トップページサテライトサイトとは?作成するメリット・デメリットと注意点

最終更新日

20210326

サテライトサイトとは?作成するメリット・デメリットと注意点

#マーケテック

ホームページ作成・制作サービス「BiNDup」

法人向け国産CMS「BlueMonkey」

オンラインサービス型の月額制CMS「Clipkit」

この記事ではサテライトサイトについて解説します。

自社のメインサイトとは別に、関連する内容の記事が掲載されているのがサテライトサイトです。サテライトサイトには、ユーザーの利便性向上やGoogleなどの検索エンジンにおけるSEO対策などマーケティングにおいての役割もあります。

自社サイトの訪問者数を上げたいなど、目的はさまざまですが、運用次第では多くの成果やメリットを期待することが可能です。

ここでは、サテライトサイトの定義やメリット・デメリット、サイト作成について注意点やポイントを紹介していきます。

サテライトサイトの定義とメリット

ここでは、サテライトサイトの定義やその意味、メインサイトの他にサテライトサイトを設置するメリット・デメリットを紹介します。

サテライトサイトとは?

サテライトサイトとは、メインサイトとは別で立ち上げるサイトのことです。
サイトの”ドメイン”は、別のドメインであるのが一般的ですが、サブドメインでも構いません。

例をあげると扱う商品ジャンルをテーマにした自社サイトのオウンドメディアを立ち上げたり、商品・サービスのうちターゲットが法人向けになるものを別サイトでまとめるなどです。

サテライトサイトを立ち上げる目的として、ターゲット層に向けたメインサイトのSEO対策や利用するユーザーの利便性を上げるなどがあります。
また、潜在顧客の獲得やデータ収集などマーケティングに有益な目的があります。この中でもメインサイトの評価を上げるために有効な、被リンクを増やすためというのが一般的に知られた目的です。

サテライトサイトを作るメリット

メインサイト以外の潜在顧客を獲得できる

サテライトサイトを作るメリットとしてメインサイト以外の潜在顧客を獲得できることがあげられます。

ECサイトなどメインサイトで扱う商品情報の他に関連コンテンツを作成することで潜在顧客にアプローチできるというということです。たとえば、メインサイトで「炊飯器」を扱う場合に、サテライトサイトで炊飯器を使った「炊き込みご飯」のレシピや、美味しくお米をたく方法などのページを掲載するなどです。

サテライトページを利用しているユーザーが有益な情報を利用してもらい、メインのサイトに自然と誘導可能となり潜在顧客を獲得することが可能です。

一定のSEOの効果が得られる

単純にサテライトサイトが検索結果に上位表示され、メインサイトへのリンクがあればアクセス数が増え集客につながります。また、一定のSEO対策となり、検索結果の上位表示につなげることが可能です。

Googleなどの検索エンジンが、サイトの検索順位を決める指標として”被リンク”があります。複数のサテライトサイトにアクセスがあり、メインサイトの被リンクがあれば、評価があがることもあり上位表示をねらうことが可能です。

検索エンジンのサイト評価にはさまざまな要素がありますが、被リンクは判断材料としての要素として一定のSEO効果が得られるということになります。

サテライトサイトを作るデメリット

時間や手間、コストがかかる

SEO対策や集客などにメリットがあるサテライトサイトですが、立ち上げることによるデメリットもあります。

メインサイトはもちろんですが、サテライトサイトもユーザーにとって充実した高品質なサイトにしなければいけません。そのための運営には時間やコストがかかります。作成にも時間やコストがかかり、管理・運営にもリソースを割かなければいけないので、同じく時間、コストがかかってしまいます。

メインサイトを連動して随時更新も必要となるため十分なリソース確保も必要となり、情報の連携や共有などにも注意が必要となります。

低品質サイトを作成すると、SEOにとってマイナスの効果が生まれやすい

サテライトサイトの被リンクよって一定のSEO対策になるのは前記しましたが、ただメインサイトへのリンクがあれば良いというわけではありません。

サテライトサイトのアクセスが少ない場合には、効果が少ないことや、サイト自体がワードサラダ等で生成された低品質なサイトを大量に作成すると、悪質なSEO(ブラックハットSEO)として、検索順位を下げられるなどのペナルティを受けることがあります。

サテライトサイトは、単なる誘導ページやドアウェイページとならないよう、内容を充実させないとメインサイトにマイナスの効果となるということです。

サテライトサイトを作る際のポイント

サテライトサイトといえど、単体で十分な内容やユーザーニーズが必要ということは前記しました。そのためには、ポイントを押さえた作成や運営が必要です。
ここではサテライトサイトを作る際の注意点やポイントを紹介していきます。

単体で有益なページにする

サテライトサイトは、単体でもユーザーにとって有益なページにする必要があります。サテライトサイトの評価がそのままメインサイトの評価につながり、アクセスにつながるからです。

