トップページ女性向けにホームページを制作依頼する際のポイント 選び方の注意点

最終更新日

20200622

女性向けにホームページを制作依頼する際のポイント 選び方の注意点

#アドテック

化粧品や健康食品などをはじめとして、女性をターゲットにしたホームページ制作のニーズは男性向けよりもむしろ多いといってもいいでしょう。

しかしながら、実際に女性向けのホームページを制作する場合、きちんとポイントが押さえられていないと集客面などで十分な効果は得ることはできません。

そこでこの記事では女性向けホームページ制作で配慮するポイントをはじめ、ホームページの制作をホームページ制作会社に依頼する場合のポイントも併せて解説します。

女性が多い業界の場合ホームページ制作で配慮すべきポイント

ホームページの制作手法に関し、特にデザインの分野では直感的なひらめきでセンスが発揮される場合もありますが、論理的に整理されていることも重要です。

このため女性向けのホームページを制作する際にもターゲットの属性を意識し考察することでよりよいものに近付きます。

そこで次のようなポイントを抑え、ホームページの制作を進めるとよいでしょう。

配色を女性向けに

女性向けのホームページを制作する際の配色はやさしい印象を与えられる黄味のやや強いピンクがおすすめです。

しかしながら、女性向けなのだからピンクを多用するという考え方はやや乱暴です。

同じピンクでも濃淡や使用面積、他の色との組み合わせによって大きく印象は変わります。

そこで、女性向けという観点から考えると、青みがかったピンクより黄味がかったピンクのほうが適しているといえるでしょう。

また、必ずピンクを使わなければならないということではなく、使い方によってはベージュや水色などを女性向けにデザインすることでより女性向けのホームページをデザインできる場合もあります。

曲線的なデザインを心がける

女性向けのホームページではサイト全体のデザインに曲線をうまく取り入れることで受入れられやすくなるでしょう。

たとえば写真はそのまま使用するのではなく、丸くトリミングすることなどがひとつの方法です。

フォントを変える

女性向けのホームページの雰囲気には、極力線の細いフォントがよく馴染みます。

また、欧文であればサイトのデザイン同様、曲線の美しい筆記体などもよいでしょう。

ただし過度な装飾が施されたフォントは可読性を損なうため注意しなければなりません。

このほか、伝えたいメッセージはキャッチーなコピーを大きく掲載するのがおすすめです。

写真やイラスト・映像でイメージを伝える工夫をする

商品の使用方法、機能性、対象者といった重要な情報は、視覚からイメージを伝えられる方法を選ぶとよいでしょう。

具体的には文字で伝えるのではなく、写真やイラスト、映像などでより具体的なイメージを伝える手法です。

また、イラストを活用して視覚的に情報を伝えたり、サイトにオリジナルキャラクターを登場させたりするという手法も考えられます。

女性が好む擬音語・擬態語を活用する

テキストを読まない傾向にあるとはいえ、女性にも反応しやすいワードがあります。

そのひとつが擬音語や擬態語です。
「もちもち」「しっとり」「しっかり」「ちゃんと」といった擬音語や擬態語は、どちらかといえば視覚的にイメージできるワードで、同じテキストでも女性にも受け入れやすい印象を与えることができます。

ブランドのストーリーがより伝わるように意識する

女性向けのホームページで自社の商品などを紹介する際には、そのブランドがどのような特徴を持っているかといった結論よりも、制作過程や完成に行きつくまでのストーリーに重点を置くとよいでしょう。

