動画制作とは 動画広告の重要性と制作までの流れ

この記事では広告における動画制作について解説します。

近年、スマートフォンの普及により、インターネットを使ったデジタル広告の重要性が増し、市場も拡大しています。

そして、デジタル広告の中でも特に注目度を高めているのが動画広告です。

動画広告は、「商品特徴が伝わりやすい」、「記憶に残りやすい」など、多くの特徴があります。

そのため多くの企業が動画広告の出稿を増やしてきていることもあり、動画制作を理解しておくことは必須とも言えるようになりました。

ここでは動画制作が注目される背景や、動画制作の行程や必要な期間などを詳しく紹介していきます。

目次

動画制作とは

動画制作とは、その言葉どおり動画を制作することを言います。企業による動画広告もあれば、個人によるプライベートな動画制作までその意味は様々です。

最近では、動画配信サイトやニュース等のメディアサイト、SNSなどで配信する広告動画を​​制作する企業も増えてきています。

広告動画を制作する方法としては、自社で制作する、広告代理店に依頼する、映像制作会社に依頼するなどが挙げられます。

商品やサービスのターゲットやコンセプトなどを元に動画を制作するのはTVCMと一緒ですが、不特定多数に向けて商品を訴求する目的のTVCMとは違い、直接ターゲットのアクションを促す目的で制作されることが多いのが動画広告です。

また、動画広告は、再生数や問い合わせ件数がリアルタイムで確認できるので、広告の結果を測りやすいというメリットもあります。

動画制作を依頼する際には、商品やサービスの概要やコンセプトだけではなく、ターゲットは誰か、どのような目的なのかなど、一歩踏み込んだ内容を伝えることが大切なポイントです。

動画制作が注目される背景

動画制作が注目される背景には、やはり動画広告市場の拡大があります。

動画広告市場が拡大した理由は大きく3つ。

1つ目はスマートホンの普及。画面サイズが大きくなり、動画を視聴しやすくなったためです。

2つ目はSNSの利用率の向上。現在ではInstagram、TwitterなどのSNS様々なプラットフォームメディアで動画広告が採用されています。

3つ目は通信回線が5Gへと移行していくこと。通信速度が格段に向上することで、Wi-Fi環境がなくとも動画を視聴することができるようになります。

若い世代のTV離れが進む中、インターネットにおける動画広告の重要性はさらに高まっています。他のデジタル広告同様、年々市場が拡大されていて、広告主である多くの企業が注目しているのです。

動画広告の強みと特徴

動画広告はテキストや画像だけの静止画と比べて、印象に残りやすいという特徴があります。

人間は動くものに自然と注目するので、より印象に残りやすく記憶に残りやすくなるためです。

細かい説明が必要な商品なども、テキストの場合は説明も長くなり伝わりにくいですが、動画広告だと短時間で多くの情報を伝えることができます。

また、視覚だけでなく音楽を使って視覚にも働きかけることができるのも大きな特徴の一つです。

動画広告を配信するプラットフォームは様々ですが、ユーザーのほとんどが能動的にそのコンテンツを視聴している最中に広告を見るので、より注目度が高くなるのも特徴的です。

インターネットで配信するデジタル広告全般に言えることですが、動画広告はほぼリアルタイムで、広告に対する成果を確認できるのは大きな強みです。

CTR(Click Through Rate)CPM(Cost Per Mille)CVR(Conversion Rate)等を確認しながら、成果に向けてその都度、改善や対処をしながら広告を運用して成果につなげることが可能になります。

