ビジネスメディアのミツカルMOTEX『クラウドセキュリティ診断サービス』、 新たにSlackに対応

最終更新日

20220527

MOTEX『クラウドセキュリティ診断サービス』、 新たにSlackに対応

#セキュリティ

エムオーテックス株式会社(以下MOTEX)は、企業で活用が進むクラウドサービスのセキュリティリスクを診断する『クラウドセキュリティ診断サービス』の対象サービスに『Slack』を新たに追加したことを発表した。

昨今、コロナ禍によるテレワークの急速な推進や働き方の多様化によって、クラウドサービスを業務で活用する企業が増えている。また、最近ではフルクラウド化を進める企業も増えており、今後クラウドサービスは社会・経済の重要インフラになっていくと見込まれる。ただ一方で、多様なクラウドサービスを採用する中で、設定ミスを起因とするセキュリティインシデントが急増しているという課題もある。

MOTEXが提供する『クラウドセキュリティ診断サービス』は、IaaS/SaaS問わず主要なクラウドサービスに対応、業界屈指の対応数を誇る。サービス仕様の変化が激しいクラウドサービスにすぐに対応すべく、主にCISベンチマークを参考としたMOTEX独自項目によるセキュリティアセスメントを実施。セキュリティ部門により定期的にインシデント情報や脆弱性、クラウドサービスの情報を収集、解析し、適宜、診断ルールに反映している。

そして今回、新たに利用社数の多い『Slack』に対応することで、企業のさらなるセキュリティ強化を支援する。

【『クラウドセキュリティ診断サービス』の特長】

①充実した診断項目と幅広いサービス

CISベンチマークやサービスベンダーのベストプラクティスなどを基準に、弊社独自の診断項目を加えた、充実した診断項目で顧客の環境を確認。また、IaaS/SaaS問わず主要なクラウドサービスに対応している。

② 常に最新の基準で診断を実施
「最新バージョンが出たがツールが対応していない」「新しく出た機能をどう設定しておけば良いのか分からない」といった心配は無用。変化の激しいクラウドサービスについて、経験豊富な専門のエンジニアが常に最新の情報を反映した状態で診断サービスを提供する。設定画面や仕様が変わっていた場合もすぐに対応が可能。

③顧客に合わせた最適な対策をご提案
診断時のコンサル対応により、お客様の環境に合わせた最適な対策を提案。例えば、認証やメールを他のクラウドサービス・システムで実現している場合でも、提案対応可能。
※本対応advanced Planのみの対応。
※株式会社ラックによるコンサルティングサービス。
 

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事