ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックアフィリエイト広告とは 仕組みや特徴とメリット・デメリットを解説

最終更新日

20200622

アフィリエイト広告とは 仕組みや特徴とメリット・デメリットを解説

#アドテック

この記事では、アフィリエイト広告について解説いたします。

インターネットを使った広告は、日々その重要度が増していて、多くの企業がインターネットに広告を打つようになりました。

インターネット広告の掲載場所として、ブログやSNSなどに「アフィリエイト広告」として掲載されることが多くなっています。

アフィリエイト広告は、広告に対して成果が出た時に広告費が発生するのが一般的ですが、どのような仕組みになっているのか理解することが大切です。

そこでアフィリエイト広告の仕組みや特徴をはじめとして、メリットやデメリットなどをわかりやすく紹介いたします。

アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告とは、インターネット広告における「成果報酬型広告」のことです。

一般的な広告は、掲載や公開した時点で広告費が発生します。

アフィリエイト広告は掲載や公開した時点では広告費が発生しません。

その広告を見たユーザーが、その広告(バナー等)をクリックし、アクションにより"成果"があった時に「広告費(報酬)」が発生します。

アクションの成果とは、商品購入や会員登録、資料請求などです。

ユーザーのアクションの結果、成果が発生することを「コンバージョン」といいます。

アフィリエイト広告の中には広告(バナー)をクリックしただけで、広告費が発生する場合もあります。

しかし、多くのアフィリエイト広告はコンバージョンで広告費が発生するのが基本です。

一般的にブログやホームページ、SNSにアフィリエイト広告を掲載し、ユーザーをコンバージョンに誘導して成果をあげるのが一般的になります。

コンバージョンに繋げるためは記事や投稿の内容、広告の掲載位置や掲載する広告の大きさなどを工夫することが大切です。

また、最近はスマートフォンでのインターネット利用が多いため、内容や広告をスマートフォン用に最適化するなども必要になっています。

アフィリエイト広告の仕組み・特徴

アフィリエイト広告は、掲載された広告から成果が上がった時に広告費(報酬)が発生する仕組みになっています。

例をあげるとブログやホームページ、SNSに広告を掲載してユーザーがその広告をクリックし、購入や会員登録した時に報酬が発生するということです。

その広告がどの掲載者からのコンバージョンかを判断する仕組みは、広告のリンクURLに識別するコードをのせることや、クッキーにより判断します。

あくまでも「成果報酬型広告」なため、広告に対して何かしらのアクションがあり、成果を発生させる必要があるのが特徴です。

コンバージョンさせるためには記事の内容を工夫して、ユーザーを上手く広告にアクションさせる誘導が必要になります。

アフィリエイト広告は一般的にアフィリエイト広告会社が、管理しています。

アフィリエイト広告会社はASP(アフィリエイトサービスプロパイダ)ともいわれ、広告主と掲載主を繋げるのが主な役割です。

アフィリエイト広告で報酬を発生させるためには、まずアフィリエイト広告会社に登録し、掲載する広告を決定します。

広告に対してのアクションがあり成果が発生した時は、成果に対してアフィリエイト広告会社が管理し、報酬が支払われるという仕組みです。

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告の種類には、画像などの「バナー広告」テキストの「テキスト広告」が主な種類です。

