ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテック名刺活用クラウドソリューションSmartViscaの導入メリットと特徴

最終更新日

20200708

名刺活用クラウドソリューションSmartViscaの導入メリットと特徴

#アドテック

営業活動によって入手した名刺は、放置されたり引き出しにしまったままになってしまうことが少なくありません。しかし、名刺は将来の顧客獲得に結びつく貴重な情報源であり、きちんと整理や管理がされていない場合、機会損失を招くことにもつながります。

このため名刺情報をデジタルデータ化し、管理することは企業の営業活動をはじめとしたマーケティングにおいて非常に有効な手段です。

そこでこの記事では、名刺活用のソリューションのひとつ、SmartViscaについて解説するとともに、その特徴についても詳しくご紹介します。

Salesforce一体型名刺活用ソリューション「SmartVisca(スマートビスカ」とは

SmartViscaは高速かつ正確に名刺情報をデジタル化し活用できる名刺活用クラウドソリューションです。営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)などの分野で世界トップレベルの認知とシェアを誇る株式会社セールスフォース・ドットコムのクラウド型ビジネスアプリケーションSalesforceをはじめ、同社でビジネスアプリを提供するマーケットプレイスAppExchangeの4,000以上のアプリとの連携により強力にデジタルトランスフォーメンションを推進します。

またSmartViscaでは、市販のスキャナーやモバイル端末から簡単に名刺の情報を取り込むことができ、取り込んだ情報はOCRとオペレータ入力校正によりほぼ100%の精度でデジタル化することが可能です。さらに、名刺情報は顧客データベースと連携することで、より実践的な顧客情報の管理にスムーズに拡張することもできます。

Smartviscaの導入メリット

SmartViscaでは、正確な名刺情報を活用によってSalesforceの定着化と利活用を促進することができます。

また名刺管理における無駄をなくし、案件機会を創出することで企業にさまざまなメリットをもたらします。

費用の削減

SmartViscaを活用すれば、顧客データの入力にかかる時間を削減できるほか、顧客情報の重複を防ぐことでデータメンテナンスの負担も大きく軽減できます。これにより、顧客管理のコストの削減が可能です。

収益の増加

SmartViscaでは見込み客との過去のつながりを会社全体で共有し、管理することで営業機会を見出し、マーケティングによって案件機会を創出します。またこれにより、企業収益の増加を見込むことができます。

働き方改革

SmartViscaを活用すれば、名刺の携帯が不要となることによって、リモートワークを促進され、結果的にコンプライアンスを強化することも可能です。これにより、企業の働き方改革にも貢献します。

smartviscaの5つの特徴

営業工数の削減や業務改革、データクレンジングのなどの運用負担の軽減を実現するため、次のような5つの大きな特徴を持っています。これらを活かし、SmartViscaはすでに450社以上で導入が進み、ビジネスのさまざまなシーンで利用されています。

名刺管理に必要な機能を網羅

SmartViscaは名刺のデータ化をはじめ、人物管理、重複防止、リスト作成、外部データ連携、他のアプリへのコンバートなど、名刺管理に不可欠な機能が充実しています。また、使用感はSalesforceと同様でモバイルまでひとつのアプリで完結できるため、他のSalesforceアプリを重複利用する必要がありません。

このようにSmartViscaは、Salesforce専用に開発され高い親和性を持つ、名刺管理のNo.1ソリューションです。

顧客管理を成功させるための設計と機能

SmartViscaにはSalesforceのプラチナムコンサルティングパートナーがノウハウを結集した、データマネジメントに必要な機能も豊富に取り揃えられています。

このうち、精度の高いデータベースを維持するポイントとなるのは名刺のデジタル化と、そこから作成される新規情報、そして最新の情報への更新です。SmartViscaではOCRとオペレータによる名刺情報の入力でほぼ100%に近い精度を実現し、正確な情報から作成されるデータは重複を防ぎながら常に最新の状態に保たれます。

また、データの作成や更新は事前に任意設定した条件に従ってSalesforceの連携先やレコードに対して自動的に行われるため、作業工数の削減にもつながります。

Salesforce一体型だからセキュリティも万全

名刺情報を極力保持しない、安心・安全なサービス設計もSmartViscaの特徴です。

通常、ベンダー保有のプラットフォームでは、名刺データはベンダー保有のサーバセキュリティによって管理されています。こうしたケースでは外部とのトランザクションが発生してしまいますが、SmartViscaでは名刺データも連携するSalesforceのSSL/TLSで暗号された高いセキュリティのもとで一元管理されることから、データはすべてSalesforceのプラットフォーム内だけで完結することができます。さらに名前やメールアドレス、会社情報などは画像分割され、グループごとにオペレータが入力校正を行うため、個人が特定されることもありません。

さらに、校正済みのデータはSalesforceのセキュリティレベルに準拠し、61日が経過した場合には自動的に削除することで情報漏洩のリスクを軽減します。

Salesforce未導入でも最適なプランを選択可能

SmartViscaでは、習熟度にあわせてシームレスに機能が追加できる高い拡張性と自由なカスタマイズ性により、Salesforce未導入でも運用の簡単な名刺管理など、無理のないデジタルトランスフォーメーションを推進することができます。

このため、まずは顧客情報を集約する名刺管理から運用をはじめ、商談管理で営業力を強化しマーケティングオートメーションによって見込み客を育成した後、AppExchangeのアプリを導入するといった自由なカスタマイズが可能です。

また導入できるSalesforceのアプリは企業・情報・活動・タスク管理のほか、メール配信、ファイル共有、ビジネスチャット、分析レポート、モバイルなど多岐にわたります。

Salesforceのプロフェッショナルが成功を支援

SmartViscaを提供する株式会社サンブリッジはSalesforce日本法人設立時のパートナーであり、国内トップのプラチナムコンサルティングパートナーとしての信頼と実績があります。さらに、Salesforce最上位の資格であるテクニカクアーキテクトをはじめとした180以上の資格を保有しているほか、900社2,400プロジェクトの実績によって培われた技術力とノウハウによって顧客の成功を支援します。

SmartViscaを導入すれば、名刺管理や見込み客獲得ができるのはもちろん、Salesforceを活用した業務システムの開発や、コンサルティングにより、見込み客の育成から営業活動、顧客管理・サポート、業務・会計まで、トータルなサポートも実現可能です。

このようにSmartViscaはSalesforceにおけるマーケティングオートメーションのプロダクト利用へのきっかけともなり、デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する発展的なクラウドサービスの利用に結び付けることもできます。

SmartViscaについてのまとめ

・SmartViscaは名刺情報をデジタル化し活用できる名刺活用クラウドソリューションです。

・SmartViscaでは、Salesforceの定着化と利活用を促進し、費用の削減、収益の増加、働き方改革の実現に貢献します。

・SmartViscaは、名刺管理に必要な機能を網羅し、顧客管理を成功させる設計と機能や高いセキュリティを有しているほか、各企業において最適なプランを選択でき、プロフェッショナルによる適切な支援も期待できます。

名刺管理ツール「SmartVisca」

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事