ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックOOHとは?屋外広告のメリットと注意点、主な種類・特徴

最終更新日

20211206

OOHとは?屋外広告のメリットと注意点、主な種類・特徴

#アドテック

この記事では、OOHについて解説します。
広告手法には様々な種類がありますが、屋外にて多くの人に訴求できるのがOOHです。
OOHはこれまで看板や電車内の広告など、アナログが主体でしたが最近はクラウドを活用したデジタルサイネージで自由度が高く、印象に残りやすい広告も増えています。
広告手法としてのOOHを理解し活用することで費用対効果が高い成果を求めたプロモーションが可能です。
そのために必要なOOHの内容やメリット、注意点や主な種類・特徴を解説していきます。

OOHの基礎知識

ここではOOHの基礎知識とメリット・注意点を解説します。

OOHとは?

OOHとは、自宅などの屋内以外で発信する、屋外広告・屋外メディアのことです。
具体的には駅やビルなどの大型ビジョンを活用したデジタルサイネージや建設中の建物にある囲いを活用した広告、街頭イベントやラッピングカーなどの屋外広告・プロモーションの総称になります。


もともとOOHとは「Out of home」の略で直訳すると”家の外”という意味になり、マーケティング用語では屋外広告です。
OOH広告の種類はさまざまですが、主な媒体は「街頭ビジョン」「デジタルサイネージ」「看板」「ラッピングカー」「街頭イベントでのサンプリング」「交通機関の広告」などがあります。


看板やサンプリングなど、アナログのイメージが強かったOOHですが、最近ではクラウドを活用したデジタルサイネージなどで、ターゲティングを考慮したプロモーションができるようになっているなど広告の多様性が強くなっています。

OOHのメリットと注意点

OOHは、視認性・視覚効果が高く不特定多数の人に接触・訴求しやすいというメリット・広告効果があります。
デジタルを活用するとターゲティングや印象に残りやすいプロモーションをすることができ効果的に認知拡大することが期待できます。
また、ラッピングカーなどを活用すると広い範囲の場所で訴求することができることも特徴でありメリットになります。OOHは多くの種類があるので、商材やターゲットによって効果的な広告を打つことが可能です。


このように多くのメリットが見込めるOOHですが、注意点として広告の種類や場所、プランニングなどを曖昧なイメージにせず、しっかりと社内検討する必要があります。狙った効果や成果を出すためにもコストや費用対効果を含めて慎重に考慮する必要があるということです。

OOHの主な種類と特徴

OOHはさまざまな種類があります。ここでは、主な種類と特徴を紹介します。

街頭ビジョン

街頭ビジョンは、駅やビルなどに設置してある大型のビジョンを活用した広告のことです。

広告サイズが大きいことや、多くの人の印象に残りやすいという特徴があります。不特定多数に対して商材の認知度を上げたい場合やイメージとして、人々の印象に残したい場合などに有効です。

看板広告

看板広告は、道路沿いやビルの壁、駅周辺など人通りが多いところに設置する広告のことです。


OOHの中で最もポピュラーであり、OOH広告の中では比較的安いコストで商材イメージを伝えることができるという特徴があります。
場所が特定されることによって、いつもそこを通る人は何度も目にすることになるので長期間設置することが効果の高い方法です。

ラッピングカー

ラッピングカーは、トラックやバス、タクシーなどにフィルムで広告のラッピングを施し、街中を走ることによって認知させる広告のことです。

インパクトがあるラッピングカーはSNSなどで拡散されることもあるので2次的なプロモーションも狙えることなどが特徴です。最近では、フィルムによるラッピングだけではなく、デジタルサイネージを活用したOOH専用のトラックなどによるプロモーションも増えています。

サンプリング

サンプリングは、イベントや街頭などで商品サンプルやチラシなどを配布しプロモーションを行う広告のことです。


場所や時間、配布する人の目視にてある程度のターゲティングができるという特徴があります。不特定多数へのプロモーションというよりも、セグメントを絞りターゲットにリーチしたOOH手法といえます。

工事囲い

工事囲いは、建設中のビルなどの囲いに看板等の広告を載せてそこを通る人に認知させる広告のことです。


比較的面積が広くとれるので、それを活用した広告を使い人々の印象に残りやすくできるという特徴があります。掲載期間が囲いを撤去するまでの期間なので、そこを考慮する必要があります。

交通広告

交通広告は、駅構内や電車内、バス車内など交通機関・施設を利用した広告のことです。

通勤や通学など多くの人が行き交う中で広告を載せることで認知させることができます。公共性が高いので、広告主に対して信頼性を高く持ってもらえるという特徴があります。

デジタルサイネージ

ディスプレイなどのデジタル表示にて広告・プロモーションを行う方法です。
大型のディスプレイやタッチパネル式のディスプレイなどで、自由度の高い広告を打つことが可能という特徴があります。場所も駅構内や飲食店、商業施設やタクシーなど用途・商材に応じて選ぶことが可能です。

OOHの制作におすすめの広告会社2選

ここでは、OOHの制作でおすすめの広告会社を紹介していきます。

ROADCAST(ロードキャスト)/東急株式会社

ROADCASTは、渋谷区、中央区、港区、新宿区を中心に約200箇所800面のネットワークを活用可能なOOHサービスです。


屋外広告~Web施策~効果測定までがパッケージングされているというのが特徴になります。OOH制作から効果測定まで依頼できるので、広告の投資対効果もしっかりと把握することが可能です。

MONOLITHS/株式会社マイクロアドデジタルサイネージ

MONOLITHSは、エレベータやネイルサロン、タクシー、ドラッグストアなど、さまざまな場所のデジタルサイネージをネットワーク化しているOOHサービスです。

日本全国約30万のディスプレイから、広告主のターゲットが多い時間帯や場所を指定して広告配信が可能という特徴があります。
特定のセグメントをターゲティングし広告配信を依頼することも可能になっています。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索だけでは見つけにくい最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

また、自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事