これは女性が結論や内容の簡潔さよりも、相手に物事の過程を伝えることや、コミュニケーションを取ること自体を目的とする傾向があるからです。

そこで共有したくなるようなプロモーションや感動体験の提供できるように心がけましょう。

具体的には商品の開発秘話などを公開すると、より女性の反応を上げやすくなるといえます。

ホームページ制作会社にホームページの制作を依頼する際のポイント

女性向けであるかどうかに限らず、ホームページを単に制作すること自体はそれほど難しいことではありません。

また企業がホームページを制作する場合であれば、自社内のリソースを割いて外注費を抑えようというコスト意識も働きます。

ただし一定のクオリティを担保することを考えた場合、自社内で制作するのはそう簡単なことではありません。

安易に制作されたクオリティの低いホームページは、自社や自社の製品やサービスのイメージを毀損する可能性もあるからです。

そのような結果にならないためにも、ホームページの制作ではプロであるホームページ制作会社に依頼するという方法があります。

では、実際にホームページ制作を依頼する場合どのようなポイントがあるのかをみていきましょう。

あらかじめ予算を決めておく

ホームページ制作会社に依頼する際にはできるだけ具体的に予算を設定しておく必要があります。

クライアントから依頼があると、ホームページ制作会社では提示された上限の予算で見積もりを制作します。

ホームページは基本的にオーダーメイドで、雛形が決まっているわけではありません。

このため、あらかじめ予算を明確にし、その範囲内でホームページ制作会社へ最大限の対応を依頼するのが理想的です。

予算に関しては許される上限を設定し、なるべく安く済ませたい、といったあいまいな予算設定や、制作会社に費用を尋ねるようなことは避けましょう。

目指す方向性を決めておく

ホームページ制作の依頼の際にはどのようなサイトをつくるのかという方向性を明確にしておく必要があります。

ただし、単にデザインを新しくしたいといった曖昧な理由や、競合他社のホームページのリニューアルに追随するような他動的な動機では十分な効果を得られることはないでしょう。

ホームページ制作において目的は重要であるにもかかわらず、案外見落とされがちなポイントです。

このため、ホームページ制作会社への依頼でも、方向性が伴わない案件は比較的多くなっています。

まずは売上増や採用強化といった、ホームページの制作の明確な目的を設定しなければなりません。

制作を依頼する範囲を決めておく

ホームページ制作を依頼する場合にはホームページ制作会社に対して作業範囲を明確にしておくことも大切です。

ホームページ制作はホームページ制作会社、あるいは案件ごとでも作業範囲が異なります。

このため依頼する範囲を明確にしておかないと見積金額に影響し、トラブルにも発展しかねません。

ありがちなトラブルとしては、ホームページに使用する写真やテキストを、依頼者とホームページ制作会社、どちらが用意するのかといったことが考えられます。

このほかにも、サイトの公開、サーバードメインの準備、競合調査をはじめとした事前調査なども依頼の際に明確にしておかなければならないポイントです。

これらが不確定な場合、基本的にはすべてホームページ制作会社が行う前提で見積もりが作成されるため、大きく予算範囲を超えてしまう原因となります。

運用方針を決めておく

ホームページ制作では公開後の運営方針によっても作業範囲が変わってきます。

具体的には運営そのものをホームページ制作会社に依頼するのか、運営に見込める予算はどれくらいなのか、キャンペーンの特設サイトなのか長期的に運営するECサイトなのか、サイトの運営に割ける人員はどれくらいなのかといった点です。

こうした点を明確にしておくことで、ホームページ制作会社からクライアントに示される提案や見積もりもわかりやすくより精緻になります。

このため、あらかじめ運営予算や期間、体制のほか、更新内容に関する要望なども伝えておきましょう。

修正はどこまで可能なのか確認しておく

たとえホームページ制作会社のミスであっても、ホームページの公開後の不具合などは修正依頼に対応してもらえないケースもあります。

これは契約時に公開後の修正対応期間が定められている場合があるからです。

一見理不尽にも思えるこうした契約事項ですが契約書の内容によっては、正当化されてしまうこともあります。

こうしたリスクやトラブルを回避するためには契約内容を十分理解し、契約書のチェックを必ずしなければなりません。

女性向けホームページ制作についてのまとめ

  • 女性向けホームページ制作では、やさしい印象を与えられる配色、曲線的なデザイン、極力線の細いフォントの使用することなどがデザイン面でのポイントです。
  • 情報伝達の面では写真やイラスト・映像でイメージを伝えるようにし、テキストを用いる場合も、擬音語や擬態語を活用するとよいでしょう。
  • 自社の商品などの紹介では、結論よりも制作過程や完成に行きつくまでのストーリーに重点を置くのが効果的です。
  • ホームページ制作をホームページ制作会社に依頼する際には、予算や目指す方向性、制作を依頼する範囲、運用方針をあらかじめ決めておき、修正はどこまで可能なのかなども確認しておくようにします。

同じカテゴリーの記事