ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:HRテックマネジメントスキルとは?管理職に必要な能力の種類と向上方法

最終更新日

20211206

マネジメントスキルとは?管理職に必要な能力の種類と向上方法

#HRテック

この記事では、管理職に必要な能力であるマネジメントスキルについて解説します。
企業や組織で、利益を最大化するためには対象をいかにマネジメントするかが必要です。
様々な場面で正しい意思決定を行い目標達成や成果に向けた目標設定のためには、冷静なアセスメントも必要になってきます。
そのために必要なマネジメントスキルについての内容と、必要な能力の種類と向上方法を紹介していきます。

マネジメントスキルの基礎知識

ここでは、マネジメントスキルについての基礎知識を紹介していきます。

マネジメントスキルの定義

マネジメントスキルとは「モノ」「人材」「資産」など、事業全体を計画的に管理するスキルのことです。
マネジメントを直訳すると処置や処理、管理や経営などの意味になりますが、ビジネス用語としての"マネジメント"は「人材」「モノ」「資産」という意味で用いられます。人事評価制度や採用の場面ではマネジメント能力、マネジメント力として評価されるポイントです。


事業に関わるこれらのことを共有・管理し生産性を向上させながら運営していくスキル(能力)というのが定義です。
経営に関わる全てのリソースを管理する能力ということになり、職場環境を管理し。組織運営を行う経営者や管理職に必要不可欠なスキルです。


経営者・リーダー・マネージャーなどそれぞれの範囲で管理していくことになり、経営者であれば企業全体、リーダー・マネージャーであればそれぞれの部署やチーム、部下などがその範囲です。


他に働き方の整備、人材の教育や育成、評価や人事などからいかに利益を最大化するかなどをそれぞれの立場でマネジメントする能力もそれにあたります。それぞれで必要なスキルや能力に違いはありますが、マネジメントを構成するスキルはある程度、共通するものがあります。

マネジメントスキルが重要な理由

ネジメントスキルが重要なのは、チームや部署、社員・従業員を始め企業全体のパフォーマンス上げ、利益を最大化するためというのがその理由です。


方向性の明確化や人材の育成などを適切、かつ効率的に行い成果につながるように管理していきます。チームや部署の成果拡大には、個人から組織につながる力の向上が必要です。


例えば営業では顧客アプローチのスキルは属人的になりがちになるので、成績の良い人材が何らかの理由で欠けた場合には、組織全体の成績に影響が出てしまうのも悩みの一つ。
適切にマネジメントすることで個人の営業スキルを出来るだけ一定にすることで全体の底上げや、リスク回避につながるチームや部署にすることが期待できます。
グローバル化やインターネット普及にともなう変化のスピードで、社会やビジネスの変化が目まぐるしくなっています。


このような状況下では、その時々で自分に求められるスキルや能力にも適切に対応する必要があります。マネジメントスキルはチームや部署、企業全体を時代や社会の変化に迅速な対応にも必要で重要性が高いと言えます。

人材育成や評価も広範囲に長期的な視点で対応する必要があります。
公平に評価することや適切なフィードバック、次世代のリーダー育成などで、マネジメントスキルが重要となります。

昨今では個人情報の漏洩やインターネット上でのリテラシーなど、コンプライアンスやセキュリティ管理がとても重要です。これらのトラブルは、結果として消費者や取引先企業からの信用に大きく関わります。


あらかじめトラブルが起きないように回避することや万が一トラブルが起きたときの対処にも必要なスキルということです。企業全体をはじめとした、組織の管理にはおおくの場面でマネジメントスキルが重要ということになります。

マネジメントスキルとリーダーシップの違い

マネジメントスキルと同様、リーダーシップも組織やチームが目的に向かって進むためには重要なスキルの一つです。しかし、両者の言葉には意味の違いがあり、内容を理解し体現していくことが大切になります。

簡単に違いを示すとマネジメントスキルが組織やチームを「管理」するというスキルに対してリーダーシップは組織全体を「牽引」する能力です。

リーダーシップの定義は複数の経営学者によってさまざまに定義されていますが、目的に向かって進むべき道を示すことや実現に向けて集団まとめて引っ張っていくといのが根底にある定義です。

