トップページワードサラダとは?絶対に生成NG!SEO的に危険な施策の基礎知識

最終更新日

20210330

ワードサラダとは?絶対に生成NG!SEO的に危険な施策の基礎知識

#マーケテック

オウンドメディア構築・運用代行

FREEDiVEのSEOライティングノウハウ

Appmart株式会社の「コンテンツ制作代行サービス」

株式会社リファイド「記事制作代行サービス」

この記事では、ワードサラダについて解説します。

サイトやページの被リンクはSEO的に有効とされ、検索上位を狙った多くの手法があります。そこで、Webページやブログなどの評価を上げる手法の一つとしてアフィリエイターやSEO対策業者に利用されたのがワードサラダを使ったページを量産するという手法です。

現在では無意味であったり逆に評価を下げる原因ともなるワードサラダですが、ここではその定義や仕組み対策方法を詳しく紹介します。

ワードサラダとは?

ここでは、ワードサラダの意味を紹介し、その定義や生まれた経緯、作成される仕組みを紹介します。

ワードサラダとは、「文法的に、間違いのない、またはなさそうな文だが意味が破綻している意味不明な文章」のことです。以前はSEO的な観点から、検索エンジンの評価を上げるためのテクニックとして用いられていました。

ワードサラダの例文として「今日はとても天気が良いので、牛肉の値段は高いだろう。故にエジソンの憂鬱が気にかかる」といった文章です。文法的には問題ありませんが、意味が破綻した文章になります。

ワードサラダが生まれた背景として、SEOの評価として”被リンク”があり、被リンクのみ貼り付けられたサイトを大量に作成し自作自演するという方法が有効な時期がありました。しかし、検索エンジンの進化により、自作自演の非リンク用サイト自体の評価が落ちるようなプログラムが作られます。

そのため、次の手法として非リンク用のサイトに自動生成したワードサラダのテキストを載せたサイトに非リンクをするという方法が有効になった時期があったのです。この時期の検索エンジンは、文章の意味を理解出来なかったため、ワードサラダの文章と正しい文章を理解することが出来ませんでした。

そのため、ワードサラダのテキストが書かれた文章で作られた非リンク用のサイトを、検索エンジンは「多くの有効な単語がある良質なサイト」と判断してしまい、結果的に評価を上げてしまいます。検索エンジンの順位をあげるための、いわばハック手法として使われるようになっていったということです。

しかし、検索エンジンはディープラーニングの進化などでワードサラダを”スパム判定”することが可能になっているので現在ではSEO効果はありません。
もっと言えば、ワードサラダの文章があるサイトは評価を下げることや、そもそもインデックスがされないという処理がされます。

このように、SEO的な観点から全く効果がなく、下手をするとサイトの評価を下げるのが、ワードサラダです。

以下ではワードサラダの定義や生まれた経緯、文章を作られる仕組みを詳しく紹介します。

ワードサラダの定義

ワードサラダの定義とは、「文法的な間違いは多くないが、意味不明な文章」のことです。使われている単語に意味の関連性がなく、文法的に文章として成り立っていますが、まったく意味が不明な文章となります。

多くの場合は、自動生成ツールで競合サイトの文章、ニュースサイトのRSSなどを基に作成されます。RSSとはWebサイトの更新情報を配信するフォーマットのことで、内容の要約も含まれているため、一見すると意味のある文章にとらえられますが、他の単語も自動生成するので、意味不明な文章となることが多いです。

ワードサラダが生まれた経緯

上記でも触れましたが、ワードサラダが生まれた経緯として、SEO対策として効果があったため流行しました。SEO対策をする業者の中でも、ワードサラダを積極的に施策として取り入れていたこともあったくらいです。

当時の検索エンジンでは文章の意味を理解することができなかったため、手っ取り早くサイトの評価を上げるためには非常に有効でした。特に悪質なSEO会社は、メインサイトの被リンク数を稼ぐため、ワードサラダを多用したサイトを乱立させるのみという業者もあったほどです。また、多くのアフィリエイターがこの手法を用いて非リンク用のサイトを乱立させました。

しかし、現在では検索エンジンがワードサラダを識別することが可能になり全く意味のないSEO対策となっています。

ワードサラダが作られる仕組み

ワードサラダは形態素解析という技術とマルコフ連鎖という手法により生成されます。形態素解析とは、文章を最小単位の単語で分割する技術のことです。

例えば「私の好きな教科は数学です」とう文章があった場合、(私)(の)(好き)(な)(教科)(は)(数学)(です)ということになります。マルコフ連鎖とは、過去の状況を考慮せず現在値を基に未来の挙動、状況を表す確率統計のモデルです。これを文章に置き換えた場合は、単語を一定の出現率を用いて並び替え文章を作成するということになります。

