ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックSEOツールとは 目的とメリット、無料ツールと有料ツールの比較も紹介

最終更新日

20200622

SEOツールとは 目的とメリット、無料ツールと有料ツールの比較も紹介

#アドテック

この記事ではSEOツールについて解説します。

サイトのアクセスを効率的に集めるためには、SEO対策は欠かせません。

SEO対策をするためには、SEOツールを使って様々なデータを取得して行っていく必要があります。

ここでは、必要なSEOツールの内容と有料・無料で使えるSEOツールについて紹介していきます。

SEOツールとは

SEOツールとは、SEOを実施する時のデータ分析や調査するためのツールです。

Googleなどが提供する無料で利用できるツールや、SEO会社などが提供する有料のツールがあります。

SEOツールを大まかに分類すると「現状を分析するためのツール」と「施策や現状を改善するための調査・診断ツール」があります。

また、これらの結果を自動的にレポートとして表示する「レポーティングツール」もあるので、チームやプロジェクト、部署などで情報を共有するには便利です。

SEOを実施し効果をあげるためには、細かいデータ分析が必要になるのでSEOツールは必須ともいえるツールということが言えます。

SEOツールの目的

SEO対策として様々な項目をデータ化することや、改善策を見つけるのがSEOツールの目的です。

検索順位を上げるためには、サイト内のキーワードや被リンク、内部構造など、様々な要素が最適化する必要があります。

例えば自社のサイトがどのようなキーワードの検索結果でアクセスされたかを確認するツールや、サイト内の構造にエラーが無いか確認するためのツールがあります。

他に競合サイトの大まかなアクセス数や掲載順位などを調べるツールもあります。

SEOツールで得た情報から、改善点を調べることやどのような施策を打って検索上位を狙うかなどを検討してSEO対策していきましょう。

無料チェックツールのメリット

無料チェックツールのメリットは、やはり無料でSEO対策を行えることでしょう。中には、その成果によって途中から有料になるSEOツールもあります。

無料とはいえ、SEO対策には必須のツールも多く、プロも愛用しているツールも多くあります。

特にGoogleが提供している無料の様々なSEOチェックツールは、多くの人が利用しSEO対策に直結する有能なツールといえるでしょう。

有料チェックツールのメリット

有料のチェックツールは、より細かなデータ分析が出来ることや、調査・分析、レポートなどが一度に行えるなどのメリットがあります。

無料のチェックツールで取得するデータの数値は、「100~1,000」等、大まかなデータが表示されます。

それに比べて、有料のチェックツールを使うとより詳細なデータを取得することが可能になることが多いです。

また無料のチェックツールは、「分析・モニタリング」「改善・調査」「レポーティング」が、個別のツールになっているため、SEO対策するためには各データをまとめる必要があります。

有料のチェックツールは、これらの機能が全て備わっており大幅に作業効率が上がる仕組みが最初から出来上がっています。

その分、サイトの改善や施策などに時間を使えることが有料チェックツールのメリットでしょう。

他に競合サイトのデータ取得が可能であるSEOツールもあり、より強固なSEO対策には強力な味方になってくれるでしょう。

SEOツールの主な種類

・検索順位チェックツール

自社のサイトの現在の検索順位をチェックできるツールです。検索順位はSEOを実施する上で必要不可欠なステップ。

検索順位チェックツールを使えば、複数のキーワードでも瞬時に順位を把握することが可能です。

・キーワード調査ツール

その名の通り、キーワードに関連する情報を分析できるツールです。キーワードの月間検索数や関連キーワード、さらには難易度や入札の単価まで調べることが可能です。

キーワード検索で上位になるには、キーワードの選定が非常に重要です。キーワード調査ツールを活用することで、自社のサイトに適切なキーワードを選定することができます。

・コンテンツチェックツール

コンテンツチェックツールとは、記事制作の際にコピペチェックやキーワードの含有率などを調べられるツールです。

記事の公開前に、適切なコンテンツ化どうかを判断する指標となります。

・競合サイト分析ツール

競合サイトを把握することは、自社サイトを改善する上で重要な要素です。競合サイト分析ツールでは、競合サイトのアクセス数や表示順位、検索キーワードなど様々な条件から分析が可能です。

