ビジネスメディアのミツカル 記事カテゴリ:マーケテック ダイレクトマーケティングで用いる主な手法とメリット・デメリット

最終更新日

20210810

ダイレクトマーケティングで用いる主な手法とメリット・デメリット

#マーケテック

この記事では、ダイレクトマーケティングで用いる主な手法を紹介します。
インターネットの普及もあり、一人ひとりが必要な情報を気軽に取得できる昨今では、マーケットにおける消費者の心理も大きく変化しています。
TVCMや新聞広告などのマスマーケティング主体の時代とは大きく異なり消費行動も変化しているということです。
そこでデータを基に顧客一人ひとりに向けて、ニーズに合わせた手法をとるのがダイレクトマーケティングになります。
ここではダイレクトマーケティングで用いられる主な手法とメリット・デメリットを紹介していきます。

ダイレクトマーケティングの基礎知識

ダイレクトマーケティングはその内容を正しく把握することで成果に向けた運用が可能になってきます。
ここではダイレクトマーケティングについて基礎知識を紹介します。

ダイレクトマーケティングとは?

ダイレクトマーケティングとは、特定の顧客をターゲットにマーケティングを行う手法のことです。
TVCMや新聞広告などの一方的なマーケティングではなく様々な手法を用いて企業が顧客へ直接的にアプローチを行うことが特徴です。
一般的に「DM(ダイレクトメール)」「テレマーケティング」「レコメンデーション」などがよく用いられる手法です。
TVCMなどの不特定多数に対して一方的に行う訴求ではなく顧客のニーズに合わせて双方向の訴求を行っていくのが特徴です。
顧客の反応やマーケティングの効果などのデータを測定しながら実施するため、費用対効果が高いなどのメリットがあります。
また、顧客の反応をデータとして蓄積していき、その後の商品開発やさらなる成果につなげることも可能です。
インターネットが普及している昨今では、人々が気軽に情報を得ることができるため、市場のトレンドや変化が掴みにくくなっています。
そのような中ダイレクトマーケティングでは、一人ひとりの顧客に対して直接的にアプローチするので、より求めている成果に近いマーケティング手法です。

一般的な広告施策との違い

ダイレクトマーケティングと一般的な広告との違いは「1対1」と「1対多」といえます。
テレビコマーシャルや新聞広告、雑誌広告(マスマーケティングと呼ばれる)などのマーケティングは、不特定多数の顧客を無造作にターゲットにしているということに対してダイレクトマーケティングは、主に個人へアプローチしていくということになります。

ダイレクトマーケティングに向いているビジネス

イレクトマーケティングは、ほぼ全ての商材に活用できますがEC事業や通販事業などは特に成果につながりやすくなります。
ECサイトなどを始めとしたインターネットを活用したビジネスは、顧客情報をデータベース化しやすいためです。
データからその顧客の趣味・趣向や求めている商材などを分析できるので、訴求しやすいです。
商材のジャンルは問わず幅広いビジネスに導入可能ですが、顧客のデータをいかに収集するかがポイントです。

ダイレクトマーケティングに用いる主な手法

ダイレクトマーケティングにはさまざまな手法があり、それぞれで特徴が違います。
ここでは、それぞれ内容や特徴を紹介していきます。

SNSマーケティング

SNSマーケティングはSNSのアカウントを作成して、ユーザーとコミュニケーションをとりながらマーケティングをおこなう手法です。
投稿を工夫してファンを増やすことや顧客の意見や希望、趣向などを分析することでダイレクトマーケティングに活用していきます。
多数のアクティブユーザーがいる「Instagram」「Facebook」「Twitter」などが主な活用SNSです。
SNSでは気軽に閲覧や発信できるので、顧客のリアルな意見を収集・分析して、マーケティング施策に活用しやすくなります。
また、投稿が注目を集めてシェアされれば、潜在顧客へアプローチできる可能性があります。

レコメンデーション

レコメンテーションは、顧客の購入履歴や好みを分析した上で、それに見合った商材を訴求することや情報を表示する手法です。
ECサイトなど顧客の購入履歴や閲覧履歴などのデータを活用してマーケティングをおこなっていきます。
一度利用したECサイトは、利用しやすいという顧客心理も働くので有効なダイレクトマーケティングの手法です。

Eメールマーケティング

Eメールマーケティングは、顧客にたいしてEメールを送付して商材を訴求するマーケティング手法のことです。
メールの内容を顧客に寄り添った文章にすることでダイレクトに訴求することができます。
コストが安く済むため、段階的にEメールを送付することで購買意識を高めることが可能なことや休眠している顧客を再発掘できるなどのメリットがあります。

郵送DM(ダイレクトメール)

郵送DM(ダイレクトメール)は、顧客に対してハガキや封書を使い、商材を訴求するマーケティング手法のことです。
Eメールなどインターネットを使ったダイレクトマーケティング手法と違い、スマートフォンやパソコンの利用頻度が少ない高齢者層にアプローチできます。
郵送代や印刷代などコストは多少かかりますが、手に取って内容を見た場合には受け入れやすいというのが特徴です。

テレマーケティング(電話、FAX)

テレマーケティング(電話、FAX)は、電話やFAXを活用し顧客に直接、商材を訴求するマーケティング手法のことです。
電話の場合は直接、顧客とコミュニケーションが取れるので、リアルタイムでその人に合ったアプローチすることが可能になります。
顧客一人ひとりに合った提案ができるので、アプローチ次第では成約率が上がりやすいというのが特徴です。

