ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:マーケテック【2022年度版】不動産テックとは?|注目される理由とおすすめのサービスを紹介

最終更新日

20220228

【2022年度版】不動産テックとは?|注目される理由とおすすめのサービスを紹介

#マーケテック

この記事では、不動産テックについて解説していきます。

労働市場における先行き不安や、情勢変化における様々な事象においてビジネス業界全体に変革が訪れています。不動産業界においても同じく変化の必要性に迫られているのが現状です。
そのなかで問題解決や利便性向上などに期待出来る不動産テックに注目が集まっています。問題解決ばかりではなく業界活性に期待できるサービスとして、全世界で市場規模が活発化しています。

不動産テックという言葉が浸透したのがここ数年のため、不動産に関わる人でも意味については詳しくわからないということも多いはずです。
ここでは不動産テックについての意味や、注目される理由とおすすめのサービスを紹介していきます。

不動産テックとは

不動産テックとは、不動産×テクノロジーを組み合わせた用語で、様々なテクノロジーを活用し不動産業界における課題解決や商慣習を変える取り組みのことです。デジタル技術を中心としたさまざまなテクノロジーを不動産業界における業務などに取り入れ、より効率的で成果を求めた業務をおこなっていきます。

また、不動産テックを用いることで、消費者の利便性や安心・安全性を提供することが可能です。

従来の不動産業界が抱える問題において、テクノロジーを駆使した不動産テックを取り入ることで問題解決につながると期待されています。

不動産業界が不動産テックに注目する理由の一つとして、様々な業界でDX推進を取り入れ飛躍的に変化するなか不動産業界にも変化を求められているのがその理由です。不動産テックを取り入れることで他業界や社会情勢、トレンド変化への対応が期待できます。

不動産テックの定義にはさまざまな種類がありますが、大きく分けて「価格や査定の可視化」「マッチング」「物件などの情報・メディア」に分かれ、さらにそれぞれで分野に応じて細かく分かれています。

不動産テックが注目される理由とは

膨大な市場規模

不動産テックが注目される背景として、急成長を遂げる市場規模があります。もともと、米国のベンチャー企業によって注目が集まりましたが、現在では東アジアを中心に、市場規模が右肩上がりで成長してます。中国のベンチャー企業である「Homelink」やシンガポールの政策である「Smart Nation Singapore」も後押しなっている一因です。

日本国内でも一般社団法人不動産テック協会が作成している「不動産テックカオスマップ」では、2017年時点で掲載されているビジネスサービスは80件ほどでしたが、2021年には446件の掲載数になっています。不動産業界そのものが、40兆円にものぼる巨大市場であることから他の業界に比べても魅力があり、企業の参入が多いのも一因です。

その他にも2019年に設立された不動産テックに特化したファンドも設立され、市場規模の大きさや成長に合わせてますます注目されることが予想されています。

DX推進で起きる変革の伸び代

これまで不動産業界では業界特有のアナログの業務フローがあり、デジタルへの変換が困難といわれていました。例えば不動産の売買や賃貸物件の現場では、紙の書類や資料が使われ物件の内覧などでは対面でおこなわれるということです。
それらの商習慣は根強く、デジタルやテクノロジーの導入が進まない一因となっています。

しかし、社会情勢の変化や他業界の変革、消費者ニーズの変化により不動産業界にもデジタル化への変革が進むようになりました。

また、不動産業界の東アジア地域における不動産テック市場拡大によって、急速にDX推進が起こってるのも要因の一つです。特に社会情勢の変化で起きているテレワーク導入により、DX導入がさらに必要とされている風潮も後押ししています。この事は総務省が令和2年に発表した「通信利用動向調査報告書(企業編)」で令和元年のテレワーク導入率が25.4%であったのに対し、68.1%まで上昇したことでも明らかです。
今後もDX推進でおきる、不動産テックへの変革はますます進んでいくというが注目される要因となっています。

参考:
総務省「通信利用動向調査報告書(企業編)」
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR202000_002.pdf

不動産テックの種類

ここでは不動産テックにおける種類とその概要を紹介していきます。

IoTサービス

IoTは、不動産の状況や状態の確認やセキュリティ役割を担うサービスです。カメラやセンサー電子錠による入退出システムなどが主な技術となります。

一例をあげると玄関のIoT導入ではスマートフォンで施錠・開錠できるようにすることや、部屋の調光や温度管理を行えるなどです。

XR

XRは、「VR」「AR」のテクノロジーを用いた拡張現実のサービスです。VRで現場に行かなくてもお客様が物件の内覧が出来ることやARを使い家具の配置シュミレーションができるようになります。

