SNSマーケティングおすすめの支援会社11選!SNS活用の重要性と注意点を解説。各社の比較表あり。

目次

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)マーケティングは、Facebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどのソーシャルメディアプラットフォームを利用して、製品やサービスをプロモーションするマーケティングです。

  1. コンテンツマーケティング
    • SNS上でシェアする価値あるコンテンツを作成し、フォロワーとのエンゲージメントを促進します。これはブログ記事、情報画像(インフォグラフィック)、ビデオ、ポッドキャストなど、多様な形式のコンテンツを含みます。
  2. インフルエンサーマーケティング
    • 特定の分野で影響力のある人物に製品やサービスをプロモートしてもらう手法です。これにより、広範で信頼性のあるオーディエンスにアクセスできます。
  3. 広告
    • SNSプラットフォームでは、様々な形式の広告(画像広告、ビデオ広告、カルーセル広告、ストーリー広告など)を利用して、特定のターゲットオーディエンスに製品やサービスを直接プロモートすることができます。
  4. ユーザー生成コンテンツ(UGC)
    • ユーザーが自分の体験をシェアすることを奨励することで、ブランドへの信頼性とエンゲージメントを向上させます。
  5. ソーシャルリスニングとリアルタイムエンゲージメント
    • ユーザーのフィードバックやメンションを追跡し、リアルタイムで対話することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、ブランドロイヤリティを構築します。

これらの手法は、特定のゴール(ブランド認知の向上、ウェブサイトへのトラフィックの増加、新製品のローンチ、売上の増加など)に対して、戦略的に組み合わせて使用されます。

効果的なSNSマーケティングは、適切なターゲットオーディエンスに対して適切なメッセージを送ること、そしてそのコミュニケーションを通じてブランドの価値を伝え、顧客との深い関係を築くことです。SNSマーケティングは、ブランドと顧客との間の対話とエンゲージメントを促進するので、単なる商品の販売だけでなく、ブランドのストーリーテリングや価値提案の伝達、顧客との関係構築に非常に有効です。

SNSマーケティングで考えるべきポイント

企業のSNSマーケティングで考えるべきポイント

SNSを活用し成果をあげるためには、ポイントを抑えた運営が必要になります。ここでは項目別にその内容を解説し、企業がSNSを運営する際に考えるべきポイントを解説します。

目的を明確にする

企業でSNSの運営をする場合は、まずその目的を明確にすることが大切です。

SNSマーケティングの出来ることは、「商品のプロモーション」「ユーザーとのコミュニケーション」ブランドイメージの構築」など多岐にわたります。全てが運営する上で大切なことではありますが、運営する「目的」は明確でなければいけません。

SNSマーケティングを効果的に行うためには、投稿内容や頻度、ブランディングを上手く運用する必要があります。そのためには、何を一番の目的にするか明確にすることが必要です。

最適なSNSを選定する

SNSには、TwitterやInstagramなど様々な種類があります。それぞれで特徴や特色があり、目的に応じて最適なSNSを選定することが必要です。ユーザーの属性一つとっても、若年層が多いSNS、ビジネス層が多いSNS等、様々な違いがあります。

それぞれのSNSごとに特色が違うので総合的に判断する必要がありますが、明確にした目的に応じて最適なSNSを選ぶことが大切なポイントとなります。

アカウントの人格を固める

SNSマーケティングで成果をあげるためには、アカウントの人格を固める必要があります。一人称や文体が投稿によってバラつきがあるよりは、常に変わらないキャラクターを維持した方がユーザーからの認知度は高まりやすいと言えます。

アカウント開設の際にどのような投稿内容にするか、主語は企業全体かSNS運用の担当者か、硬い文章にするかフランクな文章にするかなど、細かく設定しておくと良いでしょう。

SNSはお互いの顔が見えないコミュニケーションになるので、人格がしっかりしている方が安心できるというのもポイントになります。

SNSマーケティングのメリットである、「ユーザーの本音が聞ける」「コアなファンが構築出来る」を得るためには重要な部分と言えるでしょう。

最適な頻度とタイミングを見極める

SNSマーケティングでは、最適な頻度とタイミングで投稿することが成果をあげるために必要です。コアなファンや有益な情報であればユーザーは、投稿を心待ちにすることになります。そのため、投稿されるタイミングや頻度はとても重要です。

