ビジネスメディアのミツカル 記事カテゴリ:マーケテック 動画マーケティングとは その特徴と種類について

最終更新日

20200622

動画マーケティングとは その特徴と種類について

#マーケテック

この記事では動画マーケティングについて解説します。

近年デジタル広告の市場規模は拡大を見せ、重要度と注目度が上昇しています。

デジタル広告の中でも、動画マーケティングはより効果が高く多くの企業が注目しています。

より効果的に動画マーケティングを運用するためには、内容やメリットを理解しておくことが必要になります。

ここでは動画マーケティングの内容や目的、動画マーケティングが注目されている背景を紹介します。

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、Youtubeなどの動画サービスやTwitterなどのSNS、メディアサイトなどで動画を使ってマーケティングを行う手法のことです。

動画広告を使い、商品やサービスのユーザーへの訴求や購買意欲を効果的に行うことが可能になります。

マーケティングの方法は、動画視聴の際に広告を配信することやSNS、各メディアサイトのコンテンツ間に広告を配信していきます。

TVCMと大きく違うのは、広告の様々な成果や指標が、ほぼリアルタイムで確認できることです。

そのデータを使い、広告をカスタマイズしたり、商品・サービスをブラッシュアップしていくことが可能になります。

動画マーケティングを行う目的とは

動画マーケティングは、訴求しようとしている商品やサービスの認知拡大やブランドイメージの向上、商品の購買向上が目的です。

動画はテキストやイラストなどの静止画に比べて、イメージが記憶されやすいという特徴があります。

商品をより多くの人に届けるためにはまず知ってもらう必要があり、印象に残らないといけません。

静止画では見逃されるようなことも動画では注目される可能性も上がるので、認知拡大やイメージ向上に、より効果があると言えるでしょう。

テキストや画像では伝わりにくい商品やサービスの魅力も、動画であれば、わかりやすく伝えることが可能になり、商品の購入やサービスの加入などに繋げていくことができます。

また、動画マーケティングはユーザーの特性など、データの収集がほぼリアルタイムで可能なので、そのデータをマーケティングや新たな商品の開発につなげることができるなどの大きなメリットもあります。

動画マーケティングの特徴

動画マーケティングには、様々な特徴や利点があります。

説明が難しい商品などの場合、テキストでは伝わりにくいですが、動画と音声を用いるとイメージとして理解しやすくなります。

また、テキストや画像の静止画よりも、映像と音というのは記憶に残りやすく、それだけ商品やサービスが印象に残りやすいということです。

情報が伝わり、ユーザーが良いと感じたものや面白いと感じたものは、人に伝えたくなる心理も働くので、特にSNSを使った動画マーケティングでは拡散されやすいという特徴もあります。

良いイメージで拡散された情報は、多くの人が良いと感じる心理もあるので、購買意欲が働きやすいというメリットもあります。

動画マーケティングは、他のインターネットを使ったデジタルマーケティング同様、ほぼリアルタイムで様々なデータの収集が可能です。

それらのデータを使い、効果的な広告をカスタマイズして成果を求めることや、そのデータを次の商品やサービスの開発に活かすことも可能になります。

動画マーケティングの注目度が上がっている背景

動画マーケティングの注目度が上がっている背景には、4Gの整備によりインターネット環境が導入たことや、それに伴うスマートフォンを中心とした各デバイスの普及があります。さらに、5Gの整備が進められているため、ますますその注目度は高まりそうです。

特に若い世代を中心に、スマートフォンの利用頻度が高く、今までのTVや雑誌等のメディアよりも多くの時間を費やすようになりました。

4G回線の整備により、どこでもいつでもインターネットにアクセスできる環境が、よりスマートフォンの利用頻度を上げている要因にもなっています。

利用の多くはYoutubeを中心とした動画サービスやtwitterやInstagramなどのSNS、ニュースを中心としたメディアサイトです。

また、何か調べたいことがあれば、GoogleやYahoo!などの検索サイトを利用することが一般化しています。

マーケティングを考えた時にそれらの中に配信することは、効果的であり成果をあげるためには必要なこととこうしたでしょう。逆をいうと今までの広告手法では多くの人に伝わりにくいということになります。

