【最新版】SEOツールのトレンドワードとおすすめのSEOツール10選を紹介

目次

SEOツールとは


SEOは英語の「Search Engine Optimization」の略称で、日本語では「検索エンジン最適化」の意味。GoogleやYahoo!などの検索エンジンの表示順位は単純な検索頻度ではなく、検索エンジンのAIが独自のアルゴリズムで決定しています。

ユーザーの検索結果で上位に表示されるサイトは、当然ながらアクセス数も増加。集客効果も向上します。そこで自社サイトが検索リストの上位に表示されるように最適化することを「SEO」(エスイーオー、またはセオ)と呼びます。

「SEOツール」は、SEO対策の効果的な実施を支援するためのツールです。スマホの普及でWEBによる情報検索が当たり前になった現代では、SEO対策の是非がWEBマーケティングの成否を決める最も重要なポイントといっても過言ではありません。

Webサイトのマーケティング効果を高めるには、消費者にとって魅力的なコンテンツを提示することはもちろんですが、それと同時にSEOツールで分析を行い、検索エンジンに高評価されるようにタグなどの改善や最適化を積極的に行なうことが大切です。

【2023年の最新SEO調査】Google検索上位キーワード


Googleのアルゴリズムや検索エンジン最適化の戦略は日々変化しており、ビジネスやウェブサイトの成功においては、最新のトレンドを把握することが不可欠です。まずは、2023年におけるGoogle検索上位キーワードを確認していきましょう。

株式会社フルスピードが2023年1月にPR TIMESを通じて発表した調査によると、検索順位1位は動画配信サイト「Youtube」となっています。2位には天気、オンラインでの買い物が普及しつつある現状からamazon、5位にラーメンなど、日常的に行動する際に検索されるワードをおさえて「Youtube」が1位になっている点から、その強さが見て取れます。トレンドワードはニュースに大きく左右され日々変わるものなので、必要なジャンルに絞って、ある程度の期間の計測をリサーチするのが良いでしょう。

参照:【2023年最新SEO調査】Google検索上位100キーワード(株式会社フルスピード調べ)|PR TIMES

【2023年のSEO調査】2023年のSEOのトレンドワード


次に、SEOに関するワードで現在特に注目を浴びているワードをいくつか紹介します。

VSEO

「VSEO」とは、「Video Search Engine Optimization」の略語で、ビデオコンテンツを検索エンジンでより効果的に表示させるための戦略や技術のことを指します。具体的には、YouTubeやGoogleなどの検索エンジンでビデオコンテンツが上位にランキングされるようにするための対策を含みます。

質の高い動画を作ることはもちろん必須ですが、現在Googleの検索エンジンでは、動画の内容までは判定できません。そのため、ビデオのタイトル、説明、タグなどに関連キーワードを適切に組み込み、ユーザーの検索クエリに応えるコンテンツを提供するなどの施策が必要です。また、多くの視聴者がアクセスできるよう、複数のプラットフォームで配信したり、口コミを多く生み出すことも重要です。

E-E-A-T

「E-A-T」とは、Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)という3つの概念をあらわす略語で、Google がWEBサイトのクオリティを評価する基準として掲げるガイドラインです。そこへ2022年、新たにExperience(経験)という要素が加わり「E-E-A-T」となり、この4つの概念がSEOを行なう上でとても重要と言われています。

「Expertise」は、サイトやコンテンツの作者が特定のトピックに詳しい専門家であること。「Expertise」は「専門知識」を意味する言葉です。

次に「Authoritativeness」は、サイトやコンテンツの作者が特定のトピックにおいて権威ある存在であること。「Authoritativeness」は「権威」を 意味する言葉です。

「Trustworthiness」はサイトやコンテンツの作者や運営者、およびサイトやコンテンツの内容が信頼できること。「Trustworthiness」は、「信頼性」を意味する言葉です。

最後に追加された「Experience」は、実際の経験を反映させたコンテンツが重要だということ。一般の評論や他の記事を要約した二次的な情報よりも、知識や経験が豊富な個人や、実際の経験に基づいた評論が高く評価されます。「Experience」は「経験」を意味する言葉です。

世界規模の検索エンジンを有するGoogleが掲げる。「E-E-A-T」という評価基準はいうまでもなく検索結果の表示順位に大きく影響します。SEO対策の観点からも、重要な管理指標として対応策を検討する必要があるのです。

SERP

「SERP」 とは、「Search Engine Result Page」の略語で、検索結果を表示するページのこと。GoogleやYahoo!でキーワードを検索したとき最初に表示されるページです。

