ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:マーケテックGoogleアナリティクス活用のためのおすすめアクセス解析レポートツール8選

最終更新日

20201223

Googleアナリティクス活用のためのおすすめアクセス解析レポートツール8選

#マーケテック

この記事では、Googleアナリティクス・アクセス解析レポートツールについて解説します。

サイト運営におけるアクセスアップや各分析には、細かなデータ解析が必要です。そのために多くのサイト運営者が活用するのが「Googleアナリティクス」になります。しかし、機能や使い方が難しく、上手くサイト運営に活かせていないということも少なくありません。

そこでここでは、Googleアナリティクスの主な機能を紹介するとともに、さらに使いこなすためのおすすめのアクセス解析レポートツールを紹介します。

そもそもGoogleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する自身のWEBサイトにアクセスしてきたユーザーを解析できるツールのことです。サイト訪問者数や流入元、ユーザー属性やデバイスの種類等、様々なデータを知ることができます。基本的には、無料で使用することが可能です。

効果的なサイト運営やSEO対策を行うには、サイトに訪れるユーザーを分析することが必要になります。ユーザーの属性やどこのページから流入したか、サイト内ではどのような回遊経路をするかなどを知っておくことはWEBサイトの改善のためには非常に重要です。Googleアナリティクスでは、データ解析をするために必要な様々なデータを出力することが可能です。

利用するためには、Googleアカウントにサイトを紐付けることからはじまります。その後、自身のサイト内に「トラッキングコード」をサイト内に埋め込むと、Googleが計測を開始し解析がスタートです。データはGoogleのサーバーに蓄積されていき、Googleアナリティクスで各データを見ることができます。

Googleアナリティクスについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

Googleアナリティクスの主な機能

Googleアナリティクスには、データを解析するための様々な機能があります。基本的な機能として見られるのは「PV数」「ユーザー数」です。PV数というのは、サイトやブログ内で何ページ見られているかということで、ユーザー数というのは何人サイトやブログに訪れているかになります。データは任意の期間などを指定して計測することも可能です。

また、Googleアナリティクスでは、アクセスを伸ばすために必要な細かい多くのデータを解析することができます。ページごとに訪れているユーザーの属性やどこの地域から訪れているか、訪問してきた時間など様々なデータを閲覧することが可能です。

全ての機能を使いこなし、アクセスを伸ばすためにはGoogleアナリティクスの機能に対してスキルを上げるしかありませんが、多くの機能や操作があるため容易ではありません。そのためには、時間をかけてじっくりと知識をつけることや、簡単に自分の知りたい情報や必要な機能を搭載したツールを使うことが得策といえます。

Googleアナリティクスを使いこなすための解析ツールおすすめ8選

ここでは、Googleアナリティクスをさらに使いこなすための解析ツールを紹介します。

DeeBoard(ディーボード)

DeeBoard(ディーボード)は、低価格で手間なく・見やすく・実用的にというコンセプトで設計された、解析ツールです。ディーテラー株式会社が、開発・提供をしています。

Googleアナリティクスを使ったことがない方でも、すぐにアクセスアップにつながるデータ解析ができるUIに定評があります。初めてサイト運営やECサイト運営をするような方にもおすすめできます。

料金は、初期費用無料で月額2,000円。操作に慣れてきた時やさらに詳しいデータ解析をしたい場合には、カスタマイズ料金を追加してアップグレードすることも可能です。

FARO(ファーロ)

FARO(ファーロ)は、サーチコンソールを含めたデータ解析をわずか約1分で作成し、サイト運営を効率化してくれる解析ツールです。株式会社ADDIXが、開発・提供をしています。

基本的なアクセスレポートからECサイトに活かせる流入レポートなど、アクセス解析のプロが作るようなレポートをあっという間に出力してくれます。また検索パフォーマンスを把握するための、キーワード分析レポートも可能です。料金はサイト数やレポートの出力回数によって2つのプランに分かれています。1サイトのみの場合は無料で利用することができます。

KAGARI Report(カガリレポート)

KAGARI Report(カガリレポート)は、「デジタルマーケティングの成果を効率よくあげるために」というコンセプトで設計された解析ツールです。株式会社ランプが、開発・提供をしています。


AI搭載の解析ツールが、最適な施策やレポートを出力してくれてECサイトなどのデジタルマーケティングを成功に導いてくれます。様々な設定を行うことで、どのような業種でも使えるというのがメリットです。

ANATOMY(アナトミー)

ANATOMY(アナトミー)は、アクセス解析の他にSEO解析も行える解析ツールです。株式会社シンメトリックが、開発・提供をしています。

基本的なアクセス解析のほか、ページ単位で検索流入予測、インデックス状況、キーワードの順位・表示回数・検索ボリューム、類似キーワードでのGoogle検索結果比較などが閲覧可能です。見やすいレポートや使いやすい設定画面に定評があります。無料トライアルでも「SEO診断」「改善予測」「Googleアナリティクス設定診断」が利用可能です。利用する機能によって4つのプランが用意されています。

Groweb(グローブ)

Groweb(グローブ)は、様々な業種、シーンでも使えるように設計された解析ツールです。株式会社コウズが開発・提供をしています。

各種レポートが出力可能なので、WEB担当から経営者までどのような場面でも適切な数値を把握して、アクセスを考慮することができます。料金は、月契約か年契約かによって変動する仕組みです。また、さらに詳しいレポートや解析代行などがオプションとして用意されています。無料でお試しも用意されています。

GArepo(ガレポ)

GArepo(ガレポ)は、サイトやページの改善点をレポートしてくれる機能に定評がある解析ツールです。株式会社プルーブが、開発・提供をしています。

シンプルで簡単に操作できる設定画面なので、解析に慣れていない方でも簡単に運用することが可能です。初めて解析ツールを導入する企業にもおすすめできます。料金は、初期費用無しで月額5,500円。IDを追加したい場合は、1IDあたり1,100円の料金で追加可能です。

KOBIT(コビット)

KOBIT(コビット)は、少ない操作で目的のレポートや解析結果を出力することを目的に設計された解析ツールです。株式会社クリエイターズネクストが、開発・提供をしています。

少ない操作でも、クオリティが高いレポートには定評があります。アナリティクスに関するレポートの他に、SEOキーワード分析も出力可能です。料金は初期費用無しで月額5,000円(1レポートあたり)です。無料プランが用意されているので、試してからの導入も可能です。

Juicer(ジューサー)

Juicer(ジューサー)はユーザーの行動分析や心理分析をもとにレポート出力してくれる解析ツールです。ログリー株式会社が、開発・運営をしています。


施策を打つ時や新しい展開を考えている時には、自動でペルソナ生成をしてくれる機能に定評があります。操作も直感的に行えるようになっており、サイト運営初心者にもおすすめです。基本機能であれば、メールアドレスと基本情報さえあれば無料で利用可能なのも大きなメリットでしょう。さらに細かい解析データが必要な場合は、高機能な有料オプションも用意されています。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

2,000円のアクセス解析レポート『DeeBoard』

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事