ダイレクトマーケティングを行うメリット・デメリット

ここでは、ダイレクトマーケティングを行う際のメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

ダイレクトマーケティングのメリット

費用対効果が高い傾向にある

ダイレクトマーケティングは費用対効果が高い傾向にあります。
マスマーケティングに比べると飛躍的に広告費が抑えられ、成果につながる割合が高いというのがメリットです。
ダイレクトマーケティングの手法にもよりますが、少人数で効率的にマーケティングが可能になります。
メールマガジンや各DMがセールスの役割を担ってくれるというのがその理由です。

改善を繰り返して効果を高めやすい

ダイレクトマーケティングは、反応や効果のデータを集めやすいので改善を繰り返して効果が高めやすいというのが特徴です。
施策の度に効果測定を行いながら進めることが可能なため、繰り返すほど成果が上がりやすくなります。
上記であげた通り、コストも抑えることもできるので顧客のニーズを的確に捉えて、利益向上へつなげることが可能です。

安定的な収益性が見込める

ダイレクトマーケティングは、繰り返し行うことやデータを分析することで、ある程度の成果予測が立てやすくなります。
求める成果に対して、行うべき施策内容や量の目処を立てやすくなります。
そのためサブスクリプション型のサービスなど、ストック型のビジネスと相性が良く安定的な収益性が見込めます。

ダイレクトマーケティングのデメリット

効果が出るまでに時間が必要

ダイレクトマーケティングは効果が出るまでにある程度時間が必要です。
対象を絞っているためや分析にある程度の時間を要するため、マスマーケティングのような即効性は期待しにくいです。
手法にもよりますが、顧客に対して段階的に購買意欲を上げていくような形になります。
このようなこともあり一定の期間に渡り施策を継続することが重要です。

マーケティング施策に工夫が求められる

各顧客のニーズに合わせて施策を検討する必要があるためマーケティング施策に工夫が求められます。
例えば、思うような成果が見られない場合にアプローチ方法を変える、メールマガジンやDMの文面を変えるということが挙げられます。
また、一度のアクションにせずデータなどから常にアプローチを検討する必要があります。

ダイレクトマーケティングに強いおすすめの支援会社6選

ダイレクトマーケティングの運用を全て自社だけで完結できるのがベストですが、支援会社に依頼するのも方法の一つです。
コンサルや業務のアウトソーシングを含めて、おすすめのダイレクトマーケティングに強い支援会社を紹介します。

電通デジタルマーケティング

電通デジタルマーケティングは、集客構造や収益モデルなどから多角的にダイレクトマーケティングを支援してくれます。
同社が持つ豊富な経験やデータを基に顧客から選ばれる商材になるよう分析し成果を上げていくのが強みです。
データ分析から予測や改善、顧客育成を効果的に行ってくれます。
また、広告運用から代行までも相談できるのが大きなメリットです。
料金は、見積もりを依頼してご確認ください。

ワンスター

ワンスターは、デジタルに特化したダイレクトマーケティング支援を行う支援会社です。
商材が持つ魅力を最大限に顧客に届けるために、さまざまな角度から分析し最適な形でマーケティングを行ってくれます。
特にサブスクリプションモデルに関して豊富な経験とデータを持ち合わせているので、そのような商材を効果的にアプローチしたい場合におすすめです。
料金は、見積もりを依頼してご確認ください。

ダイレクトマーケティングゼロ

ダイレクトマーケティングゼロは、通販事業を中心に全てのダイレクトマーケティング事業をトータルでサポートしてくれる支援会社です。
改善点を的確にピックアップして販売戦略策定からKPI策定、コミュニケーション戦略、システムやバックヤードの構築・効率化まで、ワンパッケージで行ってくれます。
通販売上伸長率ランキングなどで常にトップクラスを維持するサービスは郡を抜いており、結果にコミットさせる内容には定評があります。
大手通販メーカーなどにも実績が多数あり安心してコンサルを依頼できるのが強みです。
料金は、見積もりを依頼してご確認ください。

インターペーパー

インターペーパーは、紙媒体を活用したマーケティングを提案してくれる支援会社です。
郵送DMをはじめ、新聞や雑誌、フリーペーパーなど紙媒体を使い、顧客の購買意識が高まるよう、トータルでサポートしてくれます。
商材のターゲットが、あまりインターネットを活用しない世代の場合には特に効果を発揮してくれのでおすすめです。
料金は全て成果報酬なので費用対効果も高く(レスポンスのあった場合のみ費用が発生する)単価はクライアント側が予算に合わせて決められるようになっています。

DeeTeller(ディーテラー)

DeeTellerは、デジタルマーケティングに関するコンサルティングを中心にあらゆる業務をサポートしてくれる支援会社です。
現状行っている業務を細かく拾い上げ、問題点を改善し成果に導いてくれます。
メディアの選定やディレクション、クリエイティブの品質管理など、内部からでは気付かないような内容も直ちに見つけてCVに結びつけてくれます。
料金は、コンサルする内容や依頼するアウトソーシング業務によってプラン分けされている仕組みです。
広告運用のみを依頼することも可能になっています。

タナベ経営

タナベ経営は、多くのコンサル実績を基にしてデジタルマーケティング業務をサポートしてくれる支援会社です。
様々な切り口から多角的にデータを分析し、顧客にあった改善策で徹底的に成果を目指してくれます。
改善点や成功ポイントを明確化してわかりやすく施策内容を提案してくれるので、納得して施策に打ち込むことが可能です。
スタートアップにも定評があるのでダイレクトマーケティング運用を一からはじめたいという企業にもおすすめできます。
料金は、見積もりを依頼してご確認ください。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索だけでは見つけにくい最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

また、自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

最新SaaS情報をお届するニュースレター登録

「デジタルの新陳代謝を促す」をテーマに、SaaSDXの厳選した最新情報をお届けします。

DeeTeller マーケティング「各種コンサルティングプラン」

Webサイト来訪企業の見える化

営業のデジタルシフトコンサルティング

Webマーケティング診断

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事