ビジネスメディアのミツカル記事カテゴリ:アドテックリスティング広告とは そのメリットと広告の最適化のポイント

リスティング広告とは そのメリットと広告の最適化のポイント

#アドテック

この記事はリスティング広告について解説します。

スマートフォンの普及と4G回線の普及により、何時でも何処でもインターネットに接続することが可能になりました。

また、日常の中で知りたいことやわからないことがあれば、検索エンジンを利用してすぐに調べることは一般的になっています。

リスティング広告はそんな検索と密接に関係しており、近年のマーケティングにおいて非常に重要な手法です。

ここではリスティング広告について、その内容やメリット、運用する時のポイントを紹介していきます。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンを利用して検索した"キーワード"に連動して掲載される広告のことです。

リスティング広告という呼称のほかに「検索連動型広告」「PPC(Pay Per Click)広告」等の呼び方があります。

「Google広告」や「Yahoo!プロモーション広告」が代表的なリスティング広告です。

広告は検索結果の上位に表示され、基本的には表示されるだけでは広告費が発生せず、クリックされることで広告費の課金が発生する仕組みになっています。

リスティング広告のメリット

リスティング広告には、様々なメリットがあります。

リスティング広告でマーケティングを行うためのアカウントは簡単に発行できるので、始めようと思えばすぐにリスティング広告を始めることができます。

設定する広告のキーワードは自由に決めることができ、管理画面にて概ねの広告単価の目安や検索数などを把握することが可能です。

掲載する広告テキストも自由に作成することができます。

さらに広告費の上限を設定できるので、費用対効果のバランスなどを考慮して広告を出向することが可能です。

また、管理画面にて「CPC(Cost Per Click)」「CPM(Cost Per Mille)」等を確認できるので、リアルタイムの数値を確認しながら広告の運用ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告は掲載順位をクリック単価のオークション形式で決定するため、競合が多いキーワードは必然的に広告費のコストが上がります。

そのためキーワードによっては、費用対効果が見込めない可能性があることを考慮しなければいけません。

また、競合が少ないキーワードはそもそもの検索数が少ない場合もあり、高い効果が見込めないという懸念もあります。

インプレッション(impression)やCPC、CPM等とのバランスを上手くとりながら広告を運用しなければ、効果が出にくいということです。

また、リアルタイムで運用していかなければ効果が出にくい場合やそのための人材の確保が必要になります。

掲載順位が決まる仕組みとは

リスティング広告の掲載順位はオークション形式になっており、クリック単価が高い順に掲載される仕組みです。

そのため競合の多いキーワードを上位に掲載させるためには、クリック単価を高く設定しなければいけません。

管理画面にて概ねの検索数や競合数、単価などを確認することが可能になっています。

また、ユーザーが広告をクリックしたリンク先のランディングページの品質も併せて対象になっており、この2つを掛け合わせたものでランク付けし掲載順位を決定しています。

リスティング広告最適化のポイント

リスティング広告の効果を出すためにはそれぞれの項目を最適化することが必要です。

ここでは項目ごとのポイントを紹介していきます。

キーワードの最適化

リスティング広告のキーワードのマッチタイプには「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」「絞込み部分一致」があります。

これらを広告の内容に応じてキーワードを最適化することが必要です。

キーワードの最適化は、インプレッションに大きな影響を及ぼします。

最初にマッチタイプを決める時やマッチタイプの選定で効果が出ない時には、"部分一致"にしながら徐々に除外ワードやマッチタイプを絞るようにしてバランスをとると良いでしょう。

成果の目標に実際に近づくように運用を細かく設定しながら、キーワードを最適化するのがポイントです。

キャンペーンの最適化

リスティング広告は管理画面にて「一日の広告費予算」「広告配信デバイスの指定」「広告配信の時間帯指定」が管理できます。

これらは管理画面の"キャンペーン(Google広告の場合)"という項目で設定が可能です。

キャンペーンの最適化は、そのまま費用対効果に直結する項目にもなるので、運用しながら細かく設定を最適化する必要があります。

ポイントとしてキーワードとデバイスの相関性を見て、広告費予算や配信デバイスを設定することや、時間帯で設定を変えていくことなどが必要です。

広告文の最適化

リスティング広告は、定期的に広告文の最適化が必要です。

広告文の内容によって、ユーザーのクリック率が変わります。

また、同じキーワードで広告を出している競合他社も広告文を定期的に変更することもあり、その内容でクリック率が大きく変わることもあります。

広告文がトレンドに関わる場合も、クリック率に大きく差が出ることもあるので、注意しなければいけません。

一度掲載した広告文をそのままにするのではなく、競合他社の動向やトレンドなども加味して最適化するのがポイントということです。

リンク先の最適化

リスティング広告が複数ある場合は、リンク先の最適化をすることがポイントです。

リンク先のランディングページは一つに絞らず、キーワードに応じて複数用意して成果につなげることが大切になります。

例えばそれぞれのキーワードからある程度のペルソナを想定し、それぞれで内容が違うランディングページを用意するということです。

リンク先を最適化することは最終的なCVに大きな影響があります。

インプレッションやCPC、CPMの数値が良くても、クリックされた後、CVに繋がるかはリンク先の最適化が重要ということです。

管理画面にて常にデータをとり、ユーザーアクションの動向を判断して、常にリンク先の最適化にも配慮することが最終的な成果につながります。

コンバージョンポイントの最適化

リスティング広告はコンバージョンポイントを設定し、CVの数値としてデータを蓄積していきます。

コンバージョンポイントとは、どのユーザーアクションでCVと判断するかのことです。

例をあげると、会員登録のフォーム入力完了が最終的な成果とすることをコンバージョンポイントと設定する場合や、会員登録後、実際に資料請求や購買に繋がった時をコンバージョンポイントにすることなどがあげられます。

リスティング広告を実際に運用した時に、CV数があまりにも少ない場合はコンバージョンポイントの最適化をすることが大切です。

資料請求や購買をコンバージョンポイントに設定して、その数が少ない場合は、その前の段階の会員登録の時点をコンバージョンポイントに設定します。

そうすることでCVの数値が増えるため、データが多く集まる利点があります。

リスティング広告は各データを見ながら細かい設定をし、運用していくことが大きな成果につながるので、出来るだけ目に見えるデータを集めることが非常に大切です。

CVがあまりにも低い場合はコンバージョンポイントを最適化し、出来るだけ多くのデータをとることが大きな成果につながるでしょう。

まとめ

  • リスティング広告とは、Yahoo!やGoogole等、ユーザーが検索エンジンを利用した検索結果の上位に表示させる広告のことです。
  • リスティング広告は「検索連動型広告」「PPC(Pay Per Click)広告」等の呼び方があります。
  • リスティング広告は、容易に始めやすいことや広告費の予算をコントロールしながら運用できるメリットがあります。
  • リスティング広告は管理画面でCPCやCPM、コンバージョンなど様々なデータを確認でき、それを元に各項目の設定をしながら運用していきます。
  • 基本的にリスティング広告はクリックによって広告費が発生します。コンバージョン
  • リスティング広告はクリックによる広告費の単価とリンク先の品質によりランクが決まり、その結果で掲載位置が決まります。

広告運用自動化ツール「Shirofune」

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事