ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックB2Bマーケティングで「テレビCM」を効果的に活用する方法を解説

最終更新日

20210901

B2Bマーケティングで「テレビCM」を効果的に活用する方法を解説

#アドテック

マクロの視点ではすでに日本の広告市場はインターネット広告の総額がテレビCMを超え、マーケティング手段として重視される傾向です。しかしながら特にB2Bビジネスにおいては、インターネット広告偏重ともいえる傾向があり、広告予算の一部をあえてテレビCMに割くことで最終的な成果がより高くなる企業は少なくないと考えられています。

従来のB2Bビジネスと現代のマーケティング手法の変化

かつてB2Bビジネスは、飛び込みやテレアポ、リアルの展示会などでリード獲得し、定期的な訪問営業によって信頼関係を構築し、契約を獲得するのが一般的でした。また、ルート営業で定期的に接点をつくりアップセルやクロスセルによって売上げの拡大を狙うのも主要な手法でした。しかし、近年その形はどんどんと変化していっています。

これは市場の成熟化をはじめ、インターネットの普及により情報の取得が容易になったことなどから、企業は情報に対して受動的であった状態から自ら情報を得て比較検討し、よりよい選択をするという能動的な意思決定を促進させているからです。

また所有から利用といわれるように、Saas型ビジネスモデルの増加によりサービスからサービスへのスイッチングコストも低下し、信頼の積み上げによる囲い込みも困難になっています。

このようにサービスを享受する企業の行動変化は、B2Bビジネスにおける新たなマーケティング戦略の重要性をより高める要因といえるでしょう。

このため近年、B2Bビジネスは大きくそのマーケティング戦略の変化を求められています。

B2BマーケティングでテレビCMが効果的な理由

変化が進むB2Bビジネスにおいて、その価値が見直されるとともに需要も高まっていマーケティング手法のひとつとしてテレビCMがあります。このように従来型の広告に注目が集まっているのにはいくつかの理由があります。

決裁者へのアプローチ

インターネット利用の増加により、若年層のテレビ離れが叫ばれている中にあっても、30代~40代のテレビの視聴時間はインターネットの利用時間に劣りません。特にB2Bビジネスにおいて決済者レイヤーとなるのはこの30代~40代です。このためこうした層へのアプローチや認知拡大のための手段として、テレビCMの価値はいまだ高いといえます。

デジタルマーケティングの頭打ち

テレビCMを凌駕するかに思われたデジタルマーケティングによる顧客獲得も、最近では競合とのカニバリゼーションや、刈り取りにより成果の伸び悩みを感じている企業が少なくありません。

またターゲティングを前提としたデジタルマーケティングは、今後クッキー規制などにより今後は精度の低下が懸念されています。これにより他のプロモーションチャネルを模索する企業が増加する中、テレビCMがあらためて検討されることも少なくありません。

テレビCM放映の仕組みの変化

これまでテレビCMは「費用が高い」「広告効果が測れない」というイメージが先行し、敬遠されがちな部分がありました。しかし現在のテレビCMは広告効果の可視化を実現しているほか、低予算でも放映が可能になっています。これにより、限られたプロモーション予算の中で、費用対効果を高めるチューニングをおこなえることもマーケティングの選択肢のひとつとして拡大している要因です。

B2BビジネスでのテレビCMの価値とは

ではB2Bビジネスにおいて見直されているテレビCMの価値とはどのようなものなのでしょうか。具体的には次のような要素が挙げられます。

サービス認知度が向上する

テレビCMなら想定される顧客の課題に対し、ソリューションとしてのサービスの認知を高めることができます。

インターネット広告の効果を最大化できる

テレビCMを放映することにより、インターネット広告においてもCTR(クリック率)が向上します。

新たなターゲット層へのリーチが可能

インターネット広告では精度の高いターゲティングでアプローチする層を限定してしまうため、かえって未知のターゲットを見落としてしまいがちです。その点テレビCMなら新たなターゲット層を発見できる可能性が生まれます。

従業員のモチベーションアップと採用活動にも貢献できる

B2Bビジネスはどちらかというと社会的な露出があまり多くありません。しかしながらテレビCMを放映することによる社会への自社の露出は、従業員のモチベーションアップにつながります。

また、企業としての認知拡大すれば採用活動へのプラスの効果も期待できます。

テレビCMを効果的に配信するポイント

低予算で放映が可能になっているとはいえ、個別の番組を6ヶ月単位で契約し、その番組の枠の中でCMを放映する「タイムCM」とよばれるCMは、現在でも数千万円の予算が必要となってしまいます。

そこで15秒の枠を1枠から購入できる「スポットCM」であれば低予算のCMの放映が実現します。また効果的なスポットCMの放映にはそのポイントを押さえておくことが大切です。

配信地域を絞る

スポットCMでも地方ローカル局のCM枠であれば、放映枠の購入はより安価です。このため全国展開の前に「テストマーケティング」として地方エリアを
選定するとよいでしょう。そのうえでCMの放映をおこない、アウトバウンド営業などとの掛け合わせながら顧客獲得のパフォーマンスを測るのがおすすめです。

配信時間を絞る

より多くのターゲットがテレビを視聴している時間を狙い必要以上に予算をかけないのもテレビCMを効果的に配信するポイントです。

特にB2Bビジネスのターゲットとなる会社員・会社経営者を狙うには、「コの字型」(平日朝・夜と休日朝・昼・夜)」と呼ばれる配信が最適とされます。

運用型テレビCMサービスを提供するテレシーとは

改めてその効果が見直されつつあるテレビCMですが、CMサービスを提供するテレビCMプラットフォームのひとつ、テレシーが注目されています。テレシーでは従来は測りにくかったテレビCMの効果をインターネット広告で馴染みのある指標で把握するとともに、日本最大級のテレビCMデータを活用したAIで自動最適化することが可能です。これにより、これまでの常識を覆す運用型テレビマーケティングの実現を目指しています。

テレシーの特徴

テレシーが提供するテレビCMサービスは、インターネット広告が台頭によりテレビCMに対して抱かれがちだったネガティブなイメージを払しょくする特徴を持っています。

低予算でテレビCMが出稿可能

テレシーなら最低100万円からテレビCMの出稿が可能です。また予算に合わせて、テレビCMの制作から出稿まで対応できるほか、ターゲットや出稿エリアに合わせた、最適なプランが提供されます。

指標により効果を可視化

テレシーではテレビCMをCPM、CPA、CPIといったインターネット広告で活用される指標で可視化します。これによりこれまで追いにくかったテレビCM効果が把握でき、費用対効果を確認しながら運用が可能です。

プランニングから効果測定までテレビCMをワンストップサポート

テレシーのサービスはプランニングから、制作、出稿、効果測定までワンストップで提供されます。このためテレビCM展開の経験がない企業でもニーズに合わせた狙い通りのマーケティング効果が期待できます。

各種CMの知見が豊富な企業の共同サービス

テレシーはテレビCM制作で定評のある電通とインターネット広告に特化したVOYAGE GROUPの共同サービスです。そこで実際のテレビCM展開では、豊富なCM放映枠を活用し、デジタルマーケティングの考え方をベースとしたテレビCMが出稿が可能です。

B2B向けテレビCMならテレシー

ここまでのような特徴はもちろん、テレシーにはさらに多彩なサービスが数多く提供されています。
このため、テレシーならテレビCMをよりスムーズかつ有効に活用することができるでしょう。テレシーについてより詳細を知りたい方は、ぜひこちらから資料のダウンロードをおすすめします。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事