ある程度、決まった頻度やタイミングで投稿されれば、ユーザーは閲覧することが習慣化され、それだけ安定した閲覧数につながります。また、ターゲットによってSNSの利用時間にもバラつきがあります。

運用目的のターゲティングに対して、最適な頻度とタイミングを見極めて投稿することは、成果をあげるための大きなポイントと言えます。

各SNSの特徴

各SNSの特徴

SNSは、それぞれで特徴が違います。ここではSNSマーケティングを行う際の各SNSの特徴を解説していきます。

Instagram(インスタグラム)

Instagram

特徴

Instagramは、ユーザーが写真やビデオを投稿し、それらをフィルターやタグで編集してシェアすることを中心にしたソーシャルメディアプラットフォームです。ユーザーは他のユーザーをフォローし、その投稿を「いいね!」したりコメントしたりすることができます。また、ストーリーズ機能を使って、24時間だけ表示される短いビデオや画像を共有することもできます。

ユーザー層

Instagramは、比較的若年層の女性に人気が高い、画像や動画を中心としたSNSです。Instagramで多くのフォロワーやファンを持つ「インスタグラマー」は、高い影響力と閲覧数を持ち、その投稿は多くのユーザーに影響を与えています。

マーケティング手法

インスタグラムは視覚的な要素が強いため、製品やサービスを魅力的に見せることができる高品質な写真やビデオを使用することが効果的です。また、ユーザーエンゲージメントを促進するために、ユーザーとの対話を促すキャプションやハッシュタグを使用することも推奨されています。さらに、インスタグラムのストーリーズ機能を使用して、限定的なコンテンツを提供したり、裏側の様子を見せたりすることも有効な手法です。

特にブランドやビジネスにとって、インスタグラムのショッピング機能は非常に有用です。これにより、ユーザーはインスタグラム上で直接製品を購入することができます。これにより、購入までのステップを簡素化し、より多くの販売機会を生み出すことができます。

Twitter(ツイッター)

Twitter(

特徴

Twitterは短いテキストベースの投稿(ツイート)を特徴とするプラットフォームで、リアルタイムの情報共有と議論の場として広く利用されています。ハッシュタグを使用して特定のトピックを追跡することも可能です。

ユーザー層

若年層と中年層のユーザーが主ですが、各種業界の専門家や有名人も活発に使用しています。

マーケティング手法

ブランドの認知を高めるためのツイート、ハッシュタグキャンペーン、インフルエンサーマーケティング、リアルタイムのカスタマーサービスなどが効果的です。

インプレッションやクリック率などの成果は「Twitterアナリティクス」で確認することが可能なので、データを見ながら効果的な運営をすることも可能です。

「Twitter広告」以外は無料で利用が可能であり、運用次第ではプロモーションやブランドイメージアップなどのマーケティングを網羅できます。

注意点として、拡散力が高いが故に、ネガティブな情報もあっという間に拡散されてしまうので常に「炎上」のリスクがあります。手軽に利用できる反面、運用にはTwitterの特性を熟知して慎重に行わなければならず、その人材や時間の確保などが必要なSNSです。

LINE(ライン)

LINE

特徴

LINEは、無料でテキストメッセージや音声・ビデオ通話が可能なコミュニケーションアプリで、特にアジア地域で広く利用されています。また、スタンプや絵文字を送信することで、表情豊かなコミュニケーションが可能です。さらに、LINEは決済機能(LINE Pay)、ニュース配信、タクシーサービス、飲食店予約など、さまざまなライフスタイルに関連したサービスも提供しています。

ユーザー層

特にアジア、そして日本で広く利用されていて、幅広い年齢層のユーザーがいます。若者からシニア層まで、日常的なコミュニケーションツールとして利用されています。

マーケティング手法

  1. 公式アカウント
    • 企業やブランドはLINEの公式アカウントを開設し、ユーザーとダイレクトにコミュニケーションを取ることが可能です。新商品の情報やキャンペーン情報などを直接ユーザーに送ることができます。
  2. LINE広告
    • LINEは広告プラットフォームも提供しています。ユーザーの興味や行動履歴に基づいてターゲティングした広告を表示することが可能です。
  3. スタンプ:。
    • 企業やブランド固有のスタンプを作成し、ユーザーに提供することでブランドの認知度を上げることができます。
  4. LINE Pay
    • LINEの決済サービスを活用することで、商品の販売やキャンペーンの実施が可能です。
  5. LINEニュース
    • ブランドや企業のニュースを配信することで、ユーザーに情報を直接届けることができます。

