ビジネスメディアのミツカルライブリンクス、バーチャルオフィスツール LIVEWORK(ライブワーク)の在席自動判定機能の精度を改善

最終更新日

20220622

ライブリンクス、バーチャルオフィスツール LIVEWORK(ライブワーク)の在席自動判定機能の精度を改善

#

株式会社ライブリンクス(以下ライブリンクス)は、リモートワークにオフィスの臨場感とチームの一体感を生み出すバーチャルオフィスツール『LIVEWORK(ライブワーク)』の在席自動判定機能のカメラ顔検出の精度改善版をリリースしたことを発表した。

『LIVEWORK』は「リモートワークにオフィスの臨場感とチームの一体感を。」をコンセプトに、チームコラボレーションを促進するバーチャルオフィスツール。独自の「ワーカービュー機能」や「仮想ルーム機能」が、オフィスの自席から見えるいつもの光景・顔ぶれをオンライン上で再現する。また、「インスタントトーク機能」「画面共有機能」「プレゼンス機能」「ステータス機能」によって、オフィスでのリアルなコミュニケーションに引けを取らない、簡単でスピード感のあるコミュニケーションが可能になる。

『LIVEWORK』では、PCカメラの顔検出によるユーザーの在席状態の自動判定を行う機能を提供しているが、これまでは顔検出の精度に課題があり、特定条件下では誤検出するケースがあった。この度、顔検出方法を根本的に見直すことで、精度を改善した新バージョンをリリースした。また、在席自動判定機能に限ってPCカメラを使用し、顔写真を他者に共有することなく「在席中」「離席中」のみを共有する、プライバシー重視の運用も可能。

同じカテゴリーの記事

この記事で紹介されたサービス

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とご案内の連絡に同意の上

おすすめ記事