トップページタクシーサイネージとは メリットと従来のタクシー広告との違い

最終更新日

20200622

タクシーサイネージとは メリットと従来のタクシー広告との違い

#アドテック

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

この記事では、タクシーサイネージについて解説します。

広告媒体として市場を伸ばしているのがデジタルサイネージです。その中でもタクシーサイネージは急速にその市場を拡大させています。

タクシーサイネージもデジタルサイネージですが、他のデジタルサイネージとは違った特色があり、その効果にも特徴があります。

そこでタクシーサイネージの仕組みや特徴をはじめとして、メリットや事例などを紹介していきます。

タクシーサイネージとは

タクシーサイネージとは、タクシーの後部座席に向けて設置される電子広告のことです。乗客に向けた広告は、商品やサービス、イベント情報など多岐にわたってます。

広告は静止画だけではなく、音声付の動画を配信することも可能です。広告は時間によって配信する内容を変えることや、リアルタイムでデータを受信して​​配信することも可能になります。

従来のタクシーの車内の広告はシールやチラシ等を見える位置に貼り付けるだけでした。タクシーサイネージになると静止画の他に動画や音声で効果的に見せることが可能です。

その他、タクシーサイネージでは観光地などの貸し切り利用客向けに観光情報の番組を流すこと、電子決済の決済端末としても利用できるなど、広告以外にも利用できるのがメリットです。

タクシーサイネージの需​​要が拡大している

タクシーサイネージは、広告主が増えている事や、電子決済の端末として利用できるなどの要因で需要が年々拡大しています。

最近は従来の看板がデジタルサイネージ(電子広告)に変わりつつあり、広告媒体の一つとしてデジタルサイネージを採用する企業が増えてきました。それに伴いタクシーサイネージを利用する広告主の企業も増えてきていましたます。

全体の細かいタクシーサイネージ搭載車両台数は明らかになっていませんが、デジタルサイネージの市場規模は右肩上がりです。全体内訳では6割強のセグメントが交通で、その中でもタクシーが占める割合が多くなっています。

また、タクシーサイネージの市場規模も2018年の12億円から2019年が24億円と倍増させていて、今後も市場規模が拡大される見込みです。

参考:マーケシン”デジタルサイネージ広告、2019年の市場規模は749億円に/タクシーサイネージが急増【CCI調査】”

タクシーサイネージと従来のタクシー広告の違い・比較

従来のタクシー広告と比較するとタクシーサイネージは、多くの情報を乗客に伝えることができることや印象に残りやすいという違いがあります。

タクシーサイネージはデジタルサイネージなので、静止画や動画・音声を使い、より多くの情報を効果的に伝えることが可能です。

多くの静止画を読むことで、数種類の広告を表示させれば、より多くの広告を伝えることができ、動画・音声を使った広告にも対応可能です。

また、広告が切り替わることや狭い空間での動画・音声は印象に残りやすいということや、デジタルサイネージの端末には「時間」やその時点での「タクシー料金」が表示され、より注目されやすい工夫がされています。

従来のタクシー広告はチラシやシールなどの紙媒体が主です。そのため伝えられる情報には限りがあります。

タクシーサイネージ導入のメリット

広告の繰り返し、刷り込み効果が期待できる

刷り込み効果とは、短時間の内に行為や行動、認知が繰り返されると記憶に定着しやすいという効果の事です。テレビCMや看板など他の広告も刷り込み効果による、商品やサービスなどのイメージアップを狙っています。

従来の紙媒体などのタクシー広告では、視界に入るので広告を認知はしますが、刷り込み効果という点では効果はそれほど高くありませんでした。

乗客は目的地に着く間は、風景を見ることや会話などに集中する為、どちらかというと印象に残りにくい側面があります。

しかし、タクシーサイネージは動画と音声を流すことができるので、無意識の内に印象に残ることになります。併せて、閉鎖的な空間で繰り返し広告を流すことで、より高い刷り込み効果が期待出来るということです。

時間帯ごとに広告内容を変えることが可能

タクシーサイネージは、時間帯ごとに広告内容を変えることが可能という大きなメリットがあります。

タクシーサイネージの広告は、タクシーが稼動していれば365日24時間、配信が可能です。また、設定する事やWiーFiなどで受信する広告データにより自由に広告内容を変えることが可能になります。

この特徴を活かし、時間帯による広告内容を変化させて、より高い訴求効果を期待出来るということです。

例をあげると日中の時間帯の乗客と、深夜帯の客層は大きく違います。場所にもよりますが日中はビジネスやちょっとした移動に使う利用者が多くなり、深夜帯は飲食のあとの帰宅の利用者が多いなどです。

それぞれの利用者では、どうしても求める商品やサービスに違いがあります。タクシーサイネージで時間帯によって客層に合う広告を配信することで最大限の広告効果が期待出来るでしょう。

また時間帯だけではなく、稼動地域によって広告内容を変化させることで、地域に根付いた広告配信も可能になるなどのメリットもあります。

 

タクシーサイネージの事例

従来までのタクシーにおける広告は、ドアステッカーやポスターなどが主流でしたので広告内容や広告主が限定的でした。しかし、タクシーサイネージの導入により広告内容や広告主が広がり、広告事業としても広告主としても、双方メリットのある事例が増えています。

タクシーサイネージ「GROWTH」によると、タクシーの乗客比率は、約80%がビジネス層で、その中でも経営者であることや会社での決定権を持つ層が多く、
決定権をもつ管理者クラスに向けた広告では、資料請求や問い合わせなど高い効果が得られています。

ビジネス向けの広告は、多くの内容を伝えなければいけない側面があるので、従来のタクシー広告には向きませんでした。しかし、タクシーサイネージは動画と音声で、より多くの情報を伝えることが可能となっているということになります。

この事例のように乗客にとっては、移動時間に良い情報を得ることができ、広告主にとっては成果が上がる広告が打つことができる事例が増えています。

タクシー会社やデジタルサイネージを扱う広告代理店にとっても、広告主の幅が広がり、双方にとってのメリットが生まれているといえます。

逆に都心などビジネス層に向けたタクシーサイネージの事例だけではなく、観光地などでも従来とは違った成果を出しています。

観光地では、乗客の多くが観光客でその土地に詳しくないことがほとんどです。観光地でのタクシーサイネージ導入で、より多くの観光情報や施設、飲食店などの情報を伝えることができます。

従来のタクシー広告とは違い、短時間の内により多くの情報を乗客に伝えることで、乗客にとっても広告主にとってもメリットとなる広告手法になりました。

都心などBtoBにおける事例だけではなく、観光地におけるタクシーサイネージも広告事業としての幅を広げる結果となっています。

 

タクシーサイネージのまとめ

  • タクシーサイネージとは、タクシーの後部座席に向けて設置される電子広告のことです。
  • タクシーサイネージは、広告主が増えている事や、電子決済の端末として利用できるなどの要因で需要が年々拡大しています。
  • タクシーサイネージは従来のタクシー広告より多くの情報を伝えることが可能で、印象に残りやすい特徴があります。
  • タクシーサイネージは時間帯や曜日で利用客にあった広告を配信する事が可能です。また、タクシー利用者には決裁者が多いため、その方へ向けた広告を配信することができます。
  • タクシーサイネージは従来のタクシー広告と違いBtoB広告や観光地に特化した配信ができるなど幅広く利用する事ができます。

同じカテゴリーの記事