最近では購入前の問い合わせなどの顧客対応の窓口にLINEを取り入れるなど企業も多く、利用ユーザーの多さを利用して、マーケティング以外の活用法も注目されています。

Facebook(フェイスブック)

Facebook

特徴

Facebookは、ユーザーが友人や家族、同僚とつながり、写真やビデオを共有し、グループを作成し、イベントを計画し、ビジネスページを作成し、ニュースフィードで最新情報を確認することができる広範なソーシャルネットワーキングプラットフォームです。Facebookは、ビジネス、ブランドが広告を作成し、セグメントされたユーザーグループにターゲットを絞ったメッセージを送ることができる広範な広告ツールも提供しています。

ユーザー層

Facebookは広範な年齢層と地理的な範囲をカバーしています。特に、30歳以上の年齢層が多く、ビジネスやブランドとの接触を好む傾向があります。

マーケティング手法

Facebook広告、ビジネスページの運営、投稿のスケジューリング、ユーザーエンゲージメント(いいね!、コメント、シェア)の促進、リターゲティング広告、カスタムオーディエンスの作成などがあります。

Facebookは、30代以上のビジネス層の利用が多いSNSです。実名での登録になるため、ユーザーと信頼性の高いやり取りが可能であり、Twitterと比べると炎上リスクが少ない特徴があります。

TikTok(ティックトック)

TikTok(ティックトック)

特徴

TikTokは、15秒から60秒の短いビデオコンテンツを共有するプラットフォームで、音楽やダンス、コメディ、教育などさまざまなジャンルのビデオが投稿されています。利用者は、自分のビデオを撮影してアップロードするだけでなく、他の人のビデオに対してリアクションビデオを作成したり、他のビデオとデュエットを作成したりすることも可能です。また、AIを活用したパーソナライズされたフィードが提供されており、個々のユーザーの好みに合わせてコンテンツが表示されます。

ユーザー層

TikTokのユーザー層は主に若者で、特に10代から20代のユーザーが多く利用しています。しかし、その魅力は年齢を超えて広がりつつあり、中高年層のユーザーも増えています。

マーケティング手法

  1. インフルエンサーマーケティング
    • TikTokには多くのインフルエンサーが存在しており、彼らと提携して商品やサービスを宣伝することが一般的です。
  2. ユーザー生成コンテンツ
    • :TikTokの特性上、ユーザー自身がコンテンツを作成しやすい環境が整っています。これを利用して、ブランドや商品をテーマにしたチャレンジを設けることで、ユーザー自身がブランドのプロモーションを手伝う形になります。
  3. 広告
    • :TikTokはさまざまな広告形式を提供しています。例えば、全画面表示のインフィード広告、ハッシュタグチャレンジ、ブランデッドエフェクトなどがあります。
  4. 教育コンテンツ
    • :TikTokでは教育的なコンテンツも人気があり、商品の使い方を説明するビデオや、ブランドの価値を伝えるストーリーテリング形式のビデオなどが効果的です。

社内で行うか代行サービスに頼むか

社内で行うか代行サービスに頼むか

昨今においてSNSを活用したマーケティングは不可欠といえ、非常に高い効果が可能なマーケティング手法ですが、運用に知識と時間が必要なマーケティング手法です。

そのための人材や部署、時間が無い場合は新たに確保するか、できない場合は「SNS運用代行」サービスに依頼しなければいけません。

それぞれでメリット・デメリットがあり、目的に応じて選択する必要があります。コストもどのくらいの範囲を依頼するのかで、大きな開きがあるので目的とする成果に対してのバランスも必要です。

記事作成や投稿だけを依頼するのか、投稿に対する返信からレポート分析まで全て依頼するのかで、運用スタイルも変わります。社内で行うか代行サービスに頼むかは、SNS運営する目的や重要度、緊急性など総合的に判断して選択することが大切です、