SEO対策とはSERPの上位に自社サイトを表示させることでアクセス数の増加を図るための施策、ということができます。

最新おすすめのSEOツール・サービス10選

SEO初心者だが成果を極力早く出したい場合、やはり専門のサービスを利用することがおすすめです。ここでは、おすすめのSEO対策ツールを紹介いたします。

intimateSEO

「intimateSEO」はSEOコンサルティング歴16年以上を誇るディーエムソリューションズが提供するSEO対策&アクセス解析ツールです。

わかりやすい画面と専門家からのアドバイスが充実しており、SEO初心者でも簡単に使用することができます。チャットGPT連携で、コンテンツ見出し・コンテンツ作成補助として使用可能という新しい機能も追加。契約は1ヶ月単位、月額3万円〜と競合ツールにくらべて約3分の1程度の価格というコストパフォーマンスの高さも魅力です。

「intimateSEO」公式サイトはこちら

ブルースクレイ

「ブルースクレイ(BruceClay)」社は、全米でNo.1評価を獲得したSEOコンサルティングです。

検索エンジンマーケティングの本場米国で蓄積した、SEOのノウハウを惜しみなく提供。SEOの戦略立案から施策の実行までを一気通貫で支援します。

「ブルースクレイ(BruceClay)」の公式サイトはこちら

Semrush(エスイーエムラッシュ)

「Semrush」は、SEOをはじめSNSやWEBサイトなどオンライン領域でのマーケティング効果を調査・分析するツールです。

SEO対策の効果やSNSのデータ分析、他サイトからのリンク調査、競合他社のWEBサイトに関する調査などを行なえます。

「SEMrush」の公式サイトはこちら

SEARCH WRITE(サーチ・ライト)

「SEARCHWRITE」は、AIを活用して効果的なSEO対策を実現するSEOツールです。

さまざまな機能をシームレスに活用して、課題の抽出から施策の立案までを自動で行い、ひとつのワークフローで完結。サポート体制も充実しています。

「SEARCHWRITE」公式サイトはこちら

MIERUCA(ミエルカ)

「MIERUCA」は、検索ユーザーが求める情報を迅速に可視化してSEOの課題解決に最適なコンテンツ作成を支援するWEBマーケティングツールです。

コンテンツの改善に役立つ豊富な機能で、クリック率(CTR)を向上。競合サイトの分析調査も可能です。

「MIERUCA」公式サイトはこちら

Keywordmap(キーワードマップ)for SEO

「Keywordmap for SEO」は、定量データにもとづくSEO対策でWEBサイトの成長を支援するツールです。

分析対象のURLを入力するだけで、検索上位のキーワードを調査。高品質な分析は、コンテンツ制作やサイト構築、顧客調査などに役立ちます。

「Keywordmap for SEO」の公式サイトはこちら

Majestic(マジェスティック)SEO

「Majestic SEO」は、SEOで重要な指標とされる被リンク数や被リンク元ドメインなどを解析できる被リンク分析ツールです。

自社や競合サイトの被リンクを解析。基本データだけでなく独自の指標で多角的に分析してくれるのでドメインパワーを的確に把握することができます。

「Majestic SEO」公式サイトはこちら

Ahrefs(エイチレフス)

「Ahrefs」は、世界で60万人の導入実績を誇るSEO分析ツールです。

自社だけでなく競合サイトの被リンクも分析可能。SEOの上位表示コンテンツや流入キーワード、SNSの反応を把握できます。分析データはCSVファイルでダウンロード可能です。

「Ahrefs」の公式サイトはこちら

KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)

「KEYWORD FINDER」は、SEO対策に効果的なキーワードや検索順位の自動取得をはじめ、Googleアナリティクスを補完する独自機能まで、コンテンツマーケティングに役立つ機能を完備したSEOツールです。

SEO対策の簡易チェックも行なえます。

「KEYWORD FINDER」公式サイトはこちら

TACT SEO

「TACT SEO」は、多くのSEO歴14年、数千のコンサル支援実績を持つウィルゲートが作ったSEOツールです。

キーワード選定やSEO内部対策、外部対策、記事作成に必要なニーズの調査までをサポート。専任のカスタマー担当が電話やチャットなどで対応してくれるなどサポート体制も万全です。

「TACT SEO」公式サイトはこちら

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美大卒業後、広告制作会社を経て、大手出版社で週刊誌&月刊誌の編集を担当。その後、女性系Webメディアの立ち上げ、キュレーションアプリの運営に携わる。2023年よりベクトルグループのパフォーマンステクノロジーズ社に参画。

絞り込み検索

目次