ビジネスメディアのミツカルオンライン商談ツールのアンプトーク、『AI自動要約機能』を提供開始

最終更新日

20220622

オンライン商談ツールのアンプトーク、『AI自動要約機能』を提供開始

#営業・マーケティング

株式会社amptalk(以下amptalk)は、同社が提供するオンライン商談自動化ツール『アンプトーク』において、Zoomに対応したオンライン商談内容を自動で要約する機能を開発し、提供を開始したことを発表した。

今までのアンプトークで可能であった自動書き起こし・分析の機能に加え、「自動要約機能」では書き起こされた文章から要点をピックアップし自動で要約することで、抜け漏れのない議事録のスムーズな作成が可能となる。また、要約された文章はSalesforceに自動出力が可能。この機能により、さらに効率的な商談の振り返りが可能になり、効果的なオンライン商談とインサイドセールスとフィールドセールスの連携向上といった営業活動全体の効率化を実現する。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、オンライン商談が一般的となり、商談の記録や分析を行うことができる営業DXツールが増加している。しかしその一方で、多くのツールでは内容を振り返る際に、録音データの聞き直し作業や、書き起こし全体を確認することとなり、多くの時間と労力が必要となっている。

アンプトークはそれらの課題に着目し、今までも可能であった自動書き起こしの機能に加え、それらから要点をピックアップし、自動で要約し議事録を作成することを実現。さらに、作成された議事録をSalesforceに自動で連携することで、チーム間やインサイドセールス・フィールドセールス間、​​カスタマーサクセス担当者などのスムーズな情報共有を可能とし、より雑務の時間を減らし、効果的な商談を実現する。

自動要約機能では、トピックごとの自動要約がされるため、振り返りや商談内容の確認の際、必要なトピックの内容を手軽にピックアップすることが可能。また、画面上では要約部分が太文字で表示されハイライトされるため、時間がない時でもハイライト箇所を確認することで、素早く商談の振り返りが可能となる。

さらに、録画のみで可能なZoom Meetings / Zoom Phone / Dialpad対応の自動要約機能を搭載しており、『アンプトーク』導入時にZoom Meetingsと連携するだけで、その後はZoom Meetingsで録画さえすれば、自動でアンプトークが録画された商談を取得し、AIによる自動要約がされる。また、Zoom Meetings以外にも、Zoom PhoneやDialpadといったIP電話にも対応。それぞれを「アンプトーク」と連携し録音することで自動要約が行われる。

そして、Salesforceとの自動連携でより効率的な営業活動を可能にする。具体的には要約されハイライトされた商談内容がSalesforceに自動で出力されることで議事録の作業が自動化され、今までの営業活動の中でとられていていたSalesforceへの記載や議事録の作成などの時間を短縮を実現。これにより、さらなる効率的な営業活動が可能となる。

料金は、Basicプランが初期費用50,000円、月額4,000円/ユーザー。Proプランが初期費用50,000円、月額5,900円/ユーザーとなっている(どちらも年間契約の場合)。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事