SNS運用代行サービス選びのポイント

SNS運用代行サービス選びのポイント

SNS運用代行サービスに依頼する時には、「同業種での実績」「費用の明確さ」「担当者のレスポンス」をポイントにすると良いでしょう。

SNSマーケティングは、業種によっても運用が変わるので、その業種でどのくらいの実績があるかを確認することが大切です。

費用はどのくらいかかるのかを確認するのはもちろんですが、イレギュラーがあった時の費用や、メンテナンス料金など細かい部分まで確認することが必要になります。

また、複数の代行サービス会社と比較して適正な価格かを確認することも大切でしょう。SNS運用代行サービスに依頼する際には商品やサービスの内容、成果の確認など担当者と密に連絡を取り合い結果につなげることが重要になります。

担当者との連絡方法や、レスポンスの確実さもSNS運用代行サービス選びのポイントになります。

おすすめのマーケティング支援会社11選

おすすめのマーケティング支援会社9選

ハーマンドット:SNSアカウント運用サービス

SNSアカウント運用およびSNS広告運用で多くの実績を誇る、株式会社ハーマンドットが提供する「SNSアカウント運用サービス」は、その名の通り、SNSアカウントの運用を代行してくれるサービスです。

投稿コンテンツの企画提案から配信、コメント返信の代行までプロのコンサルタントがワンストップで代行。月毎の分析レポートでは、課題や今後の運用方針などの提案もあるので、効率的にPDCAをまわすことができます。対応のプラットフォームもInstagram、Twitter、YouTube、TikTokと網羅し、扱うジャンルもファッション、美容はもちろん、飲食店、観光地、イベントなど幅広いため、多くの企業から依頼を請けています。

メインSNS: Instagram、Twitter、YouTube、TikTok

支援形式:ディレクション型

実績数:非公開

費用:

(ライトプラン)月額費用 88,000円 [税別]/投稿回数 8 回/月

(スタンダードプラン)月額費用  298,000円 [税別]/投稿回数 12 回/月

(プロプラン)月額費用 450,000円[税別]/投稿回数 12 回/月

「SNSアカウント運用サービス」公式サイトはこちら

INFLUENCER BANK:インフルエンサーワークス

インフルエンサーバンクはベクトルグループが提供するインフルエンサーマーケティングサービスです。

インフルエンサーワークスやライブ配信を軸にしたサービスで、中長期にわたり高い競争力を保てるようなブランドコミュニティ戦略をベースに、最適なインフルエンサーマーケティングを提供します。

インフルエンサーのネットワーク数は国内最大級の10,000名以上。

【Influencer Woks】

月額定額プランでインフルエンサーへ商品PRを依頼し放題です。

インフルエンサーの選定、依頼事項、スケジュール管理、下書き確認までを、一括管理できるプラットフォームになっています。

メインSNS: Instagram、Twitter、YouTube、TikTok

支援形式:プラットフォーム型

費用:要お問い合わせ

サイバーエージェント

サイバーエージェント

SNS含めデジタル広告の総合代理店。
戦略設計、クリエイティブ、運用から効果測定まで、ワンストップで対応。

https://www.cyberagent.co.jp/service/internetad/

AIやインフルエンサーを活用した最先端のテクノロジーとの組み合わせ施策を実行。

ソーシャルワイヤー

ソーシャルワイヤー

アットプレスやNEWSCASTなどのプレスリリース配信エンジンを運営しており、PRやインフルエンサー施策と掛け合わせたSNS運用が実現できる。

https://www.socialwire.net/service

コムニコ

コムニコ

これまで大手企業を中心に、1,440件(2013年4月から2022年3月までの累計)の運用支援実績がある。

社会的な責任がともなう大手企業として、災害やトラブル発生などにも適切に対応できる。

https://www.comnico.jp/

ライトアップ

ライトアップ

SNS運用だけの専任担当をつけないことが特徴で、コンテンツマーケティングの多角的な視点から企画・提案できるよう、SNS領域にとどまらず、メルマガやWebコラム、診断コンテンツ、LP・サイト構築など幅広い案件をカバーする。

https://www.biz4.jp/social_media

メンバーズ

ソーシャルメディアマーケティング黎明期からFacebookマーケティングで着実に実績を積んできた企業で、効果がわかりにくい、SNSマーケティングのROIを測定することにコミットしている。

