ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックプレスリリースとは やり方とプレスリリース 配信サービスの紹介

最終更新日

20200622

プレスリリースとは やり方とプレスリリース 配信サービスの紹介

#アドテック

プレスリリースは適切に発信することでプロモーションでは得られない効果を企業や企業が提供する商品やサービスにもたらすものです。

そこでこの記事では、プレスリリースとはどんなものなのかをはじめとして、発信の方法や注意点、プロモーションの違いなどについて解説します。

プレスリリースとはなにか

プレスリリースは広報PR活動で頻繁に用いられる方法で、具体的には各種メディアあてに情報を提供すること、あるいはその文書のことを指します。

プレスリリースの目的

多くの企業ではプレスリリースを行うことで自社の経営や、新商品、新サービスの宣伝効果を期待しています。

これはプレスリリースがメディアに掲載されれば、プロモーションとは異なり、コストをかけずに無料で自社の情報を宣伝できるからです。

また記事として一般に掲載されることからプロモーションよりも宣伝効果が大きく、かつ高い信頼性も得られます。

また、もともとプレスリリースは新聞社やテレビ局に向けが大半でしたが、近年ではウェブメディアが激増により、こうした媒体へのプレスリリースも増加しています。

プレスリリースの意義

プレスリリースは企業側にとっては無料で自社の情報を宣伝できるというメリットがありますが、メディア側にとっては社会の情勢をキャッチし、情報を発信するという役割を果たすために役立つものです。

そもそもメディアにも取材能力には限界があり、効率的に情報を取得できるプレスリリースは貴重な情報源といえます。

プレスリリースの方法

プレスリリースの手法はさまざまですが、主に次のようなものがあります。

FAXをメディアに送る

かつて最も一般的な方法だったのがFAXによるプレスリリースです。現在でも新聞社やテレビ局といったメディアでは用いられています。

ただし複数ページにわたる場合、原稿がバラバラになる懸念があるため文章量の検討が必要です。

郵送でメディアに送る

郵送も古くから用いられているプレスリリースの方法で、こちらも新聞社やテレビ局、また雑誌社などでは健在です。

またFAXよりも文章量はコントロールしやすいといえます。

電子メール

現在では最も一般的となったのが電子メールによるプレスリリースです。

FAXや郵送と違いかさばらず扱いやすいため、電子メールによるプレスリリースを推奨するメディアもあります。

ただし、扱いやすい分、メディア側で簡単に破棄されやすいというデメリットも否めません。

また、その手軽さからニュース価値が低く、宣伝色が強いプレスリリースも増加しているという問題点もあります。

記者クラブへの投げ込み

全国各地の県庁や市役所には「記者クラブ」が存在します。

プレスリリースはここに持ち込む方法もあり、これを「投げ込み」といいます。

直接メディア担当者に渡すことができるため、目を通してもらいやすい一方で、宣伝色が強いなど内容が伴わない場合、以降メディアとの関係性が途切れてしまうこともあるため注意も必要です。

報道機関へ直接持参する

新聞社やテレビ局、雑誌社などに直接赴きプレスリリースを手渡すのがこの方法です。

担当者に手渡されれば目を通してもらえる可能性は高いといえますが、面識や紹介がないと、難しい方法です。

プレスリリースをPR会社に依頼する

自社でのPR活動を行う際に、すべてインバウンドで作業をしようとすると膨大な作業になることは否めません。そのためPR会社に依頼するというのも念頭に入れるべきでしょう。