また、さまざまな問題や課題に直面した時には、自ら解消や解決に向けて動きチームに対してその姿を示すのも重要な役割といえるでしょう。
一方、マネジメントスキルというのは、組織やチームを管理することや運営するというのがその定義になります。具体的には、目標や成果など組織が向かうべき目的に必要な機能やシステムを実行させること、集団活動が維持や発展するように管理するのがその役目となります。

そのためには、さまざまなデータを分析することや評価することなど、多角的に答えを導き出すことも必要です。必要な能力の違いを示すならば、リーダーシップがどのような方向に各個人を導くかに対して、マネジメントスキルは「いつ」「だれに対して」「どのように」といった細かい部分まで各個人に定義して示すことが重要です。

また、リーダーシップは自ら実行して目的に向かう指針を示すことに対して、マネジメントスキルは体制を整えることでチームマネジメントを行い、問題解決をするためにPDCAサイクルを回しながら目的に向かう指針を示すというがその違いです。

マネジメントスキルが高い人の共通点

組織やチームを適切に管理し運営していくためにマネジメントスキルが重要なのは前記しましたが、このスキルを最大限に発揮・実戦できる人には共通点があります。

どのような場面でも"冷静沈着"に対処できる能力や多くの"経験値"、人間関係をスムーズにする高い"コミュニケーション能力"というのが、マネジメントスキルが高い人の共通点です。


トラブルやネガティブな事案などは、ただちに最適解を導き出し修正や対処を適切に行う必要があります。また、あらかじめ様々な状況を想定し対処を準備するなどのリスクに対する策も大切です。


感情などに左右されず、冷静沈着に実行する能力が必要ということになります。
多くの経験値があれば、それだけ多くのリスクを想定できることや必要な対処もそれだけ冷静に行うことが可能です。

マネジメントスキルが高い人の共通点としてコミュニケーション能力があります。マネジメントでは、人との関わりがとても重要です。
組織全体の現状を把握することや各個人の評価を適切に行うことが、成果にそのまま直結するからということになります。

そのためには、各個人とのクオリティの高いコミュニケーションが必要ということです。往々にしてマネジメントスキルが高い人には人望が厚いことが共通点としてあります。

マネジメントスキルの主な種類

ここでは、マネジメントスキルの主な種類を紹介していきます。

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、業務を遂行するためのスキルのことです。
種や業務、仕事内容によって必要なスキルは変わり、それぞれでしっかりと理解し身につける必要があります。


幹部や管理者など現場から離れる立場になると、必要性が下がると思われがちですがマネジメントをすることにおいては必要なスキルです。
知識としてそれぞれに対応できるテクニカルスキルを得ることも必要ですが、実際にその業務を遂行できることも大切になります。


テクニカルスキルには、色々な状況で対応できる「汎用スキル」特定の状況や部署等で使う「専門スキル」研究や開発など高度な業務に必要とされる「特化スキル」があります。主に汎用スキルは、語学力や文書作成能力、パソコンスキルなど一般的に必要なスキルです。
専門スキルは、特定の範囲にて活用するスキルになりそれぞれの立場で必要になるスキルは異なります。教育ではコミュニケーションをとり、組織全体の底上げをする「コーチング力」営業では「プレゼンテーション能力」「マーケティング能力」会計職では「財務・経理処理能力」などです。


特化スキルは、限定された人材が行う業務に特化した高度なテクニカルスキルになります。職人的なスキルになり、特化スキルを持つ人材は非常に希少となるため、経営者や人事担当者は中長期的にスキルが途絶えないようにマネジメントすることが大切です。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、対人関係能力のことです。
コミュニケーションを通じて目的を達成するための組織力底上げや、正当な評価など重要なスキルです。また、組織として進むべき道筋を示すリーダーシップも含まれるスキルといえます。

人同士が円滑なコミュニケーションが取れるような仕組み作りも重要です。
様々な手法を用いて他者の考えや意見を引き出すことや、引き出した意見を伝えることなどが大切になります。

