ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:HRテック従業員満足度向上させる「エンゲージメントツール」とは?おすすめツールも紹介

最終更新日

20201020

従業員満足度向上させる「エンゲージメントツール」とは?おすすめツールも紹介

#HRテック

この記事では、従業員満足度向上させる「エンゲージメントツール」について解説します。

いま日本では少子化による労働人口の減少によって、多くの企業が人材不足や優秀な人材の流出に悩まされています。

そこでここでは、従業員の離職率低下と生産性向上に役立つ一石二鳥のエンゲージメントツールに着目。「そもそもエンゲージメントツールとはなにか」という基本事項に関する解説とともに、おすすめのエンゲージメントツールを紹介します。

人材確保と人材流出の両面において対応に迫られている人事担当者の方はぜひこの記事をお読みになり、よりよいビジネスの展開にお役立ていただければ幸いです。

エンゲージメントツールとは

「エンゲージメント(engagement)」とは、一般には「婚約」の意味ですが、ビジネス用語では「契約」「債務」「雇用契約」という意味です。また企業経営における「エンゲージメント」は、「従業員が会社や仕事に抱く愛着や思い入れ」を意味します。

「エンゲージメントツール」は、従業員が仕事や会社にどれほど愛着を持ち、働きがいを感じているかを分析。問題があれば改善を施して従業員のエンゲージメントを高めることで、仕事に対するモチベーションを向上させて離職を防ぐことを目的としたツールです。

エンゲージメントが高い社員は、職務能力と会社への貢献度が平均的な社員を上回るという調査結果もあります。エンゲージメントツールで会社と従業員の信頼関係を構築できれば、人材流出を防ぐと同時に生産性も向上するという一石二鳥の効果が期待されます。

おすすめのエンゲージメントツール


RECOG(レコグ)

RECOGはバリュー(行動指針)を日々の行動に反映させる仕組みを日々のレターで実践することができます。


「どの行動が評価されたのか」組織やチームのバリュー(行動指針)と実際の行動に対する評価が明確になるので、メンバー一人ひとりのモチベーションアップに効果的。自然と褒め合う習慣ができるので、陰で頑張っていたメンバーにもスポットライトがあたり、離職率低下にも役立ちます

TUNAG(ツナグ)

「TUNAG」は、社内コミュニケーションの活性化と企業の生産性向上を促進するエンゲージメント経営プラットフォームです。いま会社のどの部署で誰が何に取り組んでいるか。会社の行動指針や経営ビジョンは何か。そんな情報がTUNAGですぐにわかります。

従業員間のコミュニケーションは、専用SNSを使います。チャットや社内掲示板も利用可能です。業務データやタスクは、制度管理機能で簡単に一元管理が可能。従業員のエンゲージメント診断もできるので、適切なマネジメントが可能です。

MotifyHR(モティファイ エイチアール)

MotifyHR(モティファイ エイチアール)は、テレワークや支社間などの時間や場所に捕らわれずに、離れている従業員同士のコミュニケーションや上司・部下、両方へのフィードバックを可能にすることで、エンゲージメントと生産性の向上を実現する人材開発プラットフォームです。

従業員同士のコミュニケーションや上司・部下、その両方へのフィードバックを自動化し、パフォーマンスの高い企業文化の創造を支援します。

wevox(ウィボックス)

「wevox」は、専門家の慣習にもとづく社員アンケートを定期的に行い、継続的に結果を解析することで人や組織の傾向や課題を特定。エンゲージメントの数値化を可能にするサービスです。アンケートはスマートフォンにも対応。時間は3分ほどで回答できます。

アンケート内容は、同僚や上司との人間関係、健康、各自の関心事や自己成長、理念や職務などの項目があります。実施頻度は選択可能。集計や解析は個人単位ではなくチームの平均値を算出できます。料金は1人あたり月額300円。最小3人から導入できます。

MOTIVATION CLOUD(モチベーションクラウド)

「MOTIVATION CLOUD」は、組織の状態を把握して改善プランの立案・実行までをサポートするクラウド型のサービスです。企業組織の客観的な評価には外部の「モノサシ」が不可欠です。「MOTIVATION CLOUD」は企業組織の自立的強化を実現します。

従来のモチベーションツールは個々の社員の人事評価がメインですが、「MOTIVATION CLOUD」は詳細な社員アンケートにより組織の状態を全方位的に分析。組織としての問題を解決します。

カオナビ

「カオナビ」は、「顔と名前が一致しない」という、組織でよくある課題を解決できるユニークなクラウド型の人材マネジメントサービスです。インターフェイスに社員の顔写真を表示。人材配置や人事戦略を当人の顔写真を見ながら策定できます。

社員1人ひとりの顔がわかれば、個々の技能や特性も「顔」に関連づけて認識が可能。その結果、各社員の経験や意向を加味しながら最適な人員配置や戦略の検討が可能になります。

タレントパレット

「タレントパレット」は、社員のスキルとキャリア、従業員アンケートや適性検査の結果や人事評価など、これまで社内の各部署に分散していたさまざまな人事情報を集約して分析・可視化することで人材管理を最適化できる人事戦略プラットフォームです。

人材データの多角的解析と応用によって、有望な人材の発掘や採用、転職・退職などの離脱防止を実現します。

Geppo(ゲッポウ)

「Geppo」は、従業員1人ひとりのコンディション変化を発見し、人事問題の発生を抑制するためのツールです。従業員は月に1度、3つの質問に答えるだけ。定例観測によって従業員の心理的な不調を兆しを察知。問題が深刻化する前に対処できます。

質問の項目は、仕事の満足度と人間関係、健康の3つ。時間も1分ほどで回答できるので社員に面倒をかけません。料金は社員25人までで月額20,000円から。

Habido(ハビドゥ)

Habidoは、優秀な人材育成をサポートするエンゲージメントツールです。従業員の成果だけでなく、日々のプロセスをデータ化して共有できる機能を搭載。組織と個人相互の行動やタスクの状態を分析評価して、貢献度や課題をタイムリーに発見することが可能です。

データに基づいたAIのフィードバックで、従業員同士や会社組織との関係を強化。人事評価のマネジメントコストを削減します。会社では把握できないテレワークの取り組みも適正に評価して、社員のエンゲージメントを向上させます。

incentive point(インセンティブポイント)

「incentive point」は、優秀な社員にポイントを付与してエンゲージメントを高めるモチベーション戦略プラットフォームです。ポイントの管理システムとインセンティブ用交換アイテムの仕入・配送・カスタマーサポートまでをワンストップで提供します。

料金はシステム設定費用が1サイト300,000円。月額料金はスタンダードコースで60,000円となっています。

Visual(ビジュアル)

「Visual」は従業員ひとりひとりのエンゲージメントを可視化し、課題の把握だけでなく課題解決まで実施していくツールです。

世界基準の10カテゴリ + 2指標で、 従業員ひとりひとりのエンゲージメントをきちんとみえる化します。日本の人事部主催のHRアワード2020も受賞しています。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

“ホメる”で組織の課題を楽しく解決 チームワークアプリRECOG

エンゲージメント経営コンサルティング「TUNAG」

人材開発プラットフォーム「MotifyHR」

エンゲージメントツール「Geppo」

エンゲージメントツール「Habido」

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事