トップページデジタルサイネージとは?メリット・デメリットと利用できる支援会社

最終更新日

20210713

デジタルサイネージとは?メリット・デメリットと利用できる支援会社

#アドテック

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

日本最大のインストアメディア!CHARGE SPOT!全国各地で動画広告配信可能

デジタルサイネージサービス「LOOOK」

デジタルサイネージ「クラウドポイント」

デジタルサイネージの導入・運用をサポート「デジサイン」

この記事では「デジタルサイネージ」について解説します。広告看板に薄型ディスプレイを利用したデジタルサイネージは、従来の看板よりも視認性が高く、コンテンツの更新も簡単に行えるため、紙に代わる広告メディアとして急速に普及が進んでいます。

そこで、ここではデジタルサイネージの基礎知識や広告媒体としてのメリット・デメリットについてわかりやすく解説するとともに、導入をサポートする会社6選をあわせて紹介していきます。最新サイネージに関心をお持ちの方には有益な情報が満載です。ぜひ最後までお読みください。

デジタルサイネージとは?

「デジタルサイネージ」は日本語では「電子看板」「電子公告」とも呼ばれます。従来の紙やボードでは、データの更新に張り替えや書き換えが必要でしたが、デジタルサイネージは瞬時に更新できるなどメリットが多く、市場規模が急速に拡大しています。

デジタルサイネージの意味

「サイネージ(signage)」は英語で商業用の看板やポスター、標識などを意味します。「デジタルサイネージ」は屋内外の公共空間、交通機関などに液晶モニターやLEDビジョンを設置してニュースやPR広告などの情報を発信する業務用ディスプレイの総称です。

デジタルサイネージの主な種類

デジタルサイネージはインターネット環境の有無によって「スタンドアロン型」と「ネットワーク型」の2種類に分類されています。

「スタンドアロン型」はインターネットの通信機能を持たないシンプルなデジタルサイネージです。価格が安く設置も導入も簡単ですが、映像や画像などのコンテンツの更新や広告の出稿はUSBメモリなどで行う必要があります。複数の機器の同時更新や遠隔操作もできません。

「ネットワーク型」はインターネットに接続できるデジタルサイネージのこと。ネットワーク機能を利用したオンライン配信管理システムによってコンテンツの入れ替えや同時配信、表示のオンオフなどを遠隔地から操作できる仕組みになっています。

また「インタラクティブ型」と呼ばれるタッチパネル式の双方向型サイネージでは、ユーザーがモニターにタッチしてメニューを選択できるため、最新の自販機やイベントプロモーションなどに利用されています。

デジタルサイネージの主な活用シーン

デジタルサイネージは視認性が高く、訴求性にすぐれた広告媒体として活用の場が広がっています。表示可能な情報量も多く、「インタラクティブ型」ではユーザーの操作ログを収集・解析して顧客ニーズを可視化することも可能です。

観光地ではインバウンド向けの案内板として多言語の翻訳機能を搭載したデジタルサイネージを活用することで、日本語がわからない外国人観光客でも安心して観光を満喫できる環境整備が可能です。

そのほか医療機関や金融機関、役場などの待合室で受付時間や受付番号を表示したり、公共交通機関の運行情報をはじめ、さまざまな警報・注意報などを表示できる各種案内板のほか、SNSに対応できるパブリック型サイネージなど多くの導入事例があります。

デジタルサイネージのメリット・デメリット

従来のポスターや看板に代わる広告媒体として人気を集めるデジタルサイネージ。メリットが多い一方で、デメリットがあることも知っておく必要があります。

デジタルサイネージのメリット

動きのあるコンテンツを配信でき、視認性を高めやすい

デジタルサイネージは表示が明るく鮮やかで、暗がりや夜間でも視認性を高めやすいメリットがあります。機器によってはハイビジョン映像も配信できるため、周囲に看板が多い場所でも昼夜を問わず人目を引くことができます。

ターゲットに合わせた情報提供をしやすい

デジタルサイネージはテレビのチャンネルを切り替えるようにコンテンツを簡単に変更できるのもメリット。たとえば飲食店が通勤時間帯に会社員向けの広告に切り替えたり、気候によってメニューを変えるなどタイムリーな広告表示が可能になります。

掲載内容をリアルタイムで切り替えられる

デジタルサイネージの表示内容はPCやスマホでも変更できます。印刷媒体と違って印刷や張り替えの手間もかかりません。最新ニュースや災害情報などの放映も可能。キャンペーンや緊急告知の切り替えにも瞬時に対応できるので、消費者の利便性も向上します。

画面に複数のコンテンツを表示できる

デジタルサイネージはひとつのディスプレイにさまざまなコンテンツを表示できます。動画と静止画を使い分けたり、音楽を再生したり、一定時間ごとに内容を切り替えることも可能。電車内の案内表示のように言語の切り替えもできるので外国人にも好評です。

