ビジネスメディアのミツカルタレントマネジメントシステム『スマカン』、ワークフロー機能をリリース

タレントマネジメントシステム『スマカン』、ワークフロー機能をリリース

#人事・労務

最終更新日

20220520

スマカン株式会社(以下スマカン)は、同社が提供する人事評価と目標管理のタレントマネジメントシステム『スマカン』の新機能として、「ワークフロー」の提供を開始することを発表した。

昨今、働き方改革やコロナ禍によるリモートワークの推進をはじめ、雇用形態の多様化といった働き方の変化により、ワークフローの効率化・デジタル化のニーズが高まっている。

『スマカン』では、これまでメール確認や書類で行っていた社員からの申請業務の一元管理を可能とすることで、社員・管理者・人事担当者それぞれの工数削減による社内業務効率化をサポートし、今後ますます変化が予想される令和時代に即した働き方の推進を後押ししている。

今回新たに追加された「ワークフロー」機能は、社内申請における社員の各種申請をクラウドシステム上で行う機能。本機能で申請されたデータは『スマカン』の人材データベースに自動反映され、メールの確認漏れや各種申請用紙の紛失などの人為的なミスを削減。これまで管理者や人事担当者が抱えてきた業務の大幅な効率化をサポートする。

「ワークフロー」機能の特徴は以下の通り。

特徴①:簡単導入
『スマカン』は全機能シンプル設計となっており、導入時においてシステムに関する高度な知識は不要。ワークフロー機能も同様、申請・承認フローが誰でも簡単に操作が可能。またレイアウトや項目設定はドラッグ&ドロップで自由に設計できる。

特徴②:申請フォームの柔軟性
Excelで複雑な申請フォームも難なく再現が可能。また条件により、動的に一部内容の表示・非表示や必須チェックのON/OFFが簡単に設定できる。

特徴③:常に最新の機能を提供
『スマカン』では企業様からのご要望をもとに、日々新しい機能の開発に取り組み2〜3ヶ月ごとに新機能をリリース。またクラウドサービスの利点として、新機能が追加された場合、個社に必要な機能を随時追加できるといったメリットがある。

特徴④:スマホ、タブレットからの操作も便利
PCの他に、スマホやタブレットなど複数端末からアクセスが可能で、申請・承認・各種設定(一部機能を除く)等、場所を選ばずいつでも利用できる。

特徴⑤:コスト削減
クラウド上で一元管理する事により、紙や印刷費、郵送費といった諸費用など余剰な運営費が削減され、導入による業務効率化とともに費用対効果の向上が期待できる。

特徴⑥:申請データはそのまま『スマカン』に反映
承認処理された申請データはそのまま『スマカン』の人材データベースに反映が可能。申請内容の入力業務や承認作業を担当者があらためて行う必要がなくなる。

スマカンは今後も、日本の企業・組織において最も大切な資産である人材を育成し活用するためのITソリューションや、多様な人材と技術力を武器に、システム開発や付加価値の高いサービスを展開し社会に貢献していくとしている。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事