トップページディープラーニング(深層学習)とは?法人向けの資格取得プログラムも紹介

最終更新日

20201112

ディープラーニング(深層学習)とは?法人向けの資格取得プログラムも紹介

#HRテック

【合格率94%】全人類がわかるE資格コース

この記事では、ディープラーニング(深層学習)について解説します。

急速な技術進歩によって様々な分野でAIが注目され導入が進んでいますが、その背景にあるニュートラルネットワークやディープラーニングも多くの企業が注目しています。特にビジネスにおいてディープラーニングを導入することは、多くのメリットをもたらすことが可能です。

ここでは、ディープラーニングについてその内容とメリット、人材育成に必要な資格について紹介していきます。

ディープラーニング(深層学習)とは

ディープラーニング(深層学習)とは、人間が与える情報なしに機械やコンピューターが自動的にデータを認識して処理・出力し自らその精度を上げる機械学習の技術です。人間の脳神経が情報を伝えるためにある"ニューロン"の働きがモデルになっており、入力層と出力層の間に"隠れ層"を多重に重ねることでより正確な処理・出力が可能になります。

昨今、発展の目覚しいAIですが、ディープラーニングの技術進歩が大きな要因になっており今後更なる発展が見込まれています。AIや機械学習、ニュートラルネットワークとその意味合いを混同しやすいですが、ディープラーニングは、これらを動かす技術という位置付けです。階層分けするとAI>機械学習>ニュートラルネットワーク>ディープラーニングという順番になります。

ディープラーニングの仕組みは、情報を入力層から隠れ層、出力層へと伝達しそれぞれで処理した値を出力します。画像認識を例にあげると、画像を認識するのが入力層、画像の特徴やパターンを分析し学習するのが隠れ層、判別した値を精査し答えを導きだすのが出力層です。ディープラーニングでは隠れ層を多層にすることで学習精度や出力精度があがります。隠れ層を多層にすることで複雑な情報を細かく処理することができるということです。

現在、ディープラーニングの技術は「異常検知・パターン検知」「音声認識」「言語処理」「画像認識」が用いられ、商材やサービスを通じて市場などにでています。また、多くのデータ分析を高い精度でその結果を出力できることから、ビジネスにおけるビッグデータの分析やマーケティング予想で大きな力を発揮します。そのため多くの企業で注目されているのがディープラーニングです。

ビジネスにディープラーニングを導入するメリット

ビジネスにおいてディープラーニングを導入し活用するのは多くのメリットがあります。主に大規模組織や複雑な業務で発生する業務リスクを予め軽減できることや、それに伴う業務プロセスの提案などがそのメリットです。自動で業務改善を提案してくれることも大きな利点となります。

また、ディープラーニングでは、自ら情報を認識・精査・学習することでその精度を上げていくので、データが集まるほどそのメリットが大きくなるのも特徴です。

ディープラーニングをビジネス導入する際のポイント

ディープラーニングは導入して終わりではなく、成果につながるように運用していくのがポイントです。そのためには、社内に専門部署を設置することや、知識や技術のある人材を用意・育成することが大切になります。ディープラーニングは日々進化しており、新しい技術を常に取り入れることやアップデートを行うことが重要だからです。

また、データが蓄積されていくほどその精度があがり成果につながりますが、ディープラーニングを運用できる人材が育たないと十分な運用が行えないからといえます。そのためのAI資格を要する人材を部署に配置することや、資格を取得させるなどで育成・強化することがポイントです。

ディープラーニングを事業活用する人材の育成にはG検定

G検定とは、一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施しているディープラーニングの基礎知識を有しているかを判断できる資格のことです。また、ディープラーニングの技術をビジネス活用できる知識やスキルを持っているかを検定します。

2017年に新設された資格ですが、ビジネスでディープラーニングを事業活用するために必要とされる資格といえるため、多くの企業からも注目されています。試験概要は120分間、約220問の知識問題となり、オンライン受験です。これまで年3回、4ヶ月に一度のペースで試験が行われています。

ディープラーニング事業を核とする企業および、ディープラーニングに関わる研究や人材育成に注力している有識者が中心となっている団体が行う検定試験ということもあり、人材育成のためには必須の資格といえるでしょう。

G検定の取得をサポートするおすすめプログラム

ここではG検定資格を取得するために、必要なスキルをサポートするプログラムを紹介します。

AI活用のためのG検定

AI活用のためのG検定は、1日7時間×2日間=計14時間でG検定取得を目指すプログラムです。TAC株式会社が、プログラムの運営をしています。

企業の規模や資格取得の人数などに合わせて見積もりしてくれ、少人数でも対応可能です。ディープラーニングに関わることが初めての初学者でも、理解できる内容には定評があります。G検定の出題範囲から知識を得ることを目的とし、資格取得はもちろんのことディープラーニングを活かすための人材を育ててくれるプログラムです。

G検定実践トレーニング

G検定実践トレーニングは、G検定取得に向けた練習問題プログラムです。株式会社zero to oneがプログラムの運営をしています。

出題範囲に応じた実戦形式の練習問題が、約900問用意されています。全てオンラインで完結することが可能です。料金はユーザー数に応じて課金する仕組みで、1ユーザーあたり15,000円となります。

ディープラーニングを実装する人材の育成にはE資格

E資格とは、一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施しているディープラーニングを実装するために必要なスキルを要しているか判断できる資格です。

試験概要は120分間、約100問の多肢選択式の知識問題となり、会場受験となります。世界初のエンジニア資格としても注目を浴びており、企業の注目度も高い資格試験です。

E資格には「JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること」という受験資格が必要なので注意が必要になります。また、資格取得試験の難易度も高いので、しっかりとした準備が必要です。

また、JDLA認定プログラムは最低でも約10万のコストがかかり、受講料は30,000円が必要となるため、コスト面でのハードルも高くなります。

E資格の取得をサポートするおすすめプログラム

ここではE資格取得をサポートするプログラムを紹介します。

全人類がわかるE資格コース

全人類がわかるE資格コースは、E資格取得に必要なスキルをオンラインで身につけることができるプログラムです。株式会社AVILENが、プログラムの運営をしています。

日本ディープラーニング協会認定E資格プログラムであり、業界屈指の94%という高い合格率が特徴です。全てオンラインで受講でき、自分のペースで始められるので企業が導入する場合におすすめできるプログラムとなります。試験対策問題も多数用意されており、実践形式で受講することも可能です。法人向け団体割引も用意されています。

E資格ディープラーニングセミナー講座

E資格ディープラーニングセミナー講座は、AIの事前スキルがなくても受講することが可能なプログラムです。株式会社VOSTが、プログラムの運営をしています。

日本ディープラーニング協会認定E資格プログラムであり、AIの実務実績のある講師が多数在籍しているのが特徴です。プログラム受講の後は、資格取得に向けて徹底的に試験対策してくれる内容にも定評があります。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

【合格率94%】全人類がわかるE資格コース

同じカテゴリーの記事