入居者の退去前・物件完成前の物件案内が可能となり空室対策にも有効です。

リフォーム・リノベーション

リフォーム・リノベーションにおいて不動産テックの役割は主に情報の提供となります。

中古物件探しからリフォーム・リノベーションのデザインと施工までのサポートなどが主な範疇で、供給する側と需要側においてワンストップで進むようになるのが特徴です。

スペースシェアリング

ペースシェアリングは、空き家を旅行者に貸し出すサービスやオフィスの空きスペースをシェアリングするなどのサービスです。

不動産テックでは、マッチングや利用する側の検索・予約などを提供します。

仲介業務支援

仲介業務支援は、不動産売買・賃貸などの業務を支援するサービスです。

顧客情報管理・営業支援など仲介業務に特化したサービスになっています。

管理業務支援

管理業務支援は、不動産管理会社の業務効率化を支援するサービスです。入居者管理や運営支援、PM(不動産経営代行)業務が主な中身になります。

特に最近では、IT重説の支援ツールも多く使われ、不動産テックの活用を飛躍的に広める要因にもなっています。

ローン・保証

ローン・保証は、テクノロジーを活用した様々な状況に応じたシミュレーションが主なサービスです。住宅ローンや保証など、不動産に関わる部分を担います。

顧客が可能な住宅ローン額を算出・判定などをおこなうことで不動産購入の利便性を高めるのがその役目です。

クラウドファンディング

クラウドファンティングは、不動産投資の際に投資費用を分担し、一人あたりの負担額を小額にするためのシステムです。

不動産事業に関わる需要と供給をマッチングするためのサービスとなります。
多額となる不動産投資をリスク軽減する役目となる不動産テックサービスです。

価格可視化・査定

価格可視化・査定では、できるだけ多くのデータをテクノロジーを用いて収集・分析し、不動産の価格を公平に査定し公表するサービスです。

現時点での価格や価値だけではなく将来的な査定も算出することができます。
より正確な市場価値により、公平な不動産売買の意思決定を支援することが可能です。

不動産データベース

不動産データベースは、不動産に関わる情報を集め情報の収集分析をおこないやすくするサービスです。

主なシステム・サービスとして不動産の登記情報をデータベースに集めて物件データを一度に閲覧可能になります。

物件情報・メディア

物件情報・メディアは、不動産に関わる情報を広告や各種メディアにテクノロジーを活用し掲載するサービスです。物件の情報だけではなく、オフィスやビル情報等を掲載することも増えています。

法人・個人含めてインターネットを活用して情報を取得することがスタンダードになっており、情報の重要度も増しているのが現状です。

そのため不動産に関わる情報だけではなく、それに付随する情報も提供し付加価値として、よりバリューを上げる役目があります。

また、掲載する側も情報を取得する側も大幅な時間短縮や効率化が図れるということです。

マッチング

マッチングは、不動産に関わるさまざまな人をマッチングさせるサービスです。

お客様と不動産業者・所有者をマッチングするのは、もちろんのこと不動産に関わるリフォーム業者や税理士、鑑定士など様々な業種をサポートします。
不動産テックを活用することで大幅な効率化を図ることが可能です。

おすすめの不動産テックサービス

不動産テックは様々な種類があるため、ツールやサービスも多くリリースされています。
ここでは、導入におすすめな不動産テックサービスの一部を紹介していきます。

ROOV(ルーブ)/株式会社スタイルポート

ROOVは、VRを活用した不動産販売支援ソリューションサービスです。PCやスマートフォンで物件を内覧できる3DCGビュワーの「ROOV walk」新築分譲マンションを中心とした物件販売現場で必要な資料、眺望写真等を ROOV walk内覧と一緒に一つのプレゼンツールへ集約した「ROOV compass」があります。

多くの導入実績もあり、信用性が高いのもおすすめポイントです。

UIもだれでも簡単に直感的な操作が可能になっており、お客様側にもストレスを感じさせない設計がされています。費用は非公表なので問合せが必要です。

Officee(オフィシー)/47株式会社

Officeeは、全国から検索可能な賃貸オフィスの紹介サービスです。サービスを活用することで店舗などの運営コスト削減と一部貸主からいただく手数料収入によって、全物件の仲介手数料を無料化できます。

専任のオフィスコンサルタントが内見から条件交渉、契約までトータルにサポートし、賃貸オフィスの仲介を劇的に効率化することが可能です。

移転後の内装工事やオフィス家具の購入・搬入もトータルサポートしてくれるオプションもあります。費用は非公表で問合せが必要です。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

3Dコミュニケーションプラットフォーム「ROOV」

手数料無料の賃貸オフィス物件仲介「officee」(オフィシー)

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事