パンフレットのデザインを依頼するには、会社の選び方のポイント

パンフレットデザイン

この記事ではパンフレットデザインを制作会社に依頼する際のポイントついて解説します。

パンフレットのデザインや制作を行っている会社は多数存在し、それぞれに得意とする分野やノウハウを持っています。制作会社の特徴を生かし、希望するデザインやコンセプトに沿ったパンフレットを作成するための必要な情報をまとめました。

この記事を読むことで、パンフレットデザインを依頼する際に適した制作会社を選ぶことができます。

目次

パンフレットデザインを行っている会社の種類と特徴

パンフレットデザインの制作を行っている会社は広告代理店、印刷会社、デザイン制作会社、編集プロダクションなどです。それぞれの会社の特徴とメリット、デメリットをご紹介します。

広告代理店に頼む

広告代理店は企業広告や企画などのマーケティングを代理して行う会社です。パンフレットなどは、コンサルタント会社としてデザイン制作を行う会社に外注することがほとんどです。

テレビCMなどのメディア広告に強い会社が多く存在します。

  • メリット
    広告代理店は企業が売り込みたい商品などについて、どんな広告を作成すれば消費者にアピールすることができるかというノウハウを持っています。
    しっかりとしたマーケティング戦略を立ててくれるでしょう。
  • デメリット
    広告代理店のデメリットは価格が非常に高くなることです。マーケティングに必要な情報を得ることはできますが、広告代理店と外注先の2社と契約することになるため高額になります。
    また、広告代理店はテレビCMなど単価の高い仕事が多く、パンフレットのみの依頼では割高になってしまう可能性があります。

印刷会社

印刷会社は、自社工場を持ち企画からデザインに至るまですべてを請け負ってくれる会社、ネットなどで注文を受けて印刷だけを格安で行う会社、企画・デザインなどはそれぞれ別会社へ委託し印刷だけを行う会社など様々です。

印刷がメインの会社なので印刷費用は抑えられる傾向にあります。

  • メリット
    会社自体が印刷の技術を持っているため、微妙な色合いの表現や鮮明なプリントなど、高品質なものが期待できるでしょう。
    紙の質も様々なものが選べ、冊子タイプや折り目をつけるなど、仕上がりの細かい注文にも応じてくれます。
    また、大量に印刷する場合は低コストでの印刷が可能です。
  • デメリット
    印刷以外の工程を別会社へ委託している場合は、急な変更や修正が発生した際にスピーディーな対応が困難です。
    ネット上などでやり取りをする印刷会社は、低価格に抑えられますが、企画やデザインなどのアドバイスはもらえない可能性が高いです。

デザイン制作会社

デザイン制作会社はデザインを企画することが専門で、印刷は提携先の印刷会社に発注します。

デザインにこだわったパンフレットを作成してくれ、料金は予算に合わせて柔軟に対応が可能です。それぞれに特徴や強みを持っている会社が多く存在します。

  • メリット
    デザインに特化した会社のため、作成したいパンフレットの方向性や骨子が依頼する側で出来上がっている場合は、デザイン性の高いものに仕上がるでしょう。
  • デメリット
    作成する側と依頼する側の価値観が違い、デザイン料が折り合わない場合があります。
    作成する側と依頼する側の価値観が違い、デザイン料が折り合わない場合があります。また、高額であれば良いデザインというわけでもないため、慣れていないと適正価格の判断が難しくなります。

編集プロダクション

出版社からの依頼で雑誌や書籍などの企画、編集を主にしているのが編集プロダクションです。

編集などにおける高度なノウハウを持っています。

また、パンフレットを専門に扱っている会社もあります。

  • メリット
    編集プロダクションは雑誌や書籍などを扱う編集のプロです。
    出版社との業務実績があるため、編集や校正、企画力などが期待できます。
    また、プロのライターやカメラマン、クリエイターなどともつながりがあり、雑誌や書籍のような読み応えのある仕上がりが期待できます。
  • デメリット
    社内専属のデザイナーを雇っていない会社は、外部のデザイン事務所やフリーランスに外注します。
    そのような編集プロダクションに依頼する場合は、パンフレットを依頼した企業からデザイナーに直接相談するのが難しくなるため、デザインを直接デザイナーと相談したい、という場合は注意が必要です。