これにより差別化などの戦略を立案しやすくなるというメリットがあります。

・サイト診断ツール

サイト診断ツールでは、リンク切れの有無や表示スピードの確認、さらには構造上で問題がないかなどをチェックすることが可能です。

これらの問題は、細かい部分ではありますが離脱率などにも関わってくるので、しっかりと把握して改善しておくことが重要です。

代表的なSEOツール紹介

SEOツールは無料のツールから有料のツールまで多くの種類が存在します。

上記で説明したツールの種類を複数兼ね備えているものもありますので、自社サイトに必要な機能を検討し、比較してみることをおすすめします。

ここでは代表的なSEOツールを紹介していきます。

Google Analytics

SEOツールとして最も利用されており、最も一般的なのが「Google Analytics」です。

サイトのアクセスに関するデータを総合的に分析・モニタリングするSEOツールになります。

Googleアカウントがあり、サイトを登録さえすればすぐに無料で利用が可能です。

取得できるデータは様々ありますが、主にPV数やユーザー数、属性等、アクセスに関するデータが広く取得可能になります。

上級者やプロ向けの設定をすれば、細かいデータの流れが取得可能になり、SEO対策に大きな効果を発揮することが可能です。

SEOツールの基本でもあり利用者も多いので、解説しているサイトや書籍が多いのも特徴です。

Google Search Console

どのようなキーワードでGoogle検索されたかや、掲載順位、表示回数やクリック率のデータを取得できるのが「Google Search Console」です。

Googleアカウントがあり、サイトを登録さえすればすぐに無料で利用が可能です。

SEO対策の結果として、掲載順位に関わる様々なデータを閲覧するためのツールになります。

また、他のSEOツールにはないサイトのエラーを発見し、通知してくれる機能もあるのが大きなメリットです。

あくまでもGoogole検索のデータしか取得できませんが、多くのユーザーが検索にGoogleを利用していることを考慮すると必須のSEOツールと言えます。

Googleキーワードプランナー

「Googleキーワードプランナー」は、本来SEOツールではなく「Google広告」のツールですが、SEOツールとして使える機能があります。

サイトを構成するときに"キーワード"は重要な要素になりますが、Googleキーワードプランナーを使うと、おおよその検索数を確認することが可能です。

あるキーワードに対して、月間どのくらいの検索数が見込めるのかがわかります。

データは"100~1,000"のように大まかな数値で表示されますが、ある程度の数値は確認できるので記事の作成時やリライト時には確認すると良いでしょう。

データポータル

前記した「Google Analytics」や「Google Search Console」と連動させてデータをわかりやすく可視化するSEOツールです。

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleのデータをチームやプロジェクト、部署などで共有する必要がある場合は、予め共有するデータを設定しておけば「データポータル」にアクセスするだけで、設定したデータをレポートとして閲覧することが可能になります。

ahrefs

「ahrefs」は、競合サイトの流入キーワードや非リンク、ページごとのアクセス数などを調査するためのSEOツールです。

サービスの利用は月額「99$~」となっており、プランによって使える機能が変わります。

無料で使えるツールは競合サイトのデータ取得に限界がありますが、ahrefsを運営している会社の独自クローラーにより、様々なデータ取得が可能になっています。

チェックツール利用の際の注意点

検索順位がきまるアルゴリズムは、サイトが持つ様々な要素をスコアリングして決まっています。

その基準は定期的に更新されているのでSEO対策はこの部分を注意しなければいけません。

チェックツールを使い、データを分析しSEO対策をすることは大切ですが、基準が変わるとそれまで効果のあった対策も効果が薄くなる可能性があるということです。

Googleは定期的に検索エンジンの更新を行っており、サイトのスコアリングをするAIの更新も行なっているので、プレスリリースなどの情報確認は怠らないように注意することが大切です。

まとめ

・SEOツールとは、SEOを実施する時のデータ分析や調査するためのツールです。

・SEOツールには無料のツールと有料のツールがあります。

・無料のSEOツールはアカウントがあればサイトを登録してすぐに利用が可能です。

・有料のSEOツールはより細かなデータ分析が可能であることや、競合サイトのデータ取得が可能なSEOツールもあります。

・掲載順位を決める基準は定期的に更新されているので、その基準に応じてSEO対策することが重要です。

・SEOツールには、検索順位チェックツール、キーワード調査ツール、コンテンツチェックツール、競合サイト分析ツール、サイト診断ツールなどの種類があります。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事