ワードサラダが作られる仕組みは、この2つの技術・手法を使っていくつかの文章を合わせ自動生成してテキストを作成されます。

ワードサラダを生成してはいけない理由

ワードサラダを生成することがSEO的に無意味なのは前記しましたが、ここでは主な理由を紹介していきます。

検索エンジンは、利用しているユーザーにとって有益な情報を提供することが第一です。ワードサラダのページは、無益であり価値がありません。

以前検索エンジンでは、判別できなかった文章が持つ意味も、ディープラーニングの技術進化によりほぼ100%見分けることが可能になっています。意図的に作られたワードサラダのページは、悪質なSEO(ブラックハットSEO)として判定され、検索結果に反映されません。また、ドメイン評価を下げられたり関連ページも低評価にするなどの処置をしていきます。検索エンジンを利用するユーザーにとって無益な情報を排除し、利便性を高めるためのものです。

これらを総合すると、ワードサラダを生成することは、無意味なばかりではなく、マイナスにもなることがワードサラダを生成してはいけない理由です。

ペナルティの対象になる

ワードサラダを生成してはいけない一番大きな理由は、悪質なSEO(ブラックハットSEO)によるスパム行為として、検索結果から除外されることです。

それまで、検索エンジンが文章の内容まで把握できず、有効な手法として用いられてきたワードサラダも現在では、ディープラーニングにより、ほぼ100%判別されます。判定されたページは、インデックスされず検索結果に表示されないため、SEOの観点から効果はほとんど得られないということになります。また、ワードサラダがあるページはペナルティの対象にもなり、スパム判定されるという懸念あるので注意が必要です。

関連ページも低評価となるリスクがある

ワードサラダのページやコンテンツを作成することは、関連ページも低評価となるリスクがあります。また、そのサイトのドメイン自体の評価も下がるのでサイト全体の評価も低くなる結果となります。

ワードサラダのページ自体が検索結果に反映されないだけではなく、悪質と判定された場合はリンクされているメインサイトの評価も下がる恐れがあるので注意が必要です。

ワードサラダに頼らずに済む、記事作成代行サービス6選

自動生成でワードサラダに頼らずに記事を作成することが必要なのは前記しましたが、そのためには多くの時間やコストがかかるのも事実です。そこで、高品質な記事を外部に依頼する方法もあります。ここでは、おすすめの記事作成代行サービスを紹介します。

サグーワークス/株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートが運営するサグーワークスは、業界一といわれる記事の質に定評がある記事作成代行サービスです。

記事の難易度にあわせた文字単価やライター選択が可能になります。SEOコンサルや独自のコピペチェックシステムなど、内容も充実しているので安心して記事を依頼可能です。料金の目安として文字単価0.75円からあり、一記事から発注可能になっています。

記事制作代行専門のリファイド/株式会社リファイド

株式会社リファイドは、記事の立ち上げや改善まで総合的にサイト作成を依頼できる記事作成代行専門会社です。

幅広い業界の記事代行に対応しているので、どのようなジャンルも高品質な記事を依頼出来ます。リピート継続率90%以上という高い実績もあるので、安心して利用できることも特徴です。料金は非公開のため問い合わせが必要です。

ランサーズ/ランサーズ株式会社

ランサーズ株式会社が運営するランサーズは、日本最大級のオンラインアウトソーシングサービスです。

利用に関しては電話相談やチャット相談、フォーム相談ができ、記事内容やコストなど気軽に問い合わせすることができます。高品質な記事を短い納期で納品して欲しい時など、さまざまな状況に対応可能です。料金は、その都度記事内容によって設定することも可能で一記事から依頼できます。

コンテンツ制作代行サービス/App mart株式会社

App mart株式会社が提供するコンテンツ制作代行サービスは、企業の目的に合わせた記事制作に定評があるコンテンツ支援サービスです。

検索者の心理分析など数値分析したデータを基に完成度の高い記事に仕上げてくれます。依頼内容により、依頼できる最低記事数はかわりますが、クオリティ重視の記事依頼を考えている場合にはおすすめです。料金の目安は見積り依頼が必要になりますが、5記事100,000円からが目安となります。

FREEDiVE(フリーダイブ)のSEOライティングノウハウ/株式会社FREEDiVE

株式会社FREEDiVEのSEOライティングノウハウは、総合的にSEO対策を施したマーケティングを主としたライティングサービスです。

基本的には総合サイトコンサルティング的な位置付けになります。一記事単位で記事を依頼するサービスではありませんが、メインサイトのSEO対策を根本から見直したい場合には良いサービスです。料金は見積りを依頼してください。

オウンドメディア構築・運用代行/株式会社ジャックアンドビーンズ

株式会社ジャックアンドビーンズが提供するオウンドメディア構築・運用代行は、主にBtoBに強い記事作成が可能です。

Web広告運用において500社以上の運用実績があるので、成果を求めたSEO対策、マーケティング対策を考えている場合にはおすすめのサービスになります。
コンテンツ・記事制作から公開後の対策まで、全て依頼可能です。料金は依頼内容によって変動します。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

オウンドメディア構築・運用代行

FREEDiVEのSEOライティングノウハウ

Appmart株式会社の「コンテンツ制作代行サービス」

株式会社リファイド「記事制作代行サービス」

同じカテゴリーの記事