ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックルートサンプリングとは 効果的な活用方法と注意点

最終更新日

20200622

ルートサンプリングとは 効果的な活用方法と注意点

#アドテック

この記事ではルートサンプリングについて解説していきます。
プロモーション方法の一つとして、多くの企業に採用されているのが「サンプリング」です。

サンプリングの様々な手法の一つである「ルートサンプリング」には、他のサンプリングとは違った特徴があります。

そこでルートサンプリングについての手法や特徴、効果などを詳しく解説していきます。

ルートサンプリングとは

店舗や施設などの"ルート"に訪れた顧客に対してサンプリングする手法が「ルートサンプリング」です。

サンプリングはターゲットに対して的確にサンプルや商品などを配布する事が、成果を上げるために必要なことになります。

ターゲット属性の違う人がサンプリングの商品を受け取った場合には、その商品が使われる可能性が低くなることで効果がなくなり成果に繋がらないからです。

ルートサンプリングは、店舗や施設などに訪れる顧客属性の偏りを利用し、適したターゲット属性の方に商品などが渡るようにしていきます。

例をあげると高級スポーツクラブという施設では「富裕層」という顧客属性の偏りがでてきます。

コンセプトや目的を考慮してターゲットが富裕層の場合には、顧客の偏りが富裕層である高級スポーツクラブという"ルート"を利用してサンプリングを行うということです。

また、同じルートでも時間帯によって顧客属性に偏りがある場合もあり、その場合はさらに時間帯を絞ってサンプリングを行います。

他に範囲のせまい属性のターゲットにサンプリングを行う時にも、ルートサンプリングは有効な方法です。

例えば男性向け美容クリームのサンプルをサンプリングする時のターゲットは、「美容に興味がある男性」「美容意識の高い男性」ということになります。

そのため商品をアピールするために街角などでサンプリングしても、上手くターゲットにわたらず成果が出ない可能性が高いでしょう。

なぜなら、女性に比べて普段からスキンケアなど美容に対して興味のある男性は少ないからです。

無料とはいえ、もらった人に興味がなければ使用されにくく、使用されないと商品の良さには気付いてもらえません。

このような際にルートサンプリングを使うことで、「美容意識の高い男性」をターゲットにサンプリングすることができます。

例えば、カップルで訪れる「ウェディング施設」などをルートにしてサンプリングすると成果が期待できます。

結婚を迎える男性は、花嫁さんと同様に写真や動画などを取ることになります。また、式当日にはバージンロードを一人であることや、代表しての挨拶などでより注目を集める機会があるでしょう。

ウェディングでの打ち合わせを通してその事実を知った男性は普段美容に興味がなくても、自然と美に対して意識が高くなっており、サンプリングを行った際にも効果的にアプローチをすることができます。

このように施設や店舗などに訪れる、偏りがある属性に向けてサンプリングすることがルートサンプリングということになります。

ルートサンプリングの目的・効果

ルートサンプリングは商品やサービスなどのターゲットに対して、効率良くサンプリング出来るようにするのが目的です。

アピールしたい商品やサービスの属性の方に、試してもらえることや使用されることで訴求効果も高くなります。

サンプリングは街頭サンプリングが多く使われる手法ですが、商材のターゲットや配布するエリアや時間帯によっては上手くターゲットに商材がわたらない可能性もあります。

また、商材が目を引くようなユニークなものであるなど特徴がないと街角でのサンプリングに慣れてしまっていることもあり、中々サンプルや商品を受け取ってもらえないケースもあるでしょう。

