トップページ企業の勤怠管理を容易にする「マネーフォワードクラウド勤怠」のメリットと特徴

最終更新日

20210219

企業の勤怠管理を容易にする「マネーフォワードクラウド勤怠」のメリットと特徴

#HRテック

少子高齢化の進展などによる人口減少の影響で、働き手の確保や退職率の抑制は日本企業にとって大きな課題です。さらに「働き方改革関連法」への対応も、各企業の労務担当者の負荷となっています。特に同法では残業時間の上限や年次有給休暇の義務づけといった、労働時間に関する法案が多数制定されているため、勤怠に関する業務の負担を軽減するための勤怠管理システムの導入が有効です。

そこでこの記事では、クラウド上で出退勤時間や残業時間の記録、有給休暇の管理・集計を行うことができる勤怠管理システム「マネーフォワード クラウド勤怠」をご紹介します。

マネーフォワード クラウド勤怠とは

マネーフォワード クラウド勤怠は導入企業の就業規則に則り、クラウド上で出退勤時間や残業時間の記録、有給休暇の管理が可能なサービスです。

これまでのタイムカードや出勤簿、Excelによる勤怠管理では効率的な業務が難しいばかりか、法令順守の観点でも不安や課題がありました。その点マネーフォワード クラウド勤怠なら打刻・集計が容易で、かつ法令対応も基準を満たした形で利用することができます。これにより、バックオフィス業務を大幅に軽減し、勤怠管理を効率化します。

3つの導入メリット

マネーフォワード クラウド勤怠では。勤怠管理を一貫して自動化することで業務負担を軽減します。このため、導入企業にさまざまなメリットがもたらされます。

工数・コストの大幅削減

マネーフォワード クラウド勤怠なら、勤務時間や有給休暇制度に変更があっても自動でアップデートが可能です。またアップデートはすべてWeb上で完結し、いつ・どこででも確認することができます。このため、労務担当者の工数を大幅に削減可能です。

わかりやすいデザイン

導入後の初期設定は、誰もがわかりやすいデザインで簡単に完了します。マネーフォワード クラウド勤怠は他社ソフトからの切り替えや、はじめて利用する場合でも安心です。

充実のサポート体制

マネーフォワード クラウド勤怠は、単なるツールとして提供されるだけではありません。カスタマーサポートセンターを通じ、初期設定から運用まで、メール、チャットなどによって幅広いサポートが提供されます。

マネーフォワード クラウド勤怠4つの特徴

マネーフォワード クラウド勤怠には、複雑な設定をする労務担当者に対しては作業負担の軽減を実現でき、毎日使う従業員には使いやすさ提供する特徴が備えられています。

特徴1:「クラウド給与」と連携可能

勤怠管理システムは、独立して利用してもメリットの出にくいツールです。このため多くの場合、給与計算サービスと併用します。マネーフォワード クラウドでもすでにリリースしている6つのサービスのうち、「マネーフォワード クラウド給与」との連携により集計したデータはワンクリックでマネーフォワード クラウド勤怠に連携し、給与計算することができます。これにより、勤怠集計から給与計算まで一気通貫の処理を実現します。

特徴2:使いやすいシンプルな操作画面

マネーフォワード クラウド勤怠の操作画面は、わかりやすく直感的な操作が可能で迷うことがありません。ログイン時に一目で確認できるアラート機能や、最小限のメニュー表示でシンプルに表示できる従業員画面など、操作する人のことを考え抜いた優れたデザインとなっています。

特徴3:クラウドによるリアルタイム運用

マネーフォワード クラウド勤怠は、PCやタブレットで、いつでも・どこからでも従業員が打刻が可能です。一方、複数拠点で複数の管理者が存在しても労働状況は1か所で管理することができます。また最新の法改正に自動アップデートにより対応するなど、リアルタイム運用による利便性の高さはクラウドならではです。

特徴4:勤怠管理の自動化

就業形態や労働時間制度、有休の付与日および喪失日などはあらかじめ設定しておくことで労働時間を自動集計し、管理することでさまざまな企業の環境に対応することができます。また誤った勤怠登録にはアラートを出し、従業員本人や上長へ通知するなど勤怠登録も自動でチェックが可能です。

