ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:セールステック生産管理システムの機能とおすすめシステム10選

最終更新日

20200805

生産管理システムの機能とおすすめシステム10選

#セールステック

企業の中でも、とりわけ製造業さらにその生産現場においては、生産管理システムが欠かせない存在です。しかしながら、生産管理システムは提供されている製品数が多く、自社に最適なシステムを選択することは容易ではありません。

そこで生産管理システム導入の際には各システムの特徴をよく理解し、自社の生産形態や特徴を踏まえ検討することが大切です。

生産管理システムとは

生産管理システムはさまざまな製品の生産工程において納期・在庫・工程・コストなどの情報を可視化し、一元管理するものです。これにより、生産にかかわる各業務をそれぞれ関連付けて遂行することが可能となり、業務の無駄や遅延、在庫の過不足などをなくすことで、生産現場を最適化することができます。

また、生産管理システムには相互連携に配慮し、生産工程を効率化する次のようなさまざまな機能が搭載されています。

生産計画機能

受注情報や在庫データなどを多角的な視点から一覧化し、効率のよい生産計画を立てることができます。また注文や需要をシミュレーションし、生産計画に先見性を持たせることも可能です。システムによっては生産計画を自動で作成したり、資材所要量計算(MRP処理)を高速で行うことができるものもあります。

工程管理機能

保有工数や標準工数、負荷工数を統合的に把握することにより、負荷調整を行い生産計画や受発注などと連動しながら工程指示を行う機能です。進捗状況を可視化できるため、生産の調整やボトルネックの解消が容易になります。

購買管理機能

内製・外注・購入のいずれかを決定し、発注、受入までを一元管理する機能です。これにより、部品や在庫などのデータを把握しながら適切な購買処理を行うことができ、過去のデータを利用して仕入先と価格交渉も可能です。システムによっては納期や品質などを集計し、仕入先を自動で選択できるものもあります。

販売・在庫管理機能

受注状況や納期を一元管理し、生産計画・在庫管理・購買管理と連動することにより、遅延に対するアラート表示などを行います。また受発注と連動して在庫引当や入出庫の処理を可能にし、適正在庫の維持を容易にします。

原価管理機能

見積原価と購入原価の集計や比較、仕掛品の原価などを把握し製品完成まで原価を予測する機能です。これらは予算や工程の見直し、設計変更などに活用することができます。

品質管理機能

品質テストにおける要件定義や手順をシステムに登録することで効率化を図り検査担当者の負担やミスを軽減できる機能です。出荷・製品・部品ごとにロットの履歴をトレースすることで倉庫業務の精度向上や不良発生箇所の特定に活用できます。

おすすめの生産管理システム10選

生産管理システムは企業規模や業種、生産形態などの違いにより、それぞれに適した数多くのパッケージがリリースされています。そこで、生産管理システムの機能や特徴を踏まえ、ここからはおすすめの生産管理システムをご紹介します。

rBOM V3

生産管理と販売管理の機能を備えることで個別受注生産に特化した生産管理システムです。

統合部品表を採用しているので、設計部品表と製造部品表をひとつのデータベースで管理でき、完成時には製品の全情報を一元化し、ひとつの部品表を全業務で運用することができます。

また、機能が充実し、テンプレートも多彩なことから、大企業から中堅・中小企業まで導入企業の仕様に柔軟に対応するシステムを構築することができるのも特徴です。

rBOM GP

rBOM V3と同シリーズで、多品種少量生産の中小企業に特化した廉価版がrBOM GPです。このため、短期かつ低コストで導入することができ、個別受注や多品種少量生産にも適しています。またモノづくりに必要となる情報をひとつのBOM(部品表)に統一できる統合部品表を実装するほか、優れた操作性で業務効率向上を図りながら企業の成長に応じて機能をアップグレードすることも可能です。