https://www.members.co.jp/

Tenmu

メンバーズ

少数精鋭のチームとリーズナブルな価格で比較的小規模のSNS運用にも対応している。

フルスピード

サムライと

SNSで投稿するコンテンツとして、最大の引きである画像や写真を、専属のクリエイターが制作。

https://growthseed.jp/service/sns_consulting/

プロジェクトカンパニー

マーケティングDXの総合ソリューションカンパニー。データドリブンなSNS運用に加え、CRMやMAの導入支援を行っている。

https://projectcompany.co.jp/

ガイアックス

企業のSNS活用に関するノウハウの蓄積とデータ分析を行い、自社メディアである「ソーシャルメディアラボ」のコンテンツとして公開。それを活用したSNSコンサルや運営代行を実現。

https://www.gaiax.co.jp/portfolio/

SNSマーケティング支援会社 比較表

会社名:サービス名特徴
ハーマンドット:
SNSアカウント運用サービス
SNSの運用代行サービス。
対応するプラットフォームも
Instagram、Twitter、YouTube、TikTokなど多彩。
企画からレポートまでワンストップでの依頼が可能。
INFLUENCER BANK:
インフルエンサーワークス
インフルエンサーのネットワーク数は国内最大級の10,000名以上。
月額定額プランでインフルエンサーへ商品PRを依頼し放題。
インフルエンサーの選定、スケジュール管理、下書き確認までを一括管理。
サイバーエージェント最先端のテクノロジーを活用。
戦略、クリエイティブ、運用、効果測定まで、
ワンストップで運用。
ソーシャルワイヤーPRと掛け合わせたSNS運用を実行。
コムニコトヨタ、キリン、富士通、森ビルなどの大手企業の実績が豊富。
ライトアップ診断コンテンツや取材インタビューの実施など、
SNSで話題になる施策も合わせて提案
メンバーズソーシャルメディアマーケティングROI最大化にコミット
Tenmu中小企業を中心としたSNS運用に特化
フルスピード専属のクリエイターによる高品筆の素材作成
プロジェクトカンパニーSNSマーケティングを起点に、CRMやMA導入支援。
ガイアックス企業のSNS活用に関するノウハウの蓄積を取材して獲得

SNSマーケティング支援会社の利用経験者アンケート

ミツカルは2022年12月に、日本全国の経営者1000名を対象としたSNSマーケティング会社の満足度調査を行いました。

SNSマーケティング支援会社会社の利用経験がある、と回答した119名に対して、契約しているSNSマーケティング支援会社の満足度を「戦略立案・コンサルティング」「企画プランニング・アイデア」「各施策の実行・成果」「効果測定・PDCAサポート」「費用」の5項目で尋ねました。

最も高い満足度となった項目は「企画プランニング・アイデア」と「各施策の実行・成果」です。全体の42%が「非常に満足している」「満足している」と回答しました。一方で、最高い不満度となった項目は「費用」です。全体の22%が「非常に不満」「不満」と回答しました。

企画面や、施策の実行面では一定評価を獲得している一方で、費用対効果の効果を実感していない方も一定数いるようです。

まとめ

・企業のSNS運営は「目的を明確にする」「最適なSNS選定」「アカウントの人格を固める」「最適な投稿頻度とタイミング」がポイントです。

・SNSマーケティングは目的に応じて各SNS特性・特徴を理解して選定、運用する必要があります。

・SNSマーケティングは運用に知識と時間が必要なマーケティング手法です。

・SNSマーケティングの成果をあげるためには、SNSを効果的に運用できる知識を持った人材や時間の確保が必要になります。

・SNSマーケティングを社内で行える状況にない場合は、SNS運用代行サービスに依頼する方法があります。

・SNSマーケティング支援化社選びは「同業種での実績」「費用の明確さ」「担当者のレスポンス」がポイントになります。

執筆者プロフィール

ミツカル編集部:ヤマグチ チズル

美大卒業後、広告制作会社を経て、大手出版社で週刊誌&月刊誌の編集を担当。その後、女性系Webメディアの立ち上げ、キュレーションアプリの運営に携わる。2023年よりベクトルグループのパフォーマンステクノロジーズ社に参画。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美大卒業後、広告制作会社を経て、大手出版社で週刊誌&月刊誌の編集を担当。その後、女性系Webメディアの立ち上げ、キュレーションアプリの運営に携わる。2023年よりベクトルグループのパフォーマンステクノロジーズ社に参画。

絞り込み検索

目次