主な機能

マネーフォワード クラウド勤怠が備える主な機能は、日々の複雑な勤怠管理を簡単にし、従業員の多い事業所でもスムーズな運用が可能です。さらに、労務担当者のデータ整理の負担を軽減するさまざまな機能も多数搭載しています。

勤怠チェック

勤怠管理システムとして基本となる勤怠チェックでは、従業員の勤怠状況をリアルタイムで確認・集計することができる機能です。また打刻方法は事業所や従業員の状況によって使いわけることもできます。

多様な雇用形態への対応

裁量労働制の導入、フレックスタイム、変形労働制など、現代の雇用形態は多様化し、勤怠管理では管理監督者用のルールも加わります。マネーフォワード クラウド勤怠ならこうした複雑な就業ルールへの対応も万全です。

拠点別/時間帯区分集計

マネーフォワード クラウド勤怠では、拠点をまたいだ労働時間の管理、夜勤や早朝勤務といった時間帯別の労働時間を集計する機能も備えています。

有給休暇管理

マネーフォワード クラウド勤怠なら、柔軟な有給休暇自動付与ルール設定とあわせ、有給休暇の付与、期限による失効を自動化することができます。これにより、煩雑な有休管理も容易です。

豊富なアラート

マネーフォワード クラウド勤怠には、豊富なアラート機能も備えられています。異常な打刻や残業時間が一定の基準を超過した場合や36協定順守への対応など、勤怠の状況に応じた使いわけが可能です。

ワークフロー

打刻時刻や遅刻、早退、欠勤、残業、休日出勤のほか休暇の申請や承認を行うことができます。

異動履歴管理

異動履歴管理では管理者が異動や転勤しても、過去の履歴はクラウド上で管理可能です。これにより、過去の異動履歴を遡るのも容易になります。

多彩なインポート

マネーフォワード クラウド勤怠には、膨大なデータを一括でインポートする機能も備えています。従業員情報、勤怠データ、就業ルール、基本設定など、これらを導入時にわざわざ入力する必要はありません。

CSVデータ出力

集計された勤怠データをCSVファイルで出力する機能です。出力されたデータは給与計算ソフトに取り込むこともできます。

マネーフォワード クラウド勤怠の法人向け料金プラン

マネーフォワード クラウド勤怠の料金プランは、他シリーズ製品も合わせて利用することができます。用意されているのは勤怠管理システムだけでなく、請求書、経費、会計、給与など、企業のバックオフィスをひとつにまとめ、本業に集中できる環境づくりをサポートしてくれます。

スモールビジネス

小規模の法人でお得に利用したい方向けです。

  • 月額3,980円
  • 年額35,760円(1か月あたり2,980円)

ビジネス

複雑な会計業務や請求書発行の多い法人向けです。

  • 月額5,980円
  • 年額59,760円(1か月あたり4,980円)

各プランは上記に加え、各サービスの従量課金、各種オプション料金を加算した金額がそれぞれの利用料金となります。またマネーフォワード クラウド勤怠に関しては、従量課金分について5名分まで基本料金に含まれ、すべての機能を利用することが可能です。

まずは無料トライアルを

新規登録後1ヶ月間は、有料プランと同等の機能を無料トライアルできます。マネーフォワード クラウド勤怠の導入を検討する際には、まず無料トライアルを試してみるとよいでしょう。

マネーフォワード クラウド勤怠についてのまとめ

・マネーフォワード クラウド勤怠はクラウド上で出退勤時間や残業時間の記録、有給休暇の管理が可能なサービスです。

・マネーフォワード クラウド勤怠では勤怠管理を一貫して自動化することで業務負担を軽減し、導入企業にさまざまなメリットがもたらします。

・マネーフォワード クラウド勤怠には、複雑な設定をする労務担当者に対しては作業負担の軽減、従業員には使いやすさ提供する特徴が備えられています。

・マネーフォワード クラウド勤怠の料金は他シリーズ製品も合わせて利用できる6つのプランと単体プラン、そして無料トライアルも用意されています。

同じカテゴリーの記事