CVR向上を目指すWeb接客ツール「CODE Marketing Cloud」の概要と特徴

Webサイトの運営で、登録率や購入率などのCVR(コンバージョン率)向上させるためには実店舗と同じように「接客」を行わなければなりません。このとき、Webサイト抱えているさまざまな課題を解決するのに役立つのがWeb接客ツールです。

またWeb接客ツールには大別してユーザーの訪問パターンやサイト内の遷移、滞在時間などによって、ポップアップで特定のメッセージを表示するポップアップ型とチャットによってユーザーと会話するチャット型があります。これらのうちポップアップ型のWeb接客ツールのひとつが、高い導入実績を誇るCODE Marketing Cloudです。

そこでこの記事ではCODE Marketing Cloudについて解説するとともに、その特徴もご紹介します。

目次

CVR改善ソリューションCODE Marketing Cloudとは

CODE Marketing CloudはWebサイトのCVR向上を目的としたWeb接客ツールです。これまでに500社以上で平均134%CVRを改善した実績と知見に基づき、機能拡張を前提としたツール設計が行われています。

CODE Marketing Cloudを導入すれば、Webサイト来訪者の訪問回数や訪問ページなどの行動履歴や連携した外部データソースの情報を把握できるため、個々のユーザーへの接客の最適化が可能です。

また、提供する株式会社エフ・コードではCODE Marketing Cloudを伴走型ツールと位置づけていることから、運用支援コンサルティングにより、マーケターの工数削減や効果的なサポートといった価値も創出します。

Webサイト運営における集客の課題

Webサイト運営においては、集客に関して顕在化しやすいものだけでも、以下のような課題を解決していくことが求められます。

・新規会員獲得が不十分

・購入の獲得単価が高額

・リピート率の低いため顧客が定着しない

・パーソナライズ化ができず一括の施策にとどまっている

・効果的な集客に結びつく有効なプロモーションを行えていない

・ユーザーがどんな商品やサービスに関心があるのか把握できない

CODE Marketing CloudではCVR向上の観点から情報の分析を行い、こうした課題の解決に貢献します。

CODE Marketing Cloud で実現できること

CODE Marketing Cloudは、「ひと」の情報を単に「知る」だけはなく、個々の心理を整理・分析し理解して「識り」「動かす」ことのできるマーケティングプラットフォームです。このためユーザー獲得に最適化されているだけではなく、マーケターの利便性も考慮することで、さまざまな効果を実現します。

精度の高い接客

CODE Marketing Cloudではサイト内行動を分析して、最適なWeb接客を実現することにより、CVR向上やROI(投下資本利益率)向上を目指します。

サイト内行動として分析されるは、訪問回数、訪問ページ、利用端末、サイト内遷移、滞在時間、訪問タイミングなどの行動データです。

課題への適切な対応

直帰防止やCV率の向上など、各業界が抱える課題はそれぞれ異なります。このため、マーケティングツールはこれら複数の課題に適切に対応していなければなりません。

その点、CODE Marketing CloudならECやラベル、不動産、人材など各業界別に最適化されたWeb接客用のウィジェットがあらかじめ用意されいます。これらのテンプレートを利用することで、CODE Marketing Cloudは課題に適切に対応したウィジェットの作成が容易に実現可能です。

Google AnalyticsやMAツールとの連携

CODE Marketing Cloudはすでに利用しているGoogle AnalyticsやMAツールのデータを活用することができます。

これにより、CODE Marketing Cloud導入前のユーザーに対しても最適なWEB接客の提供を実現します。

数字で見るCODE Marketing Cloudの信頼性

冒頭で触れたように、CODE Marketing Cloudはすでに500社以上の企業で利用されています。このうちは国内利用はおよそ500社、海外利用も30社ほどに上ります。また、このほかの数字をみてもCODE Marketing Cloudの信頼性の高さをうかがい知ることができます。

累計ユーザー数:約100,000,000人

月間分析レコード数:約340,000,000件

月間コミュニケーション数:約24,940,000件

こうした膨大なデータをもとに、世界中の企業と生活者のコミュニケーションに介在しているのがCODE Marketing Cloudです。

CODE Marketing Cloudの特徴

CODE Marketing CloudはWeb接客ツールとしてはもちろん、伴走型ツールと位置づけられることからもユーザビリティの高さがその特徴です。このため、ツールの利便性だけでなく、サポート面からも導入企業のWeb接客を支えます。

直感的に操作できる管理画面

CODE Marketing Cloudの管理画面設計は非常にシンプルです。タグさえ設置すれば、バナーの表示条件とユーザーへ伝える内容を決めるだけで施策を開始することができます。このため、配信設定に専門的な知識は必要ありません。

CODE Marketing Cloudなら誰にでもコンパクトにパーソナライズ化が実現可能です。また、実施施策の効果検証はレポート機能により一目で確認することができます。

万全のサポート体制

CODE Marketing Cloudで管理画面の操作方法など技術的な不明点がある場合にはテクニカルサポートセンターでこれを解決することができます。また、効果を最大化させるための運用支援サービスも利用可能です。

これらの支援は、施策の企画立案から設定代行、結果分析や改善提案に至るまで株式会社エフ・コードのコンサルタントチームによって行われ、導入企業におけるCODE Marketing Cloud運用の結果にコミットします。

導入までの流れ

CODE Marketing Cloudを実際に運用する場合、導入は次のような手順で行われます。

Step1:申し込みによりアカウントを発行

Step2:タグの設置(タグマネージャーも利用可能)

Step3:配信のターゲティングとバナーの設定

Step4:配信テスト

Step5:配信開始

これらの流れの中で専門用語や機能、操作方法などに不明点があれば、テクニカルサポートメンバーによる支援を受けることができます。また、導入にあたってはスタートガイドも用意されているため、経験がなくても利用しやすい環境が整っています。

CODE Marketing Cloudについてのまとめ

・CODE Marketing CloudはWebサイトのCVR向上を目的としたWeb接客ツールです。

・Webサイト運営においては顕在化しやすいものだけでも複数の課題が発生します。

・CODE Marketing Cloudでは精度の高い接客、課題への適切な対応、Google AnalyticsやMAツールとの連携を実現します。

・導入企業数をはじめ、さまざまな数字からCODE Marketing Cloudはその信頼性の高さを窺うことができます。

・伴走型ツールとしてCODE Marketing Cloudは、直感的に操作できる管理画面や万全のサポート体制によって導入企業のWeb接客を支えます。

  • URLをコピーしました!
目次