また、画像とテキストを両方使った広告もあります。

画像を使った広告は、バナー広告が一般的です。

バナー広告は商品やサービスイメージの画像により、視覚的にユーザーに対してアクションを促します。

バナー広告の大きさは様々ですが、ブログのイメージや配置場所に応じて適切な大きさのバナー広告を設置するのがポイントです。

また、スマートフォンでの閲覧も考慮する必要があります。

テキスト広告はテキストに広告サイトへのリンクが埋め込まれており、文章に自然に掲載できるのが特徴です。

バナー広告に比べると、視覚的に訴える効果が少ないので目立ちにくいですが、テキストなのでSNSやメールマガジンにも利用できます。

文章を上手く利用することができれば、読んでいる人に違和感なくアクションを起こさせることが可能です。

アフィリエイト広告には画像とテキストを使った広告もあります。

主に商品の販売に使われることが多いアフィリエイト広告です。

商品の画像と、商品名や値段、簡単な紹介文などを掲載し、ユーザーは画像・テキストどちらに対してもアクションが可能になっています。

アフィリエイト広告会社の選び方

アフィリエイト広告会社は多くの会社が存在し、特徴も違うので自身にあった所を選ぶことが重要です。

アフィリエイト広告会社はそれぞれ、得意な分野やあるジャンルに特化して広告を扱っていることがあります。

自身が利用したい広告がどのようなジャンルなのかを考慮することはとても重要でしょう。

次に大切なのはアフィリエイト広告会社の利用のしやすさです。

多くの場合、アフィリエイト広告会社のサイトにアクセスし「管理画面」で広告主を選ぶことや、成果の確認などを行うので使い勝手が重要になります。

他に連絡や問い合わせなどのレスポンスはしっかりしているか、サポート体制はどのようになっているかを確認しておくことは大切です。

ほとんどのアフィリエイト広告会社は無料で登録できますが、一部機能やサポートが有料になっている場合もあります。

自身が有料の機能を利用する場合は、固定費を考慮しなければいけないので、ランニングコストの面も最初に考えて選ぶ必要があるでしょう。

アフィリエイト広告会社の中には、アフィリエイト広告を運用するためのセミナーや個別相談などを行っている会社もあります。

特にアフィリエイト広告を初めて運用する場合や、新しいジャンルに参入する時は、それらが充実している会社を選ぶことも大切です。

確実にアフィリエイト広告の成果を上げていくために、新規の広告主の充実度やキャンペーンの充実度まで考慮するとさらによいでしょう。

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイト広告は、商品やサービスなどに興味あるユーザーに対してピンポイントに広告を打つことができるメリットがあります。

アフィリエイト広告を掲載する、アフィリエイターが広告を掲載する時の記事などは、広告にまつわる文章がほとんどです。

そのため、アフィリエイト広告に興味や悩みを抱えているユーザーが直接目にすることになります。

そのため、その広告にアクションする確率が高くなるのです。

また、広告にかかる費用が成果・成功に対するコストになるので、費用対効果が高くなりやすいというメリットもあります。

TVやラジオ、雑誌などの媒体を使った広告に比べて、大幅に広告費を抑えることができるということです。

アフィリエイト広告にすると、長期的な効果を期待出来ることが可能です。

掲載は、ブログやSNSなどに投稿することが基本的になりますが、掲載者が何らかの理由で削除しない限りは、広告は残り続けることになります。

期間が長くなっても、広告費はかからず、広告費が発生するのは成果やアクションが起きた場合だけというのもメリットでしょう。

他に顧客や、比較的興味をもってアクションを起こしたユーザーの属性などのデータを取りやすいのも大きなメリットになります。

広告の商品やサービスだけではなく、そのデータを使い新しい商品やサービスの開発や改善に活かすことも可能ということです。

アフィリエイト広告のデメリット

アフィリエイト広告には、その特性が故のデメリットがあります。

アフィリエイト広告が掲載されるのは、多くが個人のブログやSNSなどです。

そのため、商品やサービス、ブランドイメージに対して意図しない掲載がされてしまうことがあります。

ある程度は、掲載前の審査や掲載条件にて防ぐことができますが、完璧に防ぐことが不可能なので、注意しなければいけません。

広告を打つ商品やサービスが競合商品が多くあるような場合は、広告費をある程度掲載主に提示しなければ、掲載自体が少なくなる懸念があります。

成果報酬のため、場合によっては必要以上にコストが高くなる可能性があるので、予めの上限やバランスは最初に考慮する必要があるでしょう。

また、アフィリエイト広告代理店によっては、一つの広告に対してランニングコストがかかる場合があります。

その場合、獲得や成果がなくても費用が発生するのでコスト管理には注意が必要でしょう。

掲載主とユーザーが個人であることが多いため、基本的にはBtoCの広告向きで、BtoBの広告には効果が少ないというデメリットがあります

アフィリエイト広告「a8.net」

アフィリエイトシステム「admage」

アフィリエイト広告「アクセストレード」

アフィリエイト広告サービス「JANet(ジャネット)」

成果報酬型広告「バリューコマース」

アフィリエイト広告運用「イーナ」

フルスピード 広告主を守るブランドセーフアフィリエイト

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事