組織内で起きる対立する意見の調整やモチベーションの維持をいかに行っていくかという部分も必要です。時には、自身の意見を主張するためや正確に伝えるためプレゼンテーション力、ネゴシエーションも重要なヒューマンスキルとなります。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、抽象的で複雑になっている知識や情報、エビデンスをまとめて本質を理解するスキルのことです。

わかりやすく相手に伝えるという部分でも必要不可欠なスキルといえます。
組織の中で上位になればなるほど必要なスキルでもあり、成果を求めた経営には特に重要な能力です。物事を主観ではなく冷静かつ論理的に捉える「ロジカルシンキング」や経験や常識などに固執せず物事を水平思考で捉える「ラテラルシンキング」など、多面的に分析することが大切になります。

これらのことをベースに直観力や先見性を磨くことがコンセプチュアルスキルには必要です。

マネジメントスキルの向上方法

マネジメントスキルは、才能や先天的に持っているスキルではなく、学ぶことや鍛えることで身につけることができる能力です。

普段の習慣やセミナー受講などを積極的に取り入れることでマネジメントスキルが向上します。経営視点を常に意識することなど、現在の立ち位置から視座を高めることは有効な向上方法の一つです。

そのために会社全体の仕組みや経営視点からプロジェクトを見ることなどが、自身のマネジメントスキル向上に役立つでしょう。
必要な知識や考え方は、管理者向けのセミナーを受講することなどで身につけることができます。

実際に会場で受講するスタイルが難しければ、オンラインや書籍で学ぶことも可能なので、自身の生活スタイルに合わせて積極的に取り入れることが大切です。
他に普段から意思決定を素早くすることや物事をロジカルに考えることなどを習慣化することで、マネジメントスキルは向上していきます。

マネジメントを効率的に行うおすすめツール5選

ここでは、マネジメントを効率的におこなうことができる5つのおすすめツールを紹介します。

人材マネジメント

MINAGINE(ミナジン)人事評価システム/株式会社ミナジン

MINAGINE人事評価システムは、紙やエクセルの評価シートでは煩雑になってしまう評価プロセスを一元管理できる人事評価システムです。

導入後に組織変更などがある場合でも自由にカスタマイズが可能になっているなど柔軟なシステムには定評があります。
初期設定代行や運用コンサルティングなどのサポートも充実しているので、初めてツールを導入する場合にもおすすめです。
料金は初期費用200,000円からで月額費用は人数によって加算される仕組みになっています。

COMPANY(カンパニー)/株式会社Works Human Intelligence

COMPANYは、規模の大きな大手企業法人向けの総合型人事管理システムです。

大手企業の約3社に1社が採用しており、サポート含め様々な機能サービスが充実しています。
人事情報の収集、履歴管理と可視化を一気通貫でできるので効率的な人事管理が可能です。料金は、非公開です。

SMILE SCORE(スマイルスコア)/SMILE SCORE株式会社

SMILE SCOREは、メンバーの"気持ち"にフォーカスできるチームリーダーのための感情コミュニケーションツールです。

人事に必要な1on1でのコミュニケーションをサポートしてくれます。
メンタルの状態をチームスコアとして管理できる機能やチーム・個人をフォローできる機能に定評があります。
料金は管理できる人数や機能によってプラン分けされている仕組みです

プロジェクト管理

クラウドログ/株式会社クラウドワークス

クラウドログは、工数管理・プロジェクト管理を感覚的に利用できるように設計されているプロジェクト管理ツールです。

GoogleやOutlookのカレンダーと連携して工数管理できることや損益計算やガントチャート機能に定評があります。
インポート、エクスポート、APIなどによりエクセル運用からの乗り換えや勤怠システムや会計システムとの連携ができるのも特徴です。
料金は登録するユーザーによって月額料金が加算される仕組みです。

Ranabase(ラーナベース)/株式会社ユニリタ

Ranabaseは、あらゆる業務を可視化し、業務改善コンサルティングを行うことができるシステムツールです。

直感的に利用できるUIで業務プロセスをわかりやすく表示してくれます。
様々な状況を想定して、管理できるので素早く効率的な業務改善が可能です。
無料プランが用意されており、すぐに利用することができるのでお試ししてからの導入もできます。
料金は、ユーザー数、機能によってプラン分けされている仕組みです。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索だけでは見つけにくい最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

また、自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事