ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:マーケテックSNS分析ツール「Tofu Analytics」導入のメリットと特徴

SNS分析ツール「Tofu Analytics」導入のメリットと特徴

#マーケテック

最終更新日

20200708

SNS分析は、TwitterやInstagramなどのSNSで発信されるユーザーの声やトレンドを分析し、マーケティング活動に役立てる手法です。またこうした声やトレンドの分析に活用されるのがSNS分析ツールです。

そこでこの記事では、SNS分析ツールのひとつ、Tofu Analyticsについてメリットや特徴、活用事例をご紹介します。

SNS分析ツール Tofu Analyticsとは

Tofu AnalyticsはInstagramやTwitter、LINE、TikTok、YouTubeといったSNSの投稿分析(ソーシャルリスニング)や、SNS拡散に貢献しているインフルエンサーのアカウントを特定し、企業におけるSNS集客やSNS運用をサポートするSNS分析ツールです。Tofu Analyticsを活用することで、ユーザーの感情分析やインサイト調査、リスクマネジメントなど、さまざまなマーケティングを行うことができます。

また、サポートはマッキンゼーやGoogle、リクルート、P&Gなど有数の企業出身のメンバーによって行われ、クライアントのSNS活用に貢献します。

Tofu Analyticsの主な活用メリット

Tofu Analyticsを活用することにより、企業のSNSマーケティングでは次のような複数のメリットが期待できます。

SNSの投稿分析

Tofu Analyticsでは独自の分析技術によりハッシュタグやキーワード、URLの過去投稿データを全量取得することにより、リーチやエンゲージメントなどのソーシャルリスニング分析を実施することができます。これにより、競合調査をはじめトレンド分析や売上・需要予測・消費者の感情・インサイト調査・口コミ分析、リスク分析といったマーケット調査への活用も可能です。

また、テキストマイニングやAIによって画像分析を行う機能も持っています。

日本最大級のデータベースでインフルエンサーをキャスティング

Tofu Analyticsの独自の分析技術は単にSNS上のフォロワー数だけでなく、拡散力やフォロワーからの支持率、ブランドやサービスとの相性、フォロワーの不正に購入がないかといった指標などにより、最適なインフルエンサーを抽出することもできます。さらにインフルエンサーのキャスティングは、インフルエンサーキャラクターにとどまらず、AIによってフォロワーの興味分野や投稿の傾向も分析したうえで客観的に実施されます。

SNSアカウントの管理

Tofu Analyticsなら、SNSアカウントのモニタリングや管理を自動化し、無駄な工数を削減することも可能です。SNSアカウントは自社だけでなく競合のアカウントも含め、膨大な数量の動向を定点観測・管理することによって実行されます。

SNS集客を自動化

Tofu AnalyticsのSNS集客はインフルエンサーのみならず、独自のSNSビッグデータから潜在顧客やロイヤルカスタマーを割り出し、自動でアプローチすることができます。このため、SNSのフォロワー増加やエンゲージメント向上はもちろんのこと、自社サイトをはじめとしたSNS経由でWebへの集客増が期待できます。

マイクロインフルエンサーの特定・効果検証も可能

これからのインフルエンサーマーケティングでは、ファンへの影響力が絶大なマイクロインフルエンサーにアプローチすることも重要です。これまでは有名人や人気YouTuberがインフルエンサーと位置付けられていましたが、一部に依頼が集中したことで1フォロワーあたりの単価が上昇したり、ステマ(Stealth Marketing)を疑われるなど、マーケティングの手法として好ましくないケースが増加していました。

一方、マイクロインフルエンサーはファンへの影響力が絶大なことが特徴です。このため、マイクロインフルエンサーに対する正確な効果検証を行うことで、より低コストで広告効果の高いマーケティングが実現します。そこでTofu Analyticsでは、マイクロインフルエンサーの特定や効果検証も可能にしています。

Tofu Analyticsの3つの特徴

Tofu AnalyticsはSNS分析ツールとして、信頼性、性能、そしてコスト面でそれぞれ特徴を持っています。

大手から個人事業主まで幅広いクライアント

Tofu Analyticsは東証一部上場の企業から、ベンチャー企業、さらに個人事業主に至るまで、幅広い規模・業種のクライアントから支持されています。またの大手広告代理店での導入も少なくありません。

独自のデータ分析・モニタリング技術

Tofu Analyticsでは、自社開発のシステムによるTwitterやInstagramといったオープンなソーシャルデータにとどまらず、シェアされたURLのクリックログや投稿内容に含まれる感情まで分析することができます。また、過去のツイートデータやハッシュタグデータなどについても全件分析が可能となっています。こうした膨大なSNSプロファイリングデータやデータサイエンスは、他社のSNS分析ツールにはないTofu Analytics独自の強みです。

無駄なコストがゼロ

Tofu Analyticsは導入における初期費用はかかかりません。また契約期間に縛りもないことで、月々わずか1万円から利用することができます。

さらに条件を満たすクライアントであれば、無料トライアルも可能になっています。

Tofu Analyticsの活用シーン

幅広い規模・業種での導入実績のあるTofu Analyticsですが、活用シーンもいくつかご紹介します。

InstagramおよびTwitterにおける投稿の全量取得

Tofu Analyticsなら、InstagramおよびTwitterで投稿の全量取得を実施し、画像解析や独自の機械学習分析も可能です。商品のサプライが弱い地域および店舗、エリアごとの客の好みの傾向などを可視化することにより、機会損失の最小化が期待できます。

Twitter上のツイートをリアルタイムで分析

Tofu AnalyticsによってTwitter上で動画配信アプリに関するツイートをリアルタイムで分析することで、大幅なカスタマー満足度の改善が期待できます。これは、システム障害などのネガティブなカスタマーの声だけでなく、ポジティブなカスタマーの声についてもカスタマーサポートスタッフが把握することが可能なためです。

クライアントのSNSアカウントと競合アカウントの管理

Tofu Analyticsでは、クライアントのSNSアカウントだけでなく、競合アカウントの管理・分析も可能です。

競合分析はもちろん、運用改善のヒントとなるデータが一元化されたことで、BIツールと連携するレポーティングの自動化にも役立ちます。

Tofu Analyticsについてのまとめ

・Tofu AnalyticsはSNSの投稿分析やSNS運用をサポートするSNS分析ツールです。

・Tofu Analyticsの主な活用メリットは、SNSの投稿分析、インフルエンサーのキャスティング、SNSアカウントの管理、SNS集客の自動化ができることです。

・Tofu Analyticsなら、マイクロインフルエンサーの特定・効果検証も可能です。

・Tofu Analyticsには、信頼性、性能、コスト面でそれぞれ特徴があります。

・Tofu Analyticsは幅広い規模・業種への導入実績があり、活用の方法もさまざまです。

SNS分析ツール「Tofu Analytics」

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事