動画制作にかかる期間

動画制作にかかる期間は、発注してから1ヶ月から3ヶ月かかる場合が多いですが、動画の内容や長さによっても制作にかかる期間は大きく変わります。

平均すると1ヵ月半位と想定すると良いでしょう。

動画の種類には実写やアニメーション、CGなどがあり、これらを組み合わせて動画を制作することもあります。

種類によって行程に違いがあるので期間の幅にも違いが出てきます。

目安としては、広告代理店もしくは制作会社との打ち合わせに1~2日、その後に絵コンテなどの企画書がフィードバックされるまで5~7日くらいを見ておきましょう。

ここで動画のコンセプトや構成に修正がある場合は、改めて打ち合わせをして内容を詰めていき、イメージ通りの動画になるようにしていきます。

絵コンテが出来上がると撮影にはいります。実写の場合は1日~2日で終わることが多いですが、アニメーションやCGの場合は1週間以上かかることが多くなります。

また、実写とアニメーション・CGを組み合わせるような動画制作の場合はさらに編集に時間がかかることが多いです。

撮影が完了すると動画編集に5日前後かかり、完成すると初稿提出されます。

試写をし、内容やテロップ、音楽等を確認し、修正がある場合はここからさらに5日前後かかることを想定することが必要です。

また、修正の内容や回数によってさらにこの期間は長くなります。

ここまでの行程を終了して、納品されます。

制作会社へ依頼する際の動画制作の流れ

動画制作を広告代理店や制作会社に依頼する際の流れがどういうものかここで紹介します。

打ち合わせ

広告代理店や動画制作会社に依頼をし、担当者との打ち合わせをしていきます。

ここでは主に、動画の目的やターゲット、伝えたい情報などをなるべく具体的に担当者に伝えることが必要です。

また、どのような動画をイメージしているかも詳細に伝えるようにしましょう。

最初の打ち合わせで、どのような動画にしたいのかのイメージの共有がずれてしまうと、出来上がりが違う動画になることや、修正が多くなり納期が長くなる可能性があるからです。

また、動画制作の予算や納期なども事前に伝えておくことも必要になります。

企画立案

動画制作会社は、依頼主と打ち合わせた情報を元に、動画制作の企画立案を提案します。

企画書は、ラフコンテや絵コンテなど、完成した動画をイメージしやすい形で提出されることが多いですが、専門性が高い場合や内容が複雑な場合は、最初にテキストコンテなどから始まる場合などもあります。

また、正確な予算や動画制作の期間なども提示されるのでしっかりと確認することが大切です。

イメージと違う場合や、修正が必要な場合はこのやり取りを繰り返して納得できる形にしていきます。

撮影

撮影場所の準備や出演するキャストやスタッフの手配などは、基本的には制作会社が行ってくれるので基本的に依頼主側はノータッチな場合が多いです。

撮影に立ち会いする場合は、モニターなどで撮影の様子を確認しながら立ち会うことになります。

外での撮影などは、天候や不測の事態を考慮して予備日が組まれることもあります。

編集

撮影が終了すると動画編集に入ります。またアニメーションやCGの場合は絵コンテなどが決定すると制作に入り、完成後編集に入ります。

この時点でナレーションや音楽、テロップなどを映像ディレクターやエディターが、仮で入れていくのでその都度やり取りをして完成に近づけていくイメージです。

編集が完成するとナレーション収録になります。立ち会える場合は立ち会い、商品名やサービス名のイントネーションなどを確認し、細かな部分を修正していきます。

チェック

編集が完成した動画を全編通して確認しながらチェックしていき、改めて修正がある場合は、その旨を担当者に伝えて修正を依頼します。

細かな部分ですが指定した映像フォーマットであるか、動画の長さは指定した長さになっているかなどもチェックすることが大切です。

納品

最終チェックが済むと、納品されます。納品方法はオンラインの場合もあれば、DVD・ブルーレイなどのメディアで納品されることもあります。事前に希望を伝えておきましょう。

納品された動画がきちんと再生できるか確認し、念のため広告を配信するプラットフォームで再生可能かを確認することも大切です。

万が一再生できない場合は、担当者に連絡し原因を究明してもらうことや、必要であれば再納品してもらうようにします。

まとめ

  • 広告動画の制作は、広告代理店や動画制作会社に依頼するのが、一般的です。
  • デジタル広告の市場は年々拡大しており、その中で動画広告を採用する企業も多くなっています。
  • 動画広告はYoutube等の動画プラットフォームばかりではなく、ニュースサイト等のメディアやSNSでも一般化していて、動画広告の重要性や広がりを見せています。
  • 動画制作は依頼してから概ね1ヶ月~2ヶ月位かかり、内容や行程によってはさらにかかる場合もあります。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2019年新卒にて広告代理店に入社。
2年半の営業経験を経てPerformanceTechnologies株式会社に転職し現在に至る。
メディア事業部にてミツカルのプロデュースに従事。
座右の銘は「智慧は心の光」

絞り込み検索

目次