ルートサンプリングは、アピールしたい商品やサービスに興味のある属性を絞ってサンプリングできます。

そのため、ターゲットに対して効率的にサンプルなどの商材がわたりやすくなります。

決められた属性のターゲットに対して、ルートを使って効率良くアピールするのがルートサンプリングの目的・効果ということです。

ルートサンプリングの方法

ルートサンプリングの方法は、店舗や施設の受付などに置き、自由に手にとってもらう方法や、ダイレクトに手渡しで渡す方法があります。

ダイレクトに手渡しする場合には、その店舗や施設の受付担当から渡す方法や人材を別に配置して渡す方法があります。

ルートサンプリングを企画し実行する場合は、セールスプロモーション会社や広告代理店に依頼して行っていきます。

実施する目的や意図などを的確に伝え、ターゲット属性に合ったルートサンプリングをプランニングしてもらい実行していきます。

ルートサンプリングの注意点

ルートサンプリングは、ターゲットの選定を誤ってしまうと成果が望めなくなるので、注意する必要があります。

ルートサンプリングの最大の利点は、効率よくターゲットにプロモーションできるということです。

そのためにターゲットの属性に合ったルートを絞ってサンプリングしていきます。

ターゲット選定を誤ると費用対効果が悪化し、思ったような成果がでずにコストだけかかるという結果になってしまいます。

このような失敗を避けるために、綿密なターゲット選定をして依頼するセールスプロモーション会社や広告代理店に伝える必要があるでしょう。

ルートサンプリングの事例

サンプリングを行う事業会社には下記の様な数多くの事例をご紹介致しております。実際にサンプリングを行う際には事業会社に過去のサンプリング事例も合わせて問い合わせてみましょう。

ハンドクリームの事例

PRしたい商品は手指を乾燥や肌荒れを防ぐ「ハンドクリーム」なのでターゲットを20代から40代の美意識の高い女性に選定しました。

手指のケアに意識がある女性に向けて「ネイルサロン」というルートにて実施されています。

サンプリングの方法は、店内スペースにディスプレイと商品を設置し、そのままタッチ&トライでその場で試して頂く方法をとっています。

手に意識が集中する状況と実施時期が乾燥の気になる12月~1月というのもあり、効果的なPRとなりました。

発泡酒の事例

別の事例として、ランニングステーションにて、「糖質ゼロの発泡酒」のルートサンプリングを実施した事例です。

糖質ゼロが特徴の発泡酒なので、健康志向の高い20代から40代のランニング愛好者にターゲットを選定しました。

サンプリングする発泡酒は、ランニング後のランナーに受付から手渡しで渡す方法をとっています。

ランニングステーションという健康志向が高いと想定される方が訪れるルートで、ランニング後の喉が渇いている時に渡す発泡酒は、商品のイメージアップにも繋がったようです。

美容ドリンクの事例

続いて、高級リラクゼーションサロンにて、「プラセンタ&コラーゲンの美容ドリンク・ゼリー」のルートサンプリングを実施した事例です。

プラセンタ&コラーゲンという特徴の美容ドリンク・ゼリーは、肌の老化が気になり始めている美意識の高い女性がターゲットになります。

また、商品単価が一般の美容ドリンクと比べて高いこともあり、金銭的に余裕のある女性という狭いターゲット属性です。

そのため街頭サンプリングなどの他のサンプリング方法では、費用対効果が見込めないことが懸念されます。

そこで、「比較的金銭的に余裕のある30代以上女性」が顧客の高級リラクゼーションサロンをルートにしてサンプリングしました。

渡す際に、サロンスタッフからの"おすすめ商品"として手渡してもらうことで、より多くの潜在顧客に試してもらうことに成功しています。

狭いターゲットに訴求するための方法として選んだルートサンプリングの特徴と効果が、大きく活きた事例と言えるでしょう。

まとめ

  • 店舗や施設などの"ルート"に訪れたターゲットに対してサンプリングする手法が「ルートサンプリング」です。
  • 決められた属性のターゲットに対して、ルートを使って効率良くアピールするのがルートサンプリングの目的・効果です。
  • ルートサンプリングの方法は、店舗や施設の受付などに置き、自由に手にとってもらう方法や、ダイレクトに手渡しで渡す方法がとられます。
  • ルートサンプリングは、ターゲットの選定を誤ってしまうと成果が望めなくなるので、注意する必要があります。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事