トップページ企業における動画配信の方法、運用のポイントも紹介

最終更新日

20200622

企業における動画配信の方法、運用のポイントも紹介

#アドテック

動画配信プラットフォーム「クラストリーム」

この記事では企業が動画配信するための方法、そして各配信方法の特徴について解説します。

情報伝達の方法として、動画配信には多くのメリットがありますが、運用には様々な方法があり、それぞれで特徴が違います。

商品の紹介など、より多くの人に向けた情報を配信する時には、動画配信サイトにチャンネルを開設し運用するのが一般的です。

しかし、会員向けや社内の情報共有などクローズドの動画配信には法人向け動画配信システムを使うことが主な方法になります。

ここでは、企業の動画配信方法や内容について紹介していきます。

そもそも企業が動画配信する目的とは

企業が動画配信する目的は、情報をより多く伝えることや、正確に伝えることに適しているからです。

また、よりスピーディーに伝達することができることや、伝えた情報が印象に残りやすく記憶に定着しやすいという側面もあります。

配信する動画は、広告や商品紹介など不特定多数に向けて行う場合と、会員向けの配信や社内の情報共有など視聴者を限定する場合があります。

どちらの場合でもテキストや静止画に比べて、動画配信は情報伝達の量や質が高く、正確に伝わりやすいため効率的にも優れていると解釈でしょう。

動画配信のメリット

企業が情報伝達の手段として動画配信を行うのは、様々なメリットがあります。

一番大きなメリットは、たくさんの情報をスピーディーに正確に伝えられる、テキストや静止画に比べて印象や記憶に残りやすいということです。

例えば、ユーザーに対する商品紹介もパンフレットなどで情報を伝えるには、たくさんのテキストや画像が必要ですが、動画であれば数分で理解してもらうことが可能になります。

社内の伝達やマニュアルに動画を用いる場合も同じような理由で、動画配信にメリットがあるということです。

動画配信する目的には、一部の人に伝えるためのクローズドの情報伝達や広く多くの人に伝えるための情報伝達がありますが、動画配信はどちらも上記のようなメリットがあるということになります。

企業が動画配信する方法

企業が動画を配信する場合には、いくつかの方法があり、それぞれに特徴があります。

ここでは、企業が動画配信する方法を紹介します。

法人向けの動画配信システムを使う

企業が動画配信する方法として法人向けの動画配信システムを使う手段があります。

利用方法は法人向けの動画プラットフォームを提供する会社に申し込み利用します。

多くの法人向けの動画配信システムの会社がありますが、それぞれで特徴やコストが違うので、動画の運用にあった会社を選ぶことが大切です。

会員向けのプレミアムコンテンツや社内限定動画など、視聴者を限定する場合や開発から運用をある程度自動化したい場合には、法人向けの動画配信システムを利用すると良いでしょう。

動画配信サイトに直接投稿する

Youtubeやニコニコ動画等の動画配信サイトにチャンネルを作り、動画を配信するという方法があります。

メリットとして多くのユーザーがいて、インターネット環境さえあれば自由に見ることが可能なので、商品やサービスのプロモーションなどに向いています。

また、システムを利用するコストがかからないのもメリットでしょう。

デメリットとして、URLがわかるとだれでもアクセス可能なので、会員限定のコンテンツや社内用など視聴者を限定しなければいけない動画には不向きです。

フルスクラッチで開発する

運用管理画面を自社の運用形態にあわせたい場合やデザインや視聴者のインターフェースにこだわりがある場合は、フルスクラッチで開発する方法があります。

カスタマイズ等も自由になるので、運用形態も細かく進化させることも可能です。

デメリットとして開発期間が長期化する事や、開発に必要な人材の確保などが難しい側面もあります。

また、総合的に見るとコストが多くかかるので、動画運用の費用対効果など細かく検討必要があります。

動画配信の方法を選ぶ際のポイント

動画配信の方法を選ぶ際のポイントを項目別に紹介します。

費用形態

法人向け動画配信システムを利用する場合には、動画運用にあわせて費用形態がどのようになっているかを考慮して選ぶ必要があります。

費用形態はサービスを提供する会社によって様々ですが、基本となるイニシャルコストの他に、動画の本数や容量、視聴者の登録人数などによってコストが変わります。

また開発や運用を依頼できるオプションや使える機能によってもコストは変わってくるので、どのような目的で動画配信するのか等、コスト管理をしっかりと計算することが大切です。

配信方式

主な動画運用がダウンロードなのかストリーミングになるのかで選ぶことも必要です。

両方対応している法人向け動画配信システム会社も多いですが、コストや機能に違いがある場合やストリーミング配信には対応していない場合があるので注意しましょう。

また、動画を社内研修やセミナーなどに利用する場合に「eラーニング」のサイト構築システムを兼ね備えるなどの、特化型の動画配信システム会社もあります。

システム連携

法人向け動画配信システムの会社が運営するプラットフォームに、他のシステムとのシステム連携ができるかというのもポイントの一つです。

どのような種類のAPIなのか、SDKが用意されているかなど、自社が運用するシステムとの連携が可能かどうか、不可の場合はAPIやSDKを別途用意してくれるかの確認をすることができる必要になります。

特にシステム連携の必要がない動画配信の場合は、気にしなくてもよい項目ですが、アプリと連携させる場合や視聴者の管理が必要な場合など、外部システムとの連携が必要な場合には必ず考慮しなければいけないポイントです。

サポート対応

トラブルや問い合わせなど、サポート対応がどのようになっているかは予めチェックしておくことが大切です。

電話やメールなどサポート体制の種類や時間、レスポンスの日数などは、事前に確認しておきましょう。

また、プランによってサポート対応の回数制限などがある場合などもあるので、併せて確認が必要になります。

視聴制限

会員向けに視聴を限定する場合や社内向けに視聴を制限する運用の場合は、どの程度の規模をカバーできるか、どのような方法で視聴制限をかけるかの確認が必要です。

多くの場合はプランによって視聴者管理できる規模や視聴制限の方法に違いがあります。

併せてセキュリティやデータの暗号化などの項目も確認しておきましょう。

運営会社

法人向け動画配信システムの運営会社は動画配信システムの他に、システム開発やサイト制作、マーケティングなどの事業を行っている場合があります。

動画配信の目的によっては、連動したサービスを利用できることや、目的に適した会社がある場合も多いので、運営会社の事業を総合的に見ることもポイントです。

まとめ

  • 動画配信は情報伝達の正確性やスピード、コスト減などにメリットがあります。
  • 動画配信は会員向けコンテンツや社内共有用、セミナーなど、「視聴者を制限する、」動画配信と、商品の紹介や広告など不特定多数の視聴者を想定した、「視聴者を制限しない」動画配信があります。
  • 視聴者を制限する場合には、法人向け動画配信システムを利用する方法か、フルスクラッチで開発する方法があります。
  • 視聴者を制限しない場合には、Youtube等の動画配信サービスにチャンネルを開設し、動画を配信する方法があります。
  • 動画配信の方法を選ぶ際は「費用形態」「配信方式」「システム連携」「サポート対応」「視聴制限」「運営会社」を考慮できるポイントです。

同じカテゴリーの記事