そのためにはユーザーニーズを過不足なく満たすことや、可読性の高いコンテンツを提供できるサイト運営が必要になります。そうすることで良質なサイトとして検索エンジンに評価され、結果的にメインサイトのアクセスやコンバージョンにつながります。

メインサイトに関連したテーマで作る

サテライトサイトの記事は、メインサイトに関連したテーマやコンセプトで作成することがメインサイトの既存顧客となりやすくなります。

例えばメインのサイトでトレーニングウェアを売るとしたらサテライトサイトでは効率的な食事法やトレーニング法の記事を作成するなどです。記事からメインサイトへのリンクも自然なため、検索エンジンにもユーザーにも評価されやすくなります。

また、関連するテーマや内容は、絞ったり広げたりすると良いでしょう。絞る場合には特定のテーマに絞った専用サイトにしてニッチなファンを増やし、広げる場合にはテーマを広げて潜在顧客層にリーチするなどです。

サテライトサイト作成に便利なWebサイト作成ツール7選

サテライトサイト作成には、Webサイト作成ツールを活用するのが便利です。
Webサイト作成ツールといえばWordPressなどが有名ですが、ある程度の知識やスキルを要することやサイト作成に時間がかかることなど、管理・運用が大変になります。

ここでは、できるだけ簡単にサテライトサイトを作成・運用できるWebサイト作成ツールを紹介していきます。

Wix(ウィックス)/Wix.com, Inc

Wix(ウィックス)は、Wix.com, Incが運営するアカウントを作成するだけでホームページを作成・管理できるホームページ作成プラットフォームサービスです。

非常に多くのテンプレートが用意されており、イメージしている理想のホームページを感覚的に作成することができます。また、初心者やwebの知識が浅い人でも、AIを駆使した自動作成ツールが、作る人のレベルに合わせて最適なサイト作成が可能です。料金は無料で利用できます。

ペライチ/株式会社ペライチ

ペライチは、株式会社ペライチが運営する高品質で簡単に様々な機能を盛り込んだホームページを作成できるWebサイト作成ツールサービスです。

テンプレートの中からデザイン選択、内容作成、公開と3ステップでサイトを公開できるという手軽さに定評があります。ネット予約システムやオンライン決済、メルマガ配信システムも利用可能です。料金は、利用できる機能によってプラン分けされており、全ての機能が利用できる「ビジネスプラン」は月額3,278円です。

Jimdo(ジンドゥー)/Jimdo GmbH社

JimdoはJimdo GmbH社が運営する、さまざまな形態のホームページを手軽に作れるWebサイト作成ツールサービスです。

アカウント登録時の質問に答えるだけで最適化されたホームページをAI自動作成してくれる機能に定評があります。無料のプランから、機能によってプラン分けされている仕組みです。無料のプランの場合、長期間更新がない場合にはデータ削除されるので注意が必要です。

BiNDup(バインド・アップ)

BiNDup(バインド・アップ)は、株式会社デジタルステージが運営する低コストでさまざまな機能やSEO対策が可能なWebサイト作成ツールサービスです。

最安のプランでも独自ドメインを5個まで設定出来る事やサポートが利用できるなど、充実した内容になっています。また、オフラインでもサイトの作成や管理も可能です。料金の目安として、月額2,728円からになっており、年払いにするとさらに低コストで利用可能になっています。

BlueMonkey(ブルーモンキー)/Mtame株式会社

BlueMonkey(ブルーモンキー)は、Mtame株式会社が運営するシンプルな作成・管理画面が特徴の法人向けWebサイト作成ツールサービスです。

管理画面でさまざまなSEO対策設定ができるため、簡単にサテライトサイトを運用できます。ホームページの製作や運用を簡単にできるように設計されていますが、必要な場合にはサポートも充実しているので安心です。
料金は、データ容量や機能によってプラン分けされており、必要なオプション代金がかかります。
目安としてスタンダードプランで月額77,000円です。

Clipkit(クリップキット)/株式会社スマートメディア

Clipkitは、株式会社スマートメディアが運営するオウンドメディアやコーポレートサイト等にピッタリな機能がそろったWebサイト作成ツールサービスです。

自社に管理者がいなくても、手軽に運用できる設計になっている特徴があります。必要であれば、サイト作成や記事作成代行も依頼することが可能です。
料金の目安として初期費用30,000円で月額5万円からになっています。

シグナルのWeb制作/株式会社シグナル

株式会社シグナルが提供するWeb制作サービスは、サイトデザインからユーザーリサーチ、製作までサイト製作に必要なこと全てを依頼できるサービスです。

サテライトサイトのコンセプトやメインサイトへの紐付けなど細かい部分まで相談可能です。デジタルマーケティングにおいて幅広いアドバイスがもらえるので、確実な成果を得るために外注を考えている企業におすすめです。料金は見積り依頼をしてからの確認になります。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

ホームページ作成・制作サービス「BiNDup」

法人向け国産CMS「BlueMonkey」

オンラインサービス型の月額制CMS「Clipkit」

同じカテゴリーの記事