ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:取材・インタビュービデオリリースサービス「NewsTV」の事業成長を加速させたサービス6選 代表の杉浦健太氏も太鼓判

ビデオリリースサービス「NewsTV」の事業成長を加速させたサービス6選 代表の杉浦健太氏も太鼓判

#取材・インタビュー

最終更新日

20211201

経営者が本当におすすめするビジネス支援サービスは何か。アジアNo.1 PR会社のベクトルグループを支える柱の一つであるビデオリリース配信事業を展開する株式会社NewsTV代表取締役 杉浦健太氏に、数多あるビジネス向けサービスの中でなから「おすすめ6選」を伺った。

ビデオリリースに特化、株式会社NewsTVの事業内容

株式会社NewsTVでは、記者発表会やPRイベント、展示会、新商品情報などを、無料で動画化し、独自の配信プラットフォーム「NewsTV Network」やSNSなどを活用してターゲットに直接配信するサービスを展開しています。

企業側が伝えたい情報を動画という情報量の多いフォーマットで、適切な情報に変換して、伝えたいターゲットに届けられることが特徴で、サービス開始以降、約5年半で3,000本以上の動画制作・配信を行った実績があります。

独自の動画配信・分析基盤を有しているため1秒単位での離脱データが取得可能となっており、ユーザーの離脱ポイントを元にした動画制作がNewsTVの強みの一つです。

株式会社NewsTV代表取締役 杉浦健太氏について

早稲田大学法学部卒。株式会社ベクトルに入社後、株式会社サイバーエージェントの子会社の立ち上げを経て、2010年に独立。独立後は複数社の経営に参画。2014年にベクトルとマイクロアドの合弁会社ニューステクノロジーの立ち上げに伴い再度ベクトルにジョイン。2015年よりNewsTVの立ち上げも携わり、現在は代表取締役社長としてその経営手腕は奮っています。

NewsTVの事業成長を支えた杉浦氏おすすめサービス6選

持続的な事業成長をしていくために、マーケティングや商品開発に加え、どのような組織をつくっていくかを描いた採用面での施策も忘れてはいけないポイントです。

NewsTVが実際に使用しているサービスをマーケティング戦術と採用戦術の2つの側面から伺いしました。

見込み顧客を増やすMAツール「SATORI」

「SATORI」は、実名の見込み顧客にとどまらず、匿名の見込み顧客にもリードナーチャリング可能なマーケティングオートメーションツール。顧客のリード情報獲得前の、匿名顧客に対してのナーチャリングを実現することで、自社にとって購買意欲の高い見込顧客を継続的に創出することを可能とします。

杉浦氏:
「主にメルマガ配信や既存顧客向けのウェビナーなどのリードナーチャリングにおいて、情報管理・顧客の確度測定に活用しています。また、日本製ということもありUIが非常にわかりやすいため、日々の利用がスムースにできています。ナーチャリングを可視化し管理することで、ナーチャリングからの与件化や発注数も増加するなど、具体的な効果にも繋がっています。」

詳細はこちら: https://satori.marketing/

決裁者マッチングサービス「チラCEO」

「チラCEO」は、決裁者マッチングを通じて経営課題を解決するサービスです。4000を超える決裁者が登録する独自プラットフォームを基盤とし、「メッセージ機能」「オンラインイベント」「専任CS(カスタマーサクセス)メンバーによる紹介」「掲示板機能」によって決裁者同士のマッチングを創出します。年間12,300件以上の決裁者マッチングを成功しています

杉浦氏:
「顧客との接点創出の手段として活用しています。決裁権者にダイレクトに接することができるため、提案から与件化&ご発注までのリードタイムが短縮できています。また、相互提案のスタイルを取るため、こちらからの提案機会を設けやすいです。」

