トップページこれからの社員教育に欠かせない「オンライン研修サービス」とは?おすすめサービス・会社10選

最終更新日

20201015

これからの社員教育に欠かせない「オンライン研修サービス」とは?おすすめサービス・会社10選

#HRテック

ビジネストーク分析ツール「リモトレAI」

この記事ではオンライン研修サービスについて解説します。

2020年の新型コロナウイルス感染予防対策では、全国で外出自粛が要請され、多くの企業が通常業務や社内研修をオンライン式にシフトしました。

オンライン研修は在宅で受講できるため、参加者の宿泊費や交通費が一切不要で経費削減効果も高く、アフターコロナ以降も導入の進展が予想されています。

そこでここでは、オンライン研修の導入活用を支援するオンライン研修サービスに着目。「オンライン研修サービスとは何か」という基本事項の解説とともに、おすすめのオンライン研修サービス・会社10選を紹介します。

オンライン研修の導入を検討中の企業担当者の方はぜひこの記事をお読みになり、よりよいビジネスの実践にご活用いただければ幸いです。

オンライン研修サービスとは

「オンライン研修」とは、受講者を自宅や勤務先の席にとどめてオンラインで実施するリモート型研修のこと。別名では「オンラインセミナー」「オンデマンド研修」「ウェビナー(WEBとセミナーを合わせた造語)」などとも呼ばれます。

「オンライン研修サービス」は、オンライン研修をカリキュラムとして企業に提供するサービスです。オンライン研修サービスには、あらかじめビデオ録画した講義を配信する番組放送型と、テレビ電話機能を利用したライブ配信型があります。

ライブ配信型のオンライン研修は、ZoomなどのWEB会議システムを活用。講師と受講者がリアルタイムに質疑応答したり、ビデオチャットで議論をしたりすることができます。

番組放送型の研修は、多くのオンライン研修サービスが採用しています。具体的には、企業研修を請け負う業者が自社制作のビデオコンテンツをWEBの動画配信サービスで配信。受講者は好きなときにPCやスマホで視聴できます。

番組放送型のデメリットは、リアルタイムのディスカッションや質疑応答ができないこと。そのため必要に応じてWEB会議形式のライブ配信カリキュラムを併用することもあります。

おすすめのオンライン研修サービス・会社10選


Schoo(スクー)

「Schoo」は、インターネット上で生放送の授業を配信するオンライン動画学習サービスです。法人向けの研修パッケージでは階層や職種別に充実したカリキュラムを提供。用途に合わせてさまざまなオンライン研修が可能です。

料金は、ひとつのIDで授業受け放題の1,500円定額コースをはじめ、用途や予算に見合った受講パターンを選択可能。デモアカウントを取得すれば無料体験もできます。

Udemy for Business(ユーデミー フォー ビジネス)

「Udemy for Business」は、「Udemy」の膨大なライブラリーからビジネス向けのコースを厳選したカリキュラムです。

13万の講座から一般レビューで厳選された法人向け4,000講座が学び放題。5,実務に直結する講座を制限なしで受けることができます。また、社員の受講状況を管理できるのも特徴の一つです。

EVeM MANAGE-MENTOR(イーブン マネージメンター)

「EVeM MANAGE-MENTOR」は、noteの「ベンチャーマネージャーのマニュアル」を活用したベンチャー企業経営者向けのオンライン学習サービスです。

一般的なビジネス学ではなく、ベンチャー企業の運営に特化した実践的なプログラムを提供。ベンチャー企業のマネージャーに必要な各論を学ぶことに加え、実際の業務に活かすための深い理解を実現すべく講師と対話し、そして実際の業務での実践を通じてベンチャーマネージャーに必要な高度な理論を短期で身につけることができるプログラムです。

リモトレAI

「リモトレAI」は、「集合しない新人研修」をAIがサポートするリモートトレーニングサービスです。オンライン研修では商品説明のトレーニングが困難ですが、「リモトレAI」は専用のスマホアプリを使って社員のトークをAIが分析。改善点をレポートします。

料金は対象の人数と利用回数で決定します。15分のトークを5,000円から利用することができます。

TechAcademy(テックアカデミー)

「TechAcademy」は、アプリ開発やコンピュータプログラミングを学べるオンラインスクールです。ネット環境さえあればいつでもどこでも学習可能。さらに現役プログラマーとパーソナルメンターがついて学習をサポート。卒業生の転職活動もサポートします。

独習が続かない三日坊主タイプの人には、短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」を用意。価格は選択コースによって異なります。

Biz CAMPUS Online(ビズ キャンパス オンライン)

「Biz CAMPUS Online」は、Biz CAMPUS Basicの研修を好きな時間に全国どこでも動画で受講できるストリーミング配信サービスです。テレワークの社員や全国展開の企業にありがちな地域による教育格差を是正します。

動画教材は、オンライン専用に制作したリアル研修さながらの撮り下ろしコンテンツ。ビジネスシーンで想定されるさまざまな事例を取り上げ、リアルな研修体験を提供します。

GLOBIS(グロービス)

「GLOBIS」は、ビジネスに特化した学校運営や研修・出版事業を展開する企業です。研修サービスでは、リアル型とオンライン型のカリキュラムを設定。定型の講義だけでなく、多様なニーズに合わせて内容をカスタマイズすることも可能です。

オンライン研修は、インターネット接続可能なPCさえあれば場所を選ばずに受講可能。実務的で内容の濃いコンテンツを提供可能。

shouin(ショウイン)

「shouin」は、動画を主とした研修プログラムで新人スタッフの効率的な業務習得を支援するクラウド型のオンライン研修サービスです。動画配信を軸に受講者が独習できる仕組みを設計。経費を削減するとともに、研修担当者の負担を軽減します。

本社からは、各支店の研修状況を管理画面で可視化できる拠点管理業務も支援。本社と現場をつないでベストな拠点運営を支援します。

Cornerstone(コーナーストーン)

「Cornerstone」は、企業の人材採用から育成、マネジメントまでをトータルでサポートする人材管理プラットフォームです。

人材を単なるリソースではなく、タレントとしてマネジメント。クラウドベースのオンデマンドラーニングで個々の社員の能力を引き出します。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCampは、リモートで働く現役エンジニアが講師となって生徒と1対1で学習指導するオンラインプログラミングスクールです。

講義はWEB会議システムで行い、テキストもクラウド上にあるので場所や時間を選ばずに受講できます。

さらに、カリキュラムは常に最新の情報にアップデートされます。CodeCampの学習期間が終了した後も閲覧でき、いつでも最新情報に触れることができるの特徴です。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご

登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

ビジネストーク分析ツール「リモトレAI」

同じカテゴリーの記事