【保存版】競合分析の基本を徹底解説!おすすめの競合分析ツールも紹介

インターネットによってさまざまな情報が入手できる現在、顧客は商品やサービスを購入する前にこれらを提供する企業やサイトを比較します。このため、多くの競合が存在する中で埋もれないためには競合分析が欠かせません。

そこでこの記事では、競合分析の基本的な説明と、競合分析に役立つおすすめの競合分析ツールをご紹介します。

目次

競合分析とは

競合分析とは、同業他社や業界に関する調査をさまざまな観点から行うことです。競合分析を行うことより、市場のシェアや業界の相関関係を知り、自社の商品やサービスの立ち位置を明確にすることでどのような市場をターゲットにすれば良いかがみえてきます。このため、市場においてより多くの顧客を獲得し、生き残っていくうえで、ライバルとなる他社のリサーチを行う競合分析は必要不可欠といえます。

Competitor分析の重要性

Customer分析とは特定した競合他社の業績やPR活動、商品、販売手法の詳しい分析を行うこと。

まず、競合がその市場におけるトップ企業である「リーダー」、トップへ躍り出ようとする「チャレンジャー」、独自の路線を行く「ニッチ」、リーダーを模倣する「フォロワー」のどれに当てはまるのか「競合他社のポジション」を明らかにしなければなりません。そのうえで、他社との差別化や顧客獲得のためのPR活動など、戦略についての見通しを立てます。

また「戦略と根拠」に注目し、競合他社の論理的、物理的なマーケティングやオペレーションにおける戦略、さらにこれを支えるニーズとそれに対するバリューを特定することで、より正確な競合分析が可能になります。

また競合分析を行う前には、まず徹底した自社分析を行うことも重要です。

自社の長所・短所を把握しつつ、競合の詳細な分析結果を比較することこそ、市場でのチャンスを掴む最も大切な要素と言えるでしょう。

おすすめの競合分析ツール

競合分析は、競合分析ツールを利用することで、マーケティング戦略において見逃してしまいがちな競合他社のデータをより効率的に収集することができるようになります。また、競合分析ツールは競合他社を理解するだけでなく、自社のウェブパフォーマンスをモニタリングし、改善に役立つデータを発見することが可能です。こうしたツールは数多く存在するため、ここからは特におすすめのツールをピックアップしていきます。

SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWebは、URLを入力するだけで競合サイトのアクセス状況が把握できる競合分析ツールです。

Googlechromeのアドオンとして使用することで、ワンクリックで分析結果を得ることができ、UIの視認性も高いため導入のハードルが低くなっています。競合Webサイトの訪問者数や検索流入キーワード、流入元分析、Webサイトの順位など、さまざまな情報を取得でき、代表的な競合分析ツールとして知られています。

Keywordmap(キーワードマップ)

Keywordmapは、Googleの評価するコンテンツ要素を一目で分析できる競合分析ツールです。

コンテンツに適したキーワードや、掲載順位が上昇しやすいコンテンツなど、自社および競合サイトの強みを徹底的に分析します。さまざまな要素は簡単な操作で抽出でき、難しい設定や知識などは不要なため、マーケティング担当者のほかライターやブログ編集者からの評価も高いツールです。

i-catch(アイキャッチ)

i-catchは、TV番組分析からSNS分析まで幅広く対応するワンストップサービスです。

TV 番組で放映された情報やTVCM の出稿状況だけでなく、これらに対するSNS の反響を分析することができます。このため、宣伝やマーケティングの戦略策定、そして競合分析に活用可能です。

SEMrush(エスイーエムラッシュ)

SEMrushは競合分析のほか、SEO、PPC、キーワードリサーチ、SNS、PR、コンテンツなどに関する機能を備えたオールインワン型のデジタルマーケティングスイートです。

ツールキットを作成することにより、プロジェクトに有効なツールを選択することができるほか、競合リサーチ向けの専門キットも用意されています。有料プランではPro、Guru、Businessの3種類から、ビジネスニーズに応じた機能を選択することができます。

eMark+(イーマークプラス)

eMark+は、およそ20万人規模のモニターからWebサイト訪問者のユーザー属性を調査できる分析ツールです。

期間内に特定のサイトを訪れたUU(ユニークユーザー)数、セッション数など月次推移を把握できる基本指標機能は無料で利用することができます。また有料版では、ユーザー属性や直帰率、滞在時間、流入元、流入キーワードといった主要な指標を一通り把握することが可能です。

Ghostery(ゴーストリー)

Ghosteryは、主要なブラウザに対しブラウザ拡張機能として提供されるWebサイト分析ツールです。

対象サイトのソースコードのタグを読み取ることにより、使用しているアクセス解析ツールや、どのような広告を出稿しているのかを把握することができます。このためGhosteryは、自社の集客施策を検討するうえで有効なツールといえます。

SEARCH WRITE(サーチライト)

SEARCH WRITEは、シンプルなUIによりSEOの課題分析や施策立案、効果測定を実施できるコンテンツマーケティングツールです。

キーワードごとに競合順位や自然検索の結果であるSERPsを自動で取得するほか、上位表示の記事調査を効率よく行うことにより、競合の調査・分析を容易にします。また、必要な機能だけを厳選することにより、SEOの知見がなくても利用しやすいのが特徴です。

SEOチェキ!

SEOチェキ!は、シンプルなUIかつ、無料で利用できるSEOツールで、対象となるサイトのタイトルやディスクリプション、インデックス数、リンク数を確認することができます。

これらの情報はツールを用いなくてもそれぞれ調査可能ですが、URLを入力するだけで結果が返されるため、競合他社のSEO対策状況を即座位に把握したい場合には便利です。

SEOTOOLS(エスイーオーツールズ)

SEOTOOLSは、対象となるサイトの基本的なSEO状況のレポートが得られる分析ツールです。

分析できる項目は検索順位をはじめ、インデックス数、被リンク数、キーワード率、強調タグ、ドメイン取得年月日などとなっています。特に競合サイトがどのようなキーワードによって検索上位を狙っているのかを把握するのに役立ちます。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美大卒業後、広告制作会社を経て、大手出版社で週刊誌&月刊誌の編集を担当。その後、女性系Webメディアの立ち上げ、キュレーションアプリの運営に携わる。2023年よりベクトルグループのパフォーマンステクノロジーズ社に参画。

絞り込み検索

目次