詳細はこちら: https://only-story.jp/chira-ceo/

デジタル広告統計サービス 「digiads」(デジアズ)

digiadsは、いつ、どの広告主が、どの媒体に、どんなクリエイティブで広告を掲載したのかを把握できる広告リサーチサービスです。広告枠が活発に取引されているサイトを独自にクローリングしてレポートを作成しています。

杉浦氏:
「各社のデジタル広告の出稿状況やそのクリエイティブを知ることができるツールです。これにより、営業からの提案時に顧客の競合企業の出稿状況や類似企業の出稿内容を踏まえた内容にすることができ、より深みと説得力のある提案ができるようになりました。提案内容に対する顧客の満足度も上がり、提案からの与件化率&受注率upに寄与しています。」

詳細はこちら: https://www.videoi.co.jp/service/digiads/

顧客行動を可視化する「Sales Video Analytics」

NewsTV社の新サービス。BtoB営業向けのソリューションで、営業活動の動画化とクライアント行動の可視化を通じて、営業効率化を支援するプロダクト。メールやチャットでやりとりしているお客様が、自分たちの送る情報をどれだけ把握しているかを理解することで、営業効率化を図ります。

大きく以下3つの機能特徴があります。

  1. 営業資料や商品説明、お客様の声など3本無料で動画作成
  2. PDFや動画を埋め込んだ顧客専用のランディングページを簡単に作成
  3. PDFや動画がどれぐらい見られたかをレポートで可視化

詳細はこちら→ https://sales-video-analytics.com/p/lp/

採用管理クラウド HRMOS採用

求人管理、媒体連携やエージェント、選考管理、面接官評価など、採用活動に関する情報を一括管理するプラットフォームサービス。採用ROIも計測可能。採用管理クラウドの王道。

杉浦氏:
「今まではエクセル等のドキュメントを使って採用の管理をしており、採用に力を入れていく中で、いかに効率よく運用するかが課題でした。HRMOSは、他求人媒体とのデータ連携機能もあり、スカウトした候補者のデータを自動で取り込んでくれる点や、選考管理においてアクションごとのアラートやエージェント様への一斉連絡、何より採用活動の定量データがダッシュボードで可視化できる点など今後の戦略的な採用を行うにあたって運用効率を高めるために有効的に活用しています。

詳細はこちら→ https://mitsu-karu.com/single-document/?f=2953&a=7080

新卒学生向けスカウトサイト「iroots」(アイルーツ)

新卒学生が「本音・ありのまま」の自分を余すことなく自分自身が言語化できるよう、最大6000字のプロフィール欄がある。10,000社・115万人以上が活用した性格・価値観診断も搭載されており、精度の高いスカウトを送ることができる。

杉浦氏:
「irootsを導入する前はいわゆるナビサイトをメインに活用し、多くの学生と接触をしてきましたが、採用メンバーも限られている中で、いかに効率的に当社とマッチした学生と接触していくか、が課題でした。irootsは、登録している学生の幼少期の体験やキャリア観、性格特徴、価値観などエントリーシートだけでは見えないパーソナルな部分が読み取れるので、当社とマッチした学生をピンポイントで発見しコンタクトが取れる点が魅力的に感じています。また、社員との傾向も分析することができるので、入社後のオンボーディング等にも活用しています。」

詳細はこちら: https://iroots.jp/lp/company/

toBビジネスの中小企業のモデルになる導入例

NewsTVでは、商品の品質を高めるために、案件単位の「質」をとことん追求した業務形態をとっていることがわかります。決裁者を中心とした商談の1件あたりの質を、分析ツールを駆使しながら高めています。採用に限っても候補者の1人1人や選定や選考プロセスの質を高めることにビジネス支援サービスを利用しています。

マーケティング予算や採用予算が少ない中でも事業成長をしていかなくてはいけない中小企業の経営にとって、参考になる導入例ではないでしょうか。

今回紹介したサービスが気になる方は、ぜひ資料ダウンロードをしてみてください。

採用管理クラウド「HRMOS採用」

NewsTV「ビデオリリース」

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事