WorkGearシリーズ

WorkGearシリーズは生産管理のWorkGear-B、生産・業務管理のWorkGear-X、売買・業務管理のWorkGear-Sなど、業態や機能から自社に適したパッケージを選択することができます。これにより、見積・受注、在庫、社内指示、発注、工程進捗、売上、仕入、請求、売掛、買掛など、生産工程で発生するあらゆる業務に関し、完全連動で対応することができる生産管理システムです。また自社に適した機能で初期スタートが可能なため、徐々に機能を増やしたり、オーダーメイドしたかのようなシステムを低価格、短納期で実現することができます。

i-PROERP3

i-PROERP3は個別受注および多品種少量生産が中心の部品加工業の中小企業に適した生産管理システムです。ノンカスタマイズの導入なら3~4ヵ月でシステムを構築することができるほか、自社に適したシステムにカスタマイズすることもできます。またライセンスフリーで導入費用を低減でき、運用中のシステムに対してはきめ細かなサポートが提供されるのも特徴です。

TPiCS-X

TPiCS-Xはカスタマイズすることなく、豊富な機能と多彩なオプションにより導入企業に最適な運用を実現する生産管理システムです。「f-MRP製番システム」「繰返生産システム」「製番管理システム」のラインナップからなり、生産形態によって適した機能を選択することができます。量産繰返生産、少量多品種生産、個別一品受注生産など、さまざまな生産形態にも対応しています。

TECHS-BK

TECHSシリーズには2種類のシステムがあり、このうちTECHS-BKは多品種少量型の部品加工業用に開発され、特に中小企業に適した生産管理システムです。受注から生産、売上までの工程を一元管理し、ハンディターミナル(収集端末装置)を採用することにより、入力工数を削減することができます。また加工時間の予実比較を行い生産性向上を図れるほか、加工進捗状況の把握や負荷調整により、労務費の低減と納期の短縮も実現します。

TECHS-S

多品種少量型に適したシステムであるTECHS-BKに対し、TECHS-Sは試作品や特注品の受注、設計、加工、組立ほか、自社ブランド品を繰り返し受注生産する際に最適な生産管理システムです。 情報の一元管理によってデータの「見える化」を図ることで正確で素早い見積もりを実現し、営業競争力や生産力の向上が期待できるほか、競合他社に対し競争力を向上させることができます。

J WALD

ひとつのシステム環境で製品、ライン、工場といった情報を一元管理することができる生産管理システムです。このため、組立系生産やプロセス系生産において受注生産と見込生産が混在している生産現場に適しています。実際の運用では、PLC(設備)センサーと連携することによる現場の「見える化」や、ERP(基幹システム)会計システムなどとの連携による経営状況の把握などが可能です。

A’s Style

A’s Styleは生産管理を中心とし、販売、購買、在庫、原価計算など、生産現場を統合的に支援する生産管理システムです。特に受注生産体制との親和性が高いほか、大量生産から適正量調達、適正在庫管理に必要なMRP(資材所要量計画)を搭載することも可能です。また、タブレットやバーコードを利用することにより、入出庫や棚卸などの業務効率を改善し、生産工程進捗、製造実績などのリアルタイム情報も容易にします。

SPENCER

SPENCERは生産のサプライチェーン全体を可視化することで省人化・省力化、標準化、在庫適正化といった生産工程全体を効率化する生産管理システムです。生産工程を「物流工程の連続」と捉えることにより管理を適正化します。また他の生産管理システムを利用している場合でもコンポーネント単位ならSPENCERの計画管理・実績管理機能を利用可能です。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

【生産管理】多品種少量生産向け生産管理システム rBOM V3

【生産管理】個別受注向け生産管理パッケージ rBOM GP

生産管理システム「i-PROERP3」

生産管理システム「TPiCS-X」

生産管理システム「TECHS-BK」

生産管理・原価管理システム「J WALD」

オールインワンクラウド型ERPパッケージ「A’s Style」

生産管理パッケージ「SPENCER」

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事