トップページデジタルマッチングプラットフォーム『ミツカル』とは

最終更新日

20200708

デジタルマッチングプラットフォーム『ミツカル』とは

#セールステック

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

この記事ではデジタルマッチングプラットフォーム『ミツカル』について紹介します。

近年、AIや5G、IoTといったデジタル技術の本格的な活用に伴い、多くの企業にとってデジタルシフトの重要性が高まっています。

『ミツカル』は、そんなデジタルシフトを検討する企業担当者と、最新デジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングするプラットフォームです。

ここでは、『ミツカル』の基本的な機能や、ユーザーにとってのメリット、そして『ミツカル』にデジタルツールやデジタルサービスの資料を掲載する企業にとってのメリットなどを解説していきます。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

機能は大きく分けて2つ。デジタルシフトのために必要な情報を理解する記事コンテンツを掲載する「集客メディア」としての機能と、デジタルシフトを検討する企業担当者とデジタルツール・サービスを提供する企業をつなぐ「マッチングプラットフォーム」としての機能があります。 

 

ミツカルの基本的な2大機能

デジタルシフトのための記事コンテンツが集まる「集客メディア」機能

『ミツカル』には、デジタルシフトのために必要な情報を得られる記事コンテンツを集めた「集客メディア」としての機能があります。

掲載されている記事コンテンツは、マーケテック、セールステック、アドテック、HRテックの4つのカテゴリーに分かれており、デジタルシフトを検討する企業担当者は知りたい情報に関するキーワードを検索するだけで、必要な情報をすぐさま得ることが可能です。

さらにより詳しく知りたい場合は、各ツール・サービスの資料を即座にダウンロードすることができるので、各ツール・サービスの特徴などを比較検討することが可能です。

担当者とツール・サービス提供企業をつなぐ「マッチングプラットフォーム」機能

『ミツカル』には、集客メディアを通して資料をダウンロードした企業担当者と、実際にデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせる「マッチングプラットフォーム」機能があります。

デジタルツール・サービスを提供する企業は、『ミツカル』に資料を掲載しておけば、デジタルツール・サービスの導入を検討している企業担当者から資料をダウンロードしてもらえるだけでなく、そのまま自社のデジタルツール・サービスの導入を提案することが可能です。

ミツカルを使うユーザーメリット

上記では2つの機能を紹介してきましたが、次は『ミツカル』を使う具対的なメリットについて見ていきましょう。

まずはユーザー側の目線(デジタルシフトを検討する企業の担当者)からのメリットです。

最新のデジタルに関する情報を収集できる

営業、マーケティング、広告、採用活動のデジタル化に関する、ツール・サービスの紹介や最新のトレンドなどのあらゆる情報が、『ミツカル』内で検索するだけで収集することが可能です。

最新のデジタルツール・サービスの資料を検索&ダウンロードできる

『ミツカル』では、デジタルに関する最新情報を得られるだけでなく、実際にそのツールやサービスの資料をダウンロードすることができます。

しかも、ダウンロードは無料です。色んなサイトから資料を一つひとつ検索する手間や時間を省くことができるのも、大きなユーザーメリットの一つと言えるでしょう。

最新のデジタルツール・サービスを比較検討できる

『ミツカル』で、様々な企業が提供するデジタルツール・サービスの資料をまとめてダウンロードしておけば、機能・サービス・コストなどを比較して検討することができます。

詳細がわからないまま導入をしてしまうと、使い勝手が悪かったり、想定していたより時間とコストがかかってしまったりと、思わぬトラブルを招いてしまう恐れがあります。

『ミツカル』で事前にツール・サービスの特徴を知っておくことで、そういったミスマッチを減らせることが期待できるでしょう。

最新のデジタルツール&サービスを提供する企業とマッチングしてもらえる

気になったデジタルツール・サービスの資料があれば、即座にダウンロードできるだけでなく、それを提供している企業にそのまま導入の相談をすることも可能です。

これにより、検討から導入するまでの段階がスムーズになるというメリットがあります。

ミツカルに掲載する企業側のメリット

それでは、次に『ミツカル』に自社のデジタルツール・サービスの資料を掲載する企業側のメリットを見ていきましょう。

自社のデジタルツール・サービスの認知度UP

『ミツカル』のコンテンツ記事の内容に紐づいて、ユーザーを資料のダウンロードへと誘引するため、自社のデジタルツール・サービスの認知度UPが期待できます。

また、記事を閲覧し資料をダウンロードするユーザーは、デジタルシフトを真剣に検討する企業担当者ばかりなので、自社のデジタルツール・サービスを導入してもらえる可能性も高くなると言えるでしょう。

営業資料を無料で動画化

『ミツカル』に登録すると、最新のデジタル動画制作ツールを活用したオリジナル動画を無料で制作してもらえるというメリットも。

オリジナル動画は、掲載されている資料を使って自動で制作されるので、面倒な打ち合わせなども必要ありません。

ダウンロードした担当者とマッチング

最大のメリットとも言えるのが、資料をダウンロードした企業担当者とのマッチング。

真剣にデジタルツール・サービスの導入を検討しているため、新たな顧客となる可能性も低くないでしょう。

また、事前に資料に目を通してくれているため、ツール・サービスへの事前理解もあり、誤解が生じにくいというメリットもあります。

また、『ミツカル』にはコンシェルジェ機能が付いています。これは、デジタルツール・サービスに精通した専任のコンシェルジュが、企業担当者の要望を聞いた上で最適なデジタルツール・サービスを紹介するというもの。

デジタルツール・サービスを提供する企業からすると、営業活動をせずに新たな顧客と出会えるチャンスとも言えます。

ミツカルへの掲載費用

『ミツカル』には、無料で資料を掲載することができます。

ユーザーが1ダウンロードするごとに2,000円がかかるという料金設定で、月ごとに予算の上限を設定することも可能です。なお、月のダウンロード数の最低保証数は20ダウンロードとなっています。

動画作成も無料でしてくれることを考えると、かなりリーズナブルな料金設定と言えるのではないでしょうか。

まとめ

・『ミツカル』とはデジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

・『ミツカル』を使うユーザーメリットは、デジタル情報の収集ができること、ツール・サービスの比較検討ができること、ツール・サービスを提供している企業とマッチングできることです。

・『ミツカル』に資料を掲載する企業側のメリットは、自社のツール・サービスの認知度アップができること、動画を無料で制作してもらえること、ツール・サービスの導入を検討している企業担当者とマッチングできることです。

・『ミツカル』の掲載費用は無料で、1ダウンロードにつき2,000円がかかるという料金設定です。

ミツカルとは

『ミツカル』とは、デジタルシフトを検討する企業担当者と最新のデジタルツール・サービスを提供する企業をマッチングさせるプラットフォームです。

企業のデジタルシフトを検討する担当者にとって、「検索では見つからない最新のデジタルサービスが見つかる」、「導入に関しての疑問や資料の比較・選定ができる」などメリットがたくさんあります。

ミツカルへの会員登録はこちら

自社が提供するサービス・ツールの導入拡大をしたい企業は、ミツカルに資料を掲載することで、新たなリード獲得のチャンスを拡大できます。また、サービス紹介記事の作成など見込み客との様々な接点を創出します。ぜひご登録をお願いします。

ミツカルへの無料掲載のお申し込みはこちら

 

同じカテゴリーの記事