PR会社に依頼をすれば長期的な視点で施策を立案してもらうことが可能です。

施策の初期段階では情報配信に適したメディアリストの作成やメディアへのアプローチ時に必要になるニュースレターの作成を行ってもらえます。

その後、メディアへの配信を行い効果計測、そして次回へのプロモートへ改善と新たな施策を実施いたします。

施策が循環して効果的にPRを行うことができるのがPR会社の強みと言えるでしょう。

プレスリリースもその施策の一環として行えますが、PR会社を利用してプレスリリースを行えば、長期的なプロモーションと連動し、より効果的に行うことが可能です。

プレスリリース配信サービスを利用する

プレスリリースはこれを代行してくれる業者もあり、近年急増しています。

費用はかかりますが手軽に大量のメディアへプレスリリースを送付でき、内容の添削や送付先の選定なども依頼できるのがメリットです。

プレスリリースの注意点

コストをかけずに自社の情報を宣伝できるプレスリリースですが、メリットばかりではありません。

その最大の要因となるのはプロモーションのように発信する企業側に内容についての決定権がないことで、次のような点に注意する必要があります。

掲載される記事内容をコントロールできない

プレスリリースをもとにメディアに掲載される記事は広告料が発生せず、客観的な立場から書かれるものであることから、好意的に紹介されることばかりではありません。

ときには批判的な内容で掲載されることもあり、これをプレスリリースの発信者がコントロールすることはできません。

ただし、一方で好意的な内容であった場合には世間の信用を得やすいともいえます。

記事として必ず掲載されるわけではない

プレスリリースは連日メディアに大量に届けられます。

このため記事として掲載される競争率は高く、特に大都市圏ではその傾向が強いのが現状です。

また、記事として掲載されないケースには、プレスリリースの内容に原因があるケースもみられます。

特に宣伝色の強いプレスリリースには問題があるため、社会や消費者にとって有益な内容であることを意識して作成されなければなりません。

プロモーションとプレスリリースとの違い

ここまで、プレスリリースについてさまざまな角度からみてきましたが、プロモーションとの違いを整理すると次のようなことがいえます。

プロモーションは商品の存在や特長を広く告げるもの

プロモーションの最大の目的はテレビや新聞、雑誌といったマス広告や駅看板や車内吊りによる交通広告、リスティングやバナーなどのネット広告を通じて多くの消費者に商品の存在や特長などを認知させるのが最大の目的です。

最終的には商品やサービスを販売することを目指しますが、その第一歩として商品への興味を促すことも目的となります。

また、企業自身が広告主であり発信者でもあるため、一定のルールに則っていれば表現内容などを問われることはありません。

プレスリリースは商品の存在や特長などを間接的に広く報せるもの

プレスリリースはここまでのように、発信者側はテレビや新聞、雑誌、ニュースサイトなどのメディアが記事を掲載したり、番組として紹介することを目的としますが、消費者は間接的にその商品やサービスの存在や特長を知ることになります。

このため、広告には興味がなくても、記事や番組には興味があるという消費者に対して商品やサービスを訴求することも可能で、信頼が得やすいのも特徴です。

プレスリリースを配信できるサービス

すでに触れたようにプレスリリースはこれを代行してくれる配信サービスがあります。

そこで実際にプレスリリースを配信できるサービスをいくつかご紹介します。

PR TIMES

上場企業の3割以上が利用する国内トップシェアのプレスリリース配信サービスです。圧倒的な配信力の高さが特徴で配信ネットワークが充実しています。プランも豊富なので自社の商品やサービスの発表のペースに合わせた利用が可能です。

参考: PR TIMES

@Press

PR TIMESと並ぶ代表的なプレスリリース配信サービスです。

プレスリリースの内容ごとに配信先のメディアリストを作成するサービスもあるので、企業とメディアのミスマッチが起こりにくくなっています。

また新聞社やテレビ局、雑誌社、Webメディアといった幅広いターゲットにプレスリリースを配信できるのも特徴です。

News2u

サービス開始から20年目を迎える実績の高いプレスリリース配信サービスです。広報担当者のプレスリリースの課題を解決するというコンセプトにより、ノウハウがなく文章作成が苦手でも安心して利用できます。またプレスリリースのテンプレートも提供されています。

プレスリリースについてのまとめ

  • プレスリリースは広報PR活動で頻繁に用いられる方法です。
  • プレスリリースには、FAX、郵送、電子メール、記者クラブへの投げ込みなどの方法のほか、報道機関へ直接持参したりプレスリリース配信サービスを利用する方法もあります。
  • プレスリリースの注意点としては掲載される記事内容をコントロールできないことや、記事として必ず掲載されるわけではないことなどが挙げられます。
  • プロモーションは商品の存在や特長を広く告げるものであるのに対し、プレスリリースは商品の存在や特長などを間接的に広く報せるものです。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事