテゴリーの記事