ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:マーケテックメール配信を効率化、2022年おすすめメール配信システム3選

最終更新日

20220125

メール配信を効率化、2022年おすすめメール配信システム3選

#マーケテック

メール配信システムはメールマーケティングなどを目的としたメールの配信を効率化するシステムです。代表的な機能にはメールの一斉送信があり、このほかにもメールの到達率や開封率を調査する効果測定、HTMLメールを作成する機能などが搭載されています。

そこでこの記事では、メール配信システムの導入における選定基準の解説とともに、現在おすすめのメール配信システムをご紹介します。

メール配信システムの選定基準とは

メール配信システムにはさまざまなサービスがあり、自社に適したものを選ばなくてはなりません。このため、メール配信システム選定の基準としては次のような点が挙げられます。

クラウド型かオンプレミス型か

メール配信システムには「クラウド型」と「オンプレミス型」の2種類があります。

このうち、クラウド型はインターネットを経由で提供されるサービスで、自社に適したカスタマイズ性にはやや難があります。

一方オンプレミス型はサーバーやソフトは自社で用意するもので、カスタマイズ性に富みますが、その分システム構築に技術力や知識が求められ、セキュリティ対策も自ら行わなくてはなりません。

これらはどちらが優れているというわけではありませんが、近年では低コストでセキュリティも高いことからクラウド型がメール配信システムの主流になりつつあります。

HTMLメール機能があるか

HTMLメール機能はWEBページのように文字の色付けやフォントサイズの変更、画像の表示などが可能なメール形式でのメール配信ができる機能です。表現力が豊かなため、商品の画像などが必要なECサイトのメルマガの配信などに適しています。

特にスマートフォンの普及に伴ってリッチなコンテンツの受信が容易になった現在、HTMLメール機能は効果を左右する重要な要素です。

メール配信システムによってはテンプレートが無料で公開されていたり、エディター機能などが用意され、HTMLをコーディングしなくても簡単にHTMLメールのコンテンツを作成することができます。

効果測定機能があるか

効果測定機能はメール配信時にあらかじめクリック数やコンバージョン数などを測定するための設定を施すことができる機能です。

メールマーケティングを目的にメール配信システムを活用する場合、メール配信の結果となる配信の効果は重要で、より効果的な時間帯や購買につながりやすいメール本文を作成しなければなりません。

そこで重要なのが効果測定機能で、メール受信者のアクションを測定することでメールマガジンやキャンペーン告知メールの配信効果を確認することができます。

2022年おすすめのメール配信システム3選

数多くのサービスが提供されているメール配信システムは、機能や特徴もそれぞれ異なります。このため導入の際には自社の課題解決に適した配信システムを選択することが重要です。

ここからは、現在おすすめのメール配信システムをピックアップしていきます。

1to1接客の可能にする「WEBCAS e-mail」(ウェブキャス)

WEBCAS e-mailは、単にCSVリストの項目を参照する配信だけでなく、既存のデータベースなど各種データの差し込みや、顧客の属性、嗜好、購買履歴などのデータを活用したOne to Oneメールの配信が可能なメール配信システムです。ステップメールにも対応し、ウィルスチェックや第三者機関の脆弱性診断など、セキュリティ面も充実しています。

また、ASP版だけでなく、既存の顧客管理システムやECシステムと連携できるなど、幅広い提供形式やプランが用意されています。

メール配信で受注アップ「Kairos3」(カイロススリー)

Kairos3はメール配信機能を持つ、マーケティング・営業支援ツールです。メール配信に関しては、テキストメールはもちろん、HTMLメールもマニュアルを必要とすることなく、簡単に作成することができます。

またメール配信の際の開封率やクリック率を向上させるための機能は標準で利用でき、配信の結果やメール本文のクリック後のWebアクセスといったリードの行動をトラッキングして分析することも可能です。

手軽にメール配信をはじめるなら「blastmail」(ブラストメール)

blastmailは年間メール送信数の上限の高さや低価格、高い実績によって多くの企業に支持されているメール配信システムです。スライド式マニュアルにより、メール配信に不慣れでも容易に利用することができます。HTMLメールの作成は豊富なデザインテンプレートが用意されています。開封率やクリック測定などの効果測定機能も充実していることから、本格的なメールマガジンの運用にも対応することができます。

また、エンジニア向けに、任意のシステムからAPI連携やSMTPリレー形式で、クラウドからかんたんに高速かつ確実なメール配信を可能にする機能もあります。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

マーケティングオートメーション/SFA「Kairos3」

エンジニア向けメール配信サービス「blastengine」(ブラストエンジン)

法人契約数No.1 メール配信 システム blastmail(ブラストメール)

メール配信システム「WEBCAS e-mail」

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事