パンフレットの制作会社を選ぶ際のポイント

パンフレット制作会社を選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介いたします。

製作実績を必ずチェックする

これまでにどのようなパンフレットを制作し、実際に納品されているのかを必ずチェックします。制作会社の得意分野やイメージ、デザインのレベルがわかり、業者選定の一番大きなポイントになります。

実績が掲載されているホームページなどを見るのも良いでしょう。

しかし、著作権などの問題で実績がオープンにできないこともあるため、直接の問い合わせが必要な場合もあります。大手企業との受注経験や取引先の数、設立からの歴史が古い会社などは信頼できる材料になります。

コンセプトに合う制作会社を選ぶ

制作会社にはイラストや漫画などを取り入れたものや、シャープな印象のもの、一目見てわかりやすいものなど、それぞれの会社に特徴があります。

そのため、作成するパンフレットの目的やコンセプトが、それぞれの制作会社の特徴に合うかどうかを検討しながら選ぶことが重要です。

専門性を確認する

それぞれの制作会社には得意な分野があります。

例えば会社案内を作る場合、IT業界の実績が多かったり、ファッションや美容業界に強い、など、会社によって強み、実績が異なります。

分かりやすいパンフレットに仕上げてもらうには、作成したい内容を把握している会社に依頼することです。

過去の実績や取引先などを調べたり、直接担当者に相談して、どの分野に強みがあるのか得意なのかを確認しましょう。

あらかじめ大体の費用を把握する

サイトなどで検索すると、たくさんの制作会社がヒットします。

企業のホームページに大まかな費用が記載されていることもあるため、実際に依頼する前におおよその予算を把握することができます。

また、イメージに近い制作会社が何社かに絞り込むことができれば、各社に見積もりを依頼し、比較することもできます。

デザイン料や発送料が別にかかってしまうこともあります。

デザイン料や発送料が別にかかってしまうこともあります。見積もりに記載されている内容以外に費用が発生することがないかを買う人するなど、細かくチェックして費用を検討します。

実際に会って決める

担当者と実際に会って話をすることも重要です。

専門的な知識を活用したアドバイスやアイデアなどを提供してくれたり、イメージはそのままでコストダウンの方法を提案してくれることもあります。

こちらの依頼を瞬時に汲み取り、デザイナーや印刷工場など外注先にうまく伝えてくれる優秀な担当者も存在します。

パンフレット制作会社を選ぶ際に注意するポイント

凝ったデザインや特殊な配色、良質の紙を利用すると費用が高くなります。

しかし、費用を抑えすぎると安っぽいイメージのパンフレットになり、低コストでも効果があがらなければ意味はありません。

反対に、少々コストがかかっても、内容が充実していれば効果は期待できるでしょう。コストとパンフレット内容のバランスを考えて作成する必要があります。

パンフレット制作会社のまとめ

  • パンフレットデザインを行っている会社は広告代理店、印刷会社、デザイン制作会社、編集プロダクションなどです。それぞれに特徴やメリット、デメリットがあり、作成したいパンフレットのコンセプトや予算に合わせて選びます。
  • 制作会社を選ぶ際は、過去の実績や経験の豊富さを必ずチェックしましょう。また、コンセプトに合うデザインか、得意な分野であるかなどの確認も必要です。
  • パンフレットデザインの金額は制作会社によってさまざまです。見積もりを比較し、予算に見合う内容であるかを検討します。担当者に直接会って意見を聞くことも制作会社を選ぶ際の大きなポイントです。
  • 凝ったデザインなどは費用がかかりますが、予算を削ることでパンフレットの効果が下がってしまうと意味がありません。パンフレット内容と予算のバランスを考慮しましょう。
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2019年新卒にて広告代理店に入社。
2年半の営業経験を経てPerformanceTechnologies株式会社に転職し現在に至る。
メディア事業部にてミツカルのプロデュースに従事。
座右の銘は「智慧は心の光」

絞り込み検索

目次