従来の看板よりも設置場所の自由度が高い

デジタルサイネージは屋外用の大型モニターから液晶テレビまでサイズ展開が豊富。用途に応じて選択できるのもメリットです。専用ディスプレイはもちろん小型タブレットをサイネージに転用してPOP代わりに店頭に設置する、といった活用方法もあります。

デジタルサイネージのデメリット

初期費用やランニングコストがかかる

デジタルサイネージのデメリットは初期費用やランニングコストがかさむこと。専用ディスプレイや通信システムなどのハードとソフトを新規で購入する場合、初期費用は紙媒体の看板を大きく上回ります。

またネットワーク型ではインターネットの回線使用料やサーバー管理費などの運営コストも必要になります。

表示端末に故障のリスクがある

デジタルサイネージのもうひとつのデメリットは故障のリスクが高いこと。ディスプレイは精密電子機器にもかかわらず戸外に置かれることが多く、転倒や落下などで破損したり、風雨や砂ぼこり、直射日光などにさらされて故障するリスクがあります。

デジタルサイネージの導入をサポートする会社6選

デジタルサイネージを導入する場合、コンテンツ作成や専任管理者の人材確保が難しいという問題があります。そこで以下に紹介するサポート会社に依頼すると、ニーズに合った機器の選定やコンテンツ作成、配信運用などのサービスを受けることができます。

総合的なサポートを行う会社

最初にご紹介するのはデジタルサイネージの導入やコンテンツ制作、配信などの関連業務をワンストップで支援してくれる会社です。デジタルサイネージを初めて導入する場合、このような専門企業に依頼することで効果的な広告配信が可能になります。

株式会社クラウドポイント

株式会社クラウドポイントは、デジタルサイネージ・スペースデザイン・メディア戦略の3サービスを軸に、クライアントの課題に対応して最適なプロモーションを提供する会社です。3サービスを併用した展開も可能。ニーズに合った集客と顧客獲得を支援します。

料金は依頼内容に応じて個別の見積もりが必要です。

表示灯株式会社

表示灯株式会社は地図の案内サインをはじめ地域社会に役立つ情報を制作・発信する会社です。主力のデジタル地図広告「ナビタ」は全国の駅や市役所、空港などの公共スペースを中心に展開。地図情報の強みを生かして依頼主の誘客・活性化を推進します。

表示灯株式会社では地図データを活用した広告サイネージ「ナビタ」をはじめ、一般広告やWeb広告などニーズに合わせて提案します。料金は依頼内容に応じて個別の見積もりが必要です。

コンテンツの制作を依頼できる会社

デジタルサイネージでは、表示するコンテンツの質が成果に大きく影響します。コンテンツ制作が難しい場合は専門の会社に依頼すれば効果的な広告配信ができます。

株式会社アメイジングポケット

株式会社アメイジングポケットはデジタルサイネージのハードウェア運用管理からコンテンツ制作、配信まで全てのソリューションをワンストップで提供する会社です。コンテンツ制作事業では使用環境のフォーマットに合わせて最適なコンテンツを提供します。

ご自身で制作したい場合は、アメイジングポケットが提供する動画制作ツール「cremo(クリモ)」がおすすめです。まずは無料トライアルをお試しください。

株式会社共栄メディア

株式会社共栄メディアは、製版・印刷事業からセールスプロモーション事業、デジタルサイネージとWeb制作のデジタルコンテンツ事業などを幅広く展開する会社です。コンテンツ制作ではタッチパネルにも対応した魅力的なコンテンツを作成しています。

共栄メディアでは紙媒体の広告印刷からデジタルコンテンツまで多岐にわたるサービスに対応します。料金は依頼内容に応じて個別の見積もりが必要です。

機器の販売・リースを行う会社

デジタルサイネージを導入したくても初期費用が高かったり、自社に適した機器や使い方がわからなかったりする場合はリース会社を利用するのが効率的です。リースならイベントや展示会に合わせた短期レンタルも可能です。

ヤマトサイネージ株式会社

ヤマトサイネージ株式会社はデジタルサイネージの販売・設置からコンテンツ作成、運用管理までワンストップで行う会社です。レンタル事業では最短1日から貸出できる短期レンタルから2年契約の長期リースまで豊富なプランを選択できます。

料金はレンタルまたはリース期間や機器の種類やタイプによって変わります。詳しくはぜひお問い合わせください。

株式会社NSS

株式会社NSSはセキュリティ事業とデジタルサイネージ事業を展開している会社です。デジタルサイネージ部門では、クライアントのニーズに最適なシステムの構築・運用、コンテンツ制作、サポートまでトータルで支援することが可能です。

デジタルサイネージの販売については商業施設や公共施設など豊富な導入実績があります。レンタルでは予算やニーズに最適な機器を提案します。料金は依頼内容に応じて個別の見積もりが必要です。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索だけでは見つけにくい最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

また、自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事