インターネットを使ったデジタルマーケティングが大きく成長しているのはこのような背景があります。

その中でも多くの情報を効果的に伝えることができる、直接成果に繋がりやすい動画マーケティングが、より注目度が上がっているということです。

動画マーケティングの市場規模

動画マーケティングの市場規模は、2018年は1,843億円になり2019年の予測で2,592億円の見込みが立てられています。

内訳として8割強がスマーフォンを中心としたスマートデバイスに向けた広告です。

また、2018年から2019年に向けた伸率は147%という高い成長を見せいています。

単純な比較になりますが、2018年のラジオの広告費が1,278億円で、雑誌の広告費が1,841億円ですので、企業が賭ける広告費はそれらのメディアよりも多いということになります。

市場予測として2020年は3,289億円でさらに拡大される予測がなされており、2023年には5,065億円という、2019年の2倍になる予測です。

インターネットを活用したデジタル広告全般に読むことですが、動画マーケティングの市場規模は広告における重要性がさらに上昇、今後も拡大していくことでしょう。

参照:
Cyber​​Agent「サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施」
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=24125

動画マーケティングの種類

動画マーケティングに用いる広告には様々な種類があります。

ここでは、各広告がどのような内容なのかを解説します。

インリード広告

インリード広告とは、SNSやメディアサイトのコンテンツ間に流れる動画広告です。

ユーザーが画面をスクロールして広告が画面に表示された時に、動画が再生されます。

見ているメディアのコンテンツ間に自然と溶け込むように広告が再生されるので、ユーザーがストレスを感じにくいメリットがあります。

違和感が少なく視聴してしまうので、イメージに残りやすくなるということです。

インフィード広告

インフィード広告とは、インリード広告と同じくSNSやメディアサイトのコンテンツ間に流れる広告です。

インリード広告との違いは、静止画が使われることが多く、動画の場合はユーザーのアクションがあった時に広告が再生されます。

SNSやニュースアプリなどでは多く使われる、デジタル広告手法になり、多くのサイトでも採用している方式です。

インバナー広告

DSP(デマンドサイドプラットフォーム)などが持つ広告枠に広告を表示させる広告手法です。

各DSPなどが持つ広告枠に動画広告を配信できるので、動画サービスやSNSをあまり利用しないユーザーにも、商品やサービスを訴求することが可能になります。

DSPがもつデータベースを効果的に設定して広告動画を​​運用できるので、ターゲティングに強いというメリットがあります。反面、動画のファイルサイズが大きい場合にはCPM(Cost Per Mille※広告が1000回再生された時の広告費)が多くかかるので、コスト管理が重要です。

TrueView広告

TrueView広告とは、Youtubeで配信される動画広告のことです。

ユーザーが動画を視聴する時に動画が始まる前や動画の最中に広告が再生されます。

広告費はユーザーがクリックした時や、規定の秒数以上動画が再生された時に発生します。

広告費の上限や、ターゲティングの設定など細かなカスタマイズが可能なので、成果に向けた効果的な商品やサービスの訴求が可能になる動画広告手法です。

まとめ

  • 動画マーケティングとは、Youtubeなどの動画サービスやTwitterなどのSNS、メディアサイトなどで動画を使ってマーケティングを行う手法のことです。
  • 訴求しようとしている商品やサービスの認知拡大やブランドイメージの向上、商品の購買向上を効果的に行うのが動画マーケティングの目的になります。
  • 広告動画はテキストや画像の静止画広告よりも短い時間に多くの情報が伝えられ、記憶に残りやすいという特徴があります。
  • 動画マーケティングは、内容によって拡散されることもあり、更なる広告効果を生み出すことがあります。
  • 動画マーケティングは他のデジタルマーケティング同様、ほぼリアルタイムでデータの収集が可能で、配信の設定も可能なため成果に向けた効果的な広告を運用することができます。
  • 動画広告はネット環境の整備やスマートデバイスの普及などの要因もあり、多くの企業で注目度が上がっています。
  • 動画マーケティングの市場規模は年々拡大を見せており、2023年には現在の約2倍の市場規模になることが予想されています。

最新SaaS情報をお届するニュースレター登録

「デジタルの新陳代謝を促す」をテーマに、SaaSDXの厳選した最新情報をお届けします。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事