ヘッドハンティングとは 注目される背景と強みや手法を解説

この記事ではヘッドハンティングについて解説します。

海外の企業では活発に行われてきていましたが、最近では必要な人材確保のための手法として、日本の企業でも採用されているのがヘッドハンティングです。

ここではヘッドハンティングについての内容や強み、主な手法を紹介していきます。

目次

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは、企業に勤めている優秀な人材を別の企業がスカウトすることを言います。

元々は海外の企業や外資系の企業で多く行われてきた手法でしたが、最近では日本の企業も多く取り入れるようになり、ヘッドハンティングの動きが活発になっています。

ヘッドハンティングの方法は、ヘッドハンティングに特化した人材派遣会社に依頼し、登録データベースから企業が求めるスキルを持つ適切な人材をマッチングさせるのが一般的です。

ヘッドハンティングされた人の報酬は、事前に一定の金額を受け取る場合や出来高制で受け取る場合があります。

また、報酬ばかりではなく、雇用条件や雇用環境においても、現在の職場よりも好条件の雇用になるような条件が提示されることが多いです。

ヘッドハンティングが注目される理由

ヘッドハンティングは、最近できた採用手法ではありませんが、なぜ今になって注目されているのでしょうか。

それは、時代の変化における様々な要因が理由になっています。順番に見ていきましょう。

デジタル分野での人材ニーズの増加

ヘッドハンティングが注目されている背景には、時代の急激な変化による人材ニーズの増加があげられます。

特に進化のスピードが速いデジタル分野での人材ニーズが強まり、企業の求める人材を育てるまでのスピードが追いついていないというのがその理由です。

ハードウェア・ソフトウェア共にデジタル分野では日々新しい技術や商品・サービスが開発されています。そのため企業においてデジタル分野で遅れをとるのは、死活問題です。

人材を育てるにしても、必要な部署を新設するにしても、スキルが必要であり、そのための人材は必要不可欠になります。その課題を解決するために、ヘッドハンティングが注目されていると言えるでしょう。

人材の流動化

以前は終身雇用が雇用形態の中心であり、同じ会社で長く勤めるという価値観は一般的でした。

しかし、昨今では様々な要因で働く人の意識変化が起こり、より良い条件を求める価値観が一般的になりつつあります。そのため、年々転職経験者の人数は増加傾向にあり、人材の流動化は大きくなっています。

そのような背景もあり、ヘッドハンティングにおいて転職するのに抵抗がなくなっているという理由があります。

企業の海外進出の活発化

ヘッドハンティングが注目される理由の一つに、企業の海外進出の活発化があげられます。

グローバル化が進む中、企業が海外にも拠点をもち、市場を広げるのは一般的になっています。そこで問題になるのが、その場所における優秀な人材の確保です。企業のグローバル化を進める中で懸念されるのが文化の違いやビジネススタイルの違い、一番の違いは言葉の違いになります。

これらの問題を解消してグローバル化を進めるための人材確保の手段として、ヘッドハンティングが注目されています。

ヘッドハンティングの強み

ヘッドハンティングを活用する企業が増えているのは、多くのメリットや強みがあるからです。

企業が問題や課題を抱えた場合、解決に向けて動くことが必要になります。この時、社内に解決できるスキルを持つ人材を抱えているならば問題ありませんが、多くの場合はその時点でつまずくことが多いです。特にデジタル分野の採用においては、専門的な人材を確保するのも簡単ではありませんし、その人材を育てるためにもスキルが必要です。

このような時に即戦力の人材を確保して問題・課題解決できるのはヘッドハンティングの大きな強みと言えます。

ヘッドハンティングの弱み

ヘッドハンティングには、その特性が故の弱みもあります。

一番の弱みは通常はかからない採用コストがかかることです。ヘッドハンター会社や転職エージェントに依頼した場合は、一般的に着手金と成功報酬が必要になります。通常の人材募集では掲載料や依頼料だけで済みますが、ヘッドハンティングでは他に着手金と成功報酬が別途必要になります。

その他の弱みとして、採用担当者の手間が余分にかかるということがあげられます。ヘッドハンティングで人材を確保するための打ち合わせ等のやり取りは、通常の採用方法より綿密に行う必要があります。

ヘッドハンティングの主な手法

ヘッドハンティングには、いくつかの手法があります。ここでは主な手法について、内容を解説していきます。

企業による直接スカウト

ヘッドハンティングをする手法として、企業の担当者が直接スカウトする方法があります。
取引先や関連会社など、スカウト先は様々ですが、エージェント等に依頼しない分コストが、かからないというメリットがあります。

また、実際に実績やスキルを目にしてのスカウトになるので、能力を把握しやすいことや条件さえ一致すれば、採用までの期間が短く済むのが利点です。

ヘッドハンティングする人材が、転職を考えている場合や、現状に不満がある場合は話しを進めやすいですが、タイミングや条件が合わなければ上手くいきにくいというデメリットもあります。

SNSを利用して直接スカウト

今や多くの人が活用しているSNSを利用して、直接スカウトする方法もあります。

TwitterやFacebookなどのSNSに公開されている過去の投稿から、その人物像やスキル、現在の状況を判断しオファーするという方法です。

条件を満たしているかをSNSに公開されている情報から判断するため、見極めが難しい、ということがありますが、直接やり取りすることによるメリットは多いと言えます。

デメリットとして、常にスカウトする人材を探さなければいけないことと、SNSで見せている部分と実際の人物とのギャップがある場合も多いということを考慮する必要があります。

ヘッドハンティング会社に依頼する

最も一般的なのが、ヘッドハンティング会社に依頼することです。

ヘッドハンティング会社のヘッドハンターは、前記したSNSや独自のデータベースなどを活用して、条件にあった人材をスカウトしてくれます。

コストが高くなるというデメリットはありますが、失敗が少ないヘッドハンティングの手法と言えるでしょう。

まとめ

・企業に勤めている優秀な人材を別の企業がスカウトすることをヘッドハンティングといいます。

・ヘッドハンティングが注目されているのは「デジタル分野での人材ニーズの増加」「人材の流動化」「企業の海外進出の活発化」が背景にあります。

・ヘッドハンティングは人材を確保して問題解決できることや、同業他社に採用活動を知られないという強みがあります。

・採用コストが余計に掛かることや、採用担当者の手間がかかるのがヘッドハンティングの弱みです。

・ヘッドハンティングの手法は「企業による直接スカウト」「SNSを利用して直接スカウト」「ヘッドハンティング会社に依頼する」というのが一般的です。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2019年新卒にて広告代理店に入社。
2年半の営業経験を経てPerformanceTechnologies株式会社に転職し現在に至る。
メディア事業部にてミツカルのプロデュースに従事。
座右の銘は「